8時間ダイエットとは?

ダイエットといえばきつい食事制限や運動を行うものというようなイメージがあるかとおイメージがあるかと思いますが、8時間ダイエットはどちらもする必要ありません。そんなダイエット法が本当に痩せることができるのか、まずは8時間ダイエットについて解説していきます。

8時間ダイエットのやり方

8時間ダイエットは、1日のうち食事をしていいのは8時間のみで、後の16時間は食べ物を摂らないというダイエット法です。朝食を午前8時に食べたとしたら、夕食は午後4時までに済ます、というように1日の食事を始めたところから8時間以内に食べ終えるようにします。

基本的に8時間の中であれば特に食事制限をする必要がありません。お酒などのアルコール類も特に制限されないので付き合いなども断る必要が無くなりますが、朝食を食べる時間が早いと夜に食べたり飲んだりはできなくなるので注意が必要です。食べている時間が長く、胃の中に食べ物が常に入っている状態だと消化が追いつかず脂肪として体内にため込みやすくするのを防ぐことができます。

編集部

なるほど。でも16時間も何も食べないのはキツそうですね...。

高山 菜緒 監修トレーナーからアドバイス

日本赤十字社救急法救急員 健康運動実践指導者 オープンウォーターダイバー 一般社団法人ボディリラクゼーション従事者安全安心機構 全米ヨガアライアンス200

Thumbnail 87b05c60 832e 4f3a 87f7 9db69b0a6cb7

16時間何も胃に入れないということではありませんよ。食事の時間以外での水分をしっかり摂りましょう。

食べない時間帯でも水分はしっかり摂りましょう。食事の時はアルコール類でもなんでもOKですが、食事以外の時は基本的には水かお茶を飲むようにしましょう。冷たすぎる飲み物は胃に負担がかかりやすいので白湯や暖かい飲み物がおすすめです。

8時間ダイエットの効果

普段であれば朝8時に朝食を摂れば、夕食は夜の7時や8時ごろですよね。そうなるとだいたい1日で食事を摂っている時間帯は10〜12時間ほどになります。人によってはそれ以上の方もいるかと思います。8時間のうちに3食食べようとすれば、なかなか普段に比べればさほど空腹に襲われることはないと思います。そうすると自然に食べる量も減って行くのでカロリーも抑えられますし、体重も落ちていきやすくなります。

さらに食べない時間が増えますので、内臓などの消化器官を休める効果もあります。これは断食と同じ効果があるので食べていない16時間で食べ物がエネルギーとなり、翌日の排泄をスムーズに行うことができ脂肪燃焼も効率よく行うことができます。自然にプチ断食を行うことができるのです。

8時間ダイエットは本当に痩せる?

このは8時間ダイエット、『1ヶ月で3キロ痩せた』などの成功談を聞きますが、『全く痩せることができなかった』というような失敗談も見られます。きちんと行えば、自然に体重も落ちやすくなりますが、失敗している方には失敗する原因があるのです。

なぜ痩せない?8時間ダイエットの失敗の原因

痩せない原因には色々な理由があります。例として以下のようなことが原因です。

①8時間以内ならいくらでも食べていいと思っている
確かに食事制限は特にありませんが、あくまで”普段の食事を減らす必要がない”という意味であり、好きなものを好きなだけ食べれるわけではありません。単純な話、8時間の内にケーキやお菓子などの高カロリーなものをたくさん食べていたり、常に何かをつまんで食べていてはダイエットの効果はありません。むしろ普段の時の方は摂取カロリーが低くなると思います。基本的には食事はバランスの良い食事を摂取していきましょう。もちろん我慢しない程度に甘いものなどの嗜好品を食べるのはOKです。

②水分に砂糖などが含まれる清涼飲料などを飲んでいる
食べない時間帯にもしっかり水分を摂ることは大切ですが、そこで甘い清涼飲料や砂糖やミルクの入ったコーヒーなどを飲んでしまってはせっかく食事の時間は守れていても台無しになってしまいます。飲み物にももちろんカロリーや糖質も含まれているので、8時間以外は水やお茶にしましょう。また、水分を摂らないと体内の水分量も減り、排泄もスムーズにいかなくなるので便秘になってしまうことがあります。

③最後の食事からすぐに寝てしまう
食事を摂ってからすぐに寝てしまうと胃腸は寝ている時間にも消化するために働き続けなければいけません。そうなると睡眠の質も歩くなりますし、消化不良になりやすく脂肪に変わってしまう場合があるのです。食事を摂ってからだいたい2時間ほどでエネルギーとして変わっていきますので、最後の食事から最低でも2時間、できるのであれば3時間ほど空けてから寝るようにしましょう。

④血糖値を急上昇させてしまう
食べない時間が長くなればなるほど次に摂った食事の時に血糖値が上がりやすくなります。血糖値が急に上がってしまうと、脂肪を身体に溜め込んでしまう原因となるインシュリンを大量に分泌させてしまうのです。特に注意して欲しいのが朝食なので、朝食を食べる時はご飯やパンなどの炭水化物に含まれる糖質を最初に食べずに、まずはサラダなどから摂取し、最後に炭水化物を摂るようにしましょう。そうすることで血糖値の急上昇を抑え、緩やかに上げることができます。

8時間ダイエットの成功のコツ

先述のように少しでもやり方を勘違いしたり間違ったりすると全然痩せることができずに逆に太ってしまうこともあります。正しい知識で行うようにしましょう。失敗談を知った上で、8時間ダイエットをさらに成功させやすくするコツがあります。

①食べる順番を意識する
これはダイエット中の方はどなたでも意識して欲しいことですが、先ほども解説したように血糖値を急上昇させないようにすることが大事です。食べる順番としてはフレンチのコース料理を思い浮かべてみましょう。コース料理は基本的に前菜→スープ→魚料理→肉料理→デザートというような順番で提供されます。野菜やスープ類から食べることで血糖値の急上昇を防ぐので、食べる順番に気をつけてみましょう。特に炭水化物は最後に食べるようにしていきます。

②糖質を摂りすぎない
糖質は炭水化物に含まれます。糖質は身体を動かす大切なエネルギー源ではありますが、多く摂りすぎると消化しきれずに脂肪として溜め込んでしまいます。調味料やお菓子などにも糖質はたくさん含まれているので、間食にはナッツ類がおすすめです。

③運動を行う
8時間ダイエットは運動を行わなくても痩せるダイエット法ではありますが、運動を取り入れることでより痩せやすくなるのです。特に筋トレなどを行えば基礎代謝を落とさずに痩せることができるので体重が落ちた後でもリバウンドしにくい身体になります。運動といっても、難しいことはする必要がありません。家でできるような簡単な筋トレや通勤時間などで階段を使う程度でOKです。

8時間ダイエットで無理なく痩せよう

食事制限や運動を行う必要がないので食べるのが好きな方などはストレスをためることなくダイエットに取り組めます。8時間ダイエットに取り組んでから、個人差はありますが1ヶ月で3〜4キロ痩せるなど、短期間で痩せることも可能です。無理なく行えるのが8時間ダイエットのメリットでもあるので、正しい知識で行うようにしましょう。

高山 菜緒 監修トレーナーからアドバイス

日本赤十字社救急法救急員 健康運動実践指導者 オープンウォーターダイバー 一般社団法人ボディリラクゼーション従事者安全安心機構 全米ヨガアライアンス200

Thumbnail 87b05c60 832e 4f3a 87f7 9db69b0a6cb7

食べれないストレスを感じると、暴飲暴食に繋がりリバウンドをしやすくなってしまうので、このダイエット法できつく感じたなど難しく感じる方はすぐにダイエットを中断し、自分に合うダイエット方法を見つけるようにしましょう。

【あわせて読みたい】

Thumbnail be0be355 aab7 41f9 9f6a feecdea0fac0

この記事をお届けした
Fitmoの最新情報を
してチェックしよう!