Thumbnail fb4643ff 6e32 46bd 86f8 27062db051c7

有酸素運動

有酸素運動の基礎知識を紹介します。

新着記事

これであなたも理想的なカラダ!筋トレとランニングの相乗効果!
これであなたも理想的なカラダ!筋トレとランニングの相乗効果!

「体型を改善するためにランニングをしたい」と思う人は多くいます。もしアナタが今からランニングを始めるなら、ぜひ筋トレも並行して行う事がオススメです! なぜならどちらか一方だけを行うよりも遥かに運動効果が高まるから。 この記事では筋トレとランニングの相乗効果を徹底解説します!

ジョギングで筋力が減る原因と対策
ジョギングで筋力が減る原因と対策

近年、運動目的のみならず趣味としてジョギングを行う人も増えています。それだけ健康面での恩恵が大きいのですが、一方で「筋肉を減らしてしまう」という弊害もあります。ジョギングで体重が減った場合、もしかしたら筋肉まで減少しているかもしれません。ここではジョギングで筋肉が減る原因と対策を紹介していきます。

ヨガとストレッチは何が違う?ダイエットにも最適!?ヨガの驚くべき効果とは
ヨガとストレッチは何が違う?ダイエットにも最適!?ヨガの驚くべき効果とは

ヨガとストレッチは同じように思われることが多いですが、別物です。身体を柔軟にする点は同じでも、健康・美容・ダイエット効果は、ヨガの方が断然高く、いろんな可能性を秘めた運動なのです。呼吸法やポージングにより、どれだけの効果が得られるかを説明します。

憧れの小顔&10歳若返る!顔ヨガのアンチエイジング効果と初心者におすすめな方法
憧れの小顔&10歳若返る!顔ヨガのアンチエイジング効果と初心者におすすめな方法

目立つほうれい線や目元のしわ、顔全体のたるみ、むくみなどは、顔ヨガで解消できます。顔ヨガは、顔の筋肉の凝りやたるみを解消してアンチエイジング効果やリフトアップ効果を期待できる顔のためのヨガです。ここで、初心者でも実践できる4つの顔ヨガ方法をご紹介します。

ホットヨガの消費カロリーがスゴイ!ホットヨガでやせ体質を手にいれよう!
ホットヨガの消費カロリーがスゴイ!ホットヨガでやせ体質を手にいれよう!

ホットヨガの消費カロリーは、ヨガの1.5倍です。それだけダイエット効果も高く、ヨガの効果を最大限に引き出してくれるので、他の要素によってもダイエット効果が高まります。ホットヨガにはどんなダイエット効果があるのか?を説明します。身体が冷えやすくてなかなか汗をかけない人や身体が硬い人にもおすすめです。

ヨガのポイントは呼吸法!?ヨガの呼吸法がもたらす効果がすごい!
ヨガのポイントは呼吸法!?ヨガの呼吸法がもたらす効果がすごい!

ヨガの効果を左右するのは呼吸法です。ヨガにはたくさんの呼吸法があり、ポーズとうまく組み合わせるとで、非常に高い効果が得られます。ダイエット効果も上がるため、抑えておきましょう。ヨガの呼吸法による効果や代表的な呼吸法をご紹介します。

散歩するだけで-10kgも夢じゃない!?散歩ダイエットの効果的な方法とは
散歩するだけで-10kgも夢じゃない!?散歩ダイエットの効果的な方法とは

ダイエットといえば運動や食事制限など数多くの方法がありますが、運動であれば有酸素運動に取り組む人が多いでしょう。ただし、毎日何kmも走ったりプールで泳ぐのは大変だという人もいます。そんな方におすすめなのが「散歩」です。散歩ダイエットに秘められた驚きの効果や、効果的に行う方法をまとめました。

ウォーキングの消費カロリーは?ダイエットだけじゃない!驚くべき効果とは
ウォーキングの消費カロリーは?ダイエットだけじゃない!驚くべき効果とは

ダイエットのために運動を始める時、ほとんどの人がまず候補にあげるのが「ウォーキング」です。では実際に、ウォーキングを行うとどのくらいの消費カロリーがあってどんな効果があるのでしょうか?今回はそんなウォーキングにまつわるダイエットや健康効果をまとめました。

朝にやると効果が出やすい?ウォーキングの効果をアップさせる方法やタイミングとは
朝にやると効果が出やすい?ウォーキングの効果をアップさせる方法やタイミングとは

手軽にどこでも始めることができるウォーキングは、ダイエットにも最適です。では、そんなウォーキングの効果を上げるにはどんなことに気をつければいいのでしょうか。そんなウォーキングのコツや時間帯のおすすめなどをご紹介します。

歩くだけで痩せられる!?ウォーキングダイエットの効果とおすすめウォーキング方法
歩くだけで痩せられる!?ウォーキングダイエットの効果とおすすめウォーキング方法

ダイエットには脂肪燃焼、そして脂肪燃焼には有酸素運動をしようと思い立つ人は非常に多いです。ですが有酸素運動といっても、ランニングは正直苦手だなあと尻込みしてしまう人もいるはず、そんな方におすすめなのがウォーキングダイエットです。ウォーキングに秘められた意外な脂肪燃焼効果をまとめました。

運動オンチでも大丈夫!自転車を漕ぐだけでカロリー消費!
運動オンチでも大丈夫!自転車を漕ぐだけでカロリー消費!

ダイエットには運動が最適だと言われていることは分かるけれど、運動が得意ではないという理由でダイエットを諦めているあなたに朗報です。誰でも気軽に出来て、しかも高い消費カロリーを期待することが出来るダイエット方法があります。それは、サイクリングダイエット!その効果や消費カロリーについてみていきましょう。

脂肪燃焼でおすすめは筋トレ後のウォーキング!?意外と知らない2つの関係
脂肪燃焼でおすすめは筋トレ後のウォーキング!?意外と知らない2つの関係

ダイエットや体づくりのために筋トレや有酸素運動を始めた時、この2つをどんな順序で行うのがいいのだろうと思ったことはありませんか?今までなんとなくやっていた方にぜひおすすめなのが、「筋トレ→ウォーキング」という黄金パターンです。この順序で行うとなぜ良いのか、その理由を解説します。

リバウンドしないダイエットなら有酸素運動がおすすめ!
リバウンドしないダイエットなら有酸素運動がおすすめ!

ダイエットの天敵と言われれるものが「リバウンド」です。折角落とした体重も、いつの間にか元の体重に戻ってしまっている。そんな苦い経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。今回はリバウンドをしにくいダイエット「有酸素運動」についてご紹介していきます。

水泳はダイエットに劇的な効果をもたらす!?驚くべき水泳ダイエットの効果とは
水泳はダイエットに劇的な効果をもたらす!?驚くべき水泳ダイエットの効果とは

ダイエットに有酸素運動が良いという話し聞いたことがあっても、有酸素運動とはどういう運動を指すのか、またどのような運動をすると効果があるのかはあまり知らない人が多いのではないでしょうか。数ある有酸素運動の中でも高い効果があると言われている水泳。その劇的な効果とはどのようなものなのでしょうか?

泳げなくても大丈夫!水中はカロリー消費が激しい!?水泳ダイエットの消費カロリー
泳げなくても大丈夫!水中はカロリー消費が激しい!?水泳ダイエットの消費カロリー

水泳がダイエットに効果的であることは分かるけど、私泳げません。そう考えて水泳ダイエットをあきらめていたら、ちょっともったいない事をしています。実は、水泳ダイエットは、泳がなくても大丈夫!泳げないあなたに贈る、水泳ダイエットのノウハウをお伝えしていきます。

サイクリングダイエットでカンタン有酸素運動!サイクリングダイエットの効果とは
サイクリングダイエットでカンタン有酸素運動!サイクリングダイエットの効果とは

ダイエットに効果的な運動として有酸素運動が挙げられるということは多くの人が知っていることだと思いますが、有酸素運動は継続が必要とされています。忙しい毎日の生活の中で、継続することが出来る有酸素運動の1つが「サイクリング」です。その理由についてお伝えしていきます。

初心者でも運動嫌いでも挑戦できる!簡単ヨガダイエットの方法とは
初心者でも運動嫌いでも挑戦できる!簡単ヨガダイエットの方法とは

運動嫌いな人のダイエットにヨガがおすすめです。初心者でもできるダイエット効果が高いポーズを4つご紹介します。酸素をいっぱい取り込んで行なう有酸素運動であるため、初心者のヨガポーズでも着実にダイエット効果が得られます。

ゆっくり走ってもダイエット効果が!?スロージョギングの方法とその効果
ゆっくり走ってもダイエット効果が!?スロージョギングの方法とその効果

スロージョギングというものが注目されるようになっています。スロージョギングって聞いたことはあるけれど、実際にどうやって行えばいいのか、どのような効果があるのか、といったことについて知らない人も多いです。そこで、今回はスロージョギングの上手な行い方、そしてその効果についても解説していきます。

マラソン初心者の人におすすめ!負担がかかりにくく効果的なマラソン練習方法
マラソン初心者の人におすすめ!負担がかかりにくく効果的なマラソン練習方法

特にマラソン初心者の最初の目標は、5kmを30分で走れるようにすることです。5kmを30分で、ということは1km6分で走らなければならないということです。 まず、初心者の方は5kmを走りきる、なるべく1km6分のペースで走りきるということを目指しましょう。

ランニングで大切なのは距離?時間?効果的なランニング方法とは
ランニングで大切なのは距離?時間?効果的なランニング方法とは

ランニングでは距離を意識される人が多いです。確かに距離も大事ですが、他にランニングを継続する時間など、もっと意識したほうがいいポイントがあります。そこでこの記事では、ランニングにおいて特に距離よりも意識したほうがいい点について解説していきます。