Thumbnail 57d343f6 dbfc 4767 af92 89eca66ee9fb

筋トレ

筋力トレーニングに関するカテゴリーです。

新着記事

【動画付き解説】痩せるのに効果的な筋トレ種目とは!?
【動画付き解説】痩せるのに効果的な筋トレ種目とは!?

痩せるために筋トレを始めたはいいけれど、あまりにも種目が多すぎてどんなトレーニングを取り入れればいいのかわからないと悩んでしまう人はたくさんいます。そんな時におすすめな痩せるための筋トレ種目を、「脚・体幹・腹・尻・背中」の5つの部位に分けてご紹介します。どれも自宅でできる種目ばかりなので、手軽に取り組めますよ。

3ヶ月?半年?筋トレの効果が現れるまでの期間
3ヶ月?半年?筋トレの効果が現れるまでの期間

誰もが一度は挑戦したことのあるであろう筋トレ。しかし、なかなか続かないのが現実ですよね。その原因はトレーニングの辛さ以上に、なかなか結果が出ないことに挫折してしまうのではないでしょうか。ここでは、筋トレの効果が出るまでの期間と、効果が出やすい人、出にくい人の特徴などをご紹介します。

身体はコレを欲してる!筋トレ中に摂取すると効果が上がる栄養素
身体はコレを欲してる!筋トレ中に摂取すると効果が上がる栄養素

筋肉をつけるために筋トレを行っても、筋肉を作るための栄養素が不足してしまうと、しなやかで良い筋肉をつくることや、効率良く筋肉を作ることができません。良い筋肉を効率良く作るために必要な栄養素と摂取するタイミングについて詳しく解説します。

効率よく筋肉をつけたい!筋トレに最適なタイミングは食前?食後?
効率よく筋肉をつけたい!筋トレに最適なタイミングは食前?食後?

たくましい肉体、引き締まった肉体を手に入れるのには、筋トレと食事の両方を重要視する必要があります。では、効果的な筋トレをするには食前と食後のどちらがベストなタイミングなのでしょうか?筋トレを行う際的なタイミングと食事についてまとめました。

えっ、毎日やると逆効果!? 筋トレをする最適な頻度とは?
えっ、毎日やると逆効果!? 筋トレをする最適な頻度とは?

みなさんは、どんな理由で筋トレを始めようと思いましたか?「筋肉をつけるため」「ダイエットのため」「体力維持のため」など、さまざまな理由があると思います。しかし、いざ筋トレ始めるとなると、何をどれくらいやったらいいか分からないという人がほとんどです。そこで、ここでは「筋トレをする最適な頻度」について詳しく解説します。

なにから始めていいの!? 自分に合った筋トレメニューの組み方
なにから始めていいの!? 自分に合った筋トレメニューの組み方

筋肉を大きくしたり、ダイエットのため、健康維持のために始める筋トレ。とりあえずやってみようと思っても、何から始めたらいいか分からないですよね。ですが、やり方もきちんと調べずに、いきなり筋トレを始めるのは危険です!ここでは、これから筋トレをはじめようと思っている人に、まず何から始めればいいのかを解説します。

ベンチ・スクワット
ベンチ・スクワット

ベンチ・スクワットは、ベンチや椅子を使って太ももの筋肉であるハムストリングスや大腿四頭筋、お尻の筋肉である大臀筋を鍛える筋トレです。太ももやお尻の引き締めや、太ももやお尻のラインの維持向上ができます。

筋肉を増やして痩せ体質に!減量に最適な筋トレ方法とは?
筋肉を増やして痩せ体質に!減量に最適な筋トレ方法とは?

運動をしてダイエットをするという話を聞くと、どうしてもウォーキングやジョギングといった「有酸素運動」にスポットライトが上がりがちで、筋トレなどの「無酸素運動」はあまり注目されません。しかし、実は筋トレには有酸素運動にも負けない数々の減量効果があるのです。その驚くべき効果をまとめました。

筋トレメニューは男女で違う!?正しい筋トレメニューとは
筋トレメニューは男女で違う!?正しい筋トレメニューとは

筋トレメニューは基本的に男性も女性も胸、背中、脚、腹筋などの大きな筋力を中心に鍛えていきます。ふつうに筋トレをおこなった場合、ホルモンの関係上、女性が男性のようにムキムキの体になることはまずありません。

上半身よりも辛く感じてしまう下半身の効率的な筋トレ方法
上半身よりも辛く感じてしまう下半身の効率的な筋トレ方法

下半身の筋肉の重要性は理解しづらいかもしれませんが、下半身の筋肉は人体の中でも大きい筋肉であり、ダイエット効果など非常に大切な筋肉です。まずはここで紹介する3つのステップで下半身に筋肉をつけましょう。1つ目は階段の上り下り、2つ目は早歩き、そして3つ目はスクワットです。運動初心者は、まずはこの3つから始めましょう。

ブルガリアンスクワット
ブルガリアンスクワット

腹筋に、胸筋に、上腕二頭筋…筋トレは上半身をメインにおこなうイメージが強いですが、それだけでは全身で見たときのバランスが悪くなってしまいます。ダイエットも同時に考えている人は、大きな筋肉が集まる足の筋トレが効果的です。そこで、今回は足腰を強く見せるため、太ももの大腿四頭筋を鍛える『ブルガリアンスクワット』を紹介します。

女性でも簡単にできる!効率よく筋肉を増やす、おすすめ筋トレメニューとは
女性でも簡単にできる!効率よく筋肉を増やす、おすすめ筋トレメニューとは

筋トレと聞くと男性のものと思ってしまい、「なんだか辛そう」「ムキムキになりたくないな」などのマイナスイメージを抱いている女性が結構います。しかしそれは誤解です。筋トレには女性にも嬉しい効果がたくさんあるのです。今回はそんな女性にとって嬉しい筋トレの効果と、簡単にできるおすすめの筋トレのメニューをご紹介します。

【プロトレーナー監修】効率の良い筋トレがマッチョな身体を作る!その方法とは?
【プロトレーナー監修】効率の良い筋トレがマッチョな身体を作る!その方法とは?

多忙な現代人の共通のテーマとも言える「効率化」。なんとか限られた短い時間で、理想の筋肉を手に入れたいと思っている人は多いのではないでしょうか。今回の記事では、効率よく筋トレをしてマッチョな体を手に入れようというテーマで情報をシェアしていきたいと思います。

ダンベルを使った筋トレの方法とは?
ダンベルを使った筋トレの方法とは?

今回の記事では、ダンベルを使って筋トレを行う方法について詳しく特集していきたいと思います。ジムに通ったりDVDを見ながらトレーニングするのは続かないけれど、安価な器具を使って筋力アップを図りたい方は必見です。

たんぱく質を中心とした食事で筋トレの効果をアップしよう!
たんぱく質を中心とした食事で筋トレの効果をアップしよう!

身体を作る最も基本的となる栄養素が、たんぱく質です。たんぱく質は、筋肉や皮膚、内臓、血液、酵素、ホルモンなどを作るのに必要なだけでなく、栄養素を体中に運ぶ働きもしています。たんぱく質が不足すると、いくら筋トレをしても筋肉量は増えません。身体作りのためのたんぱく質との付き合い方を解説します。

筋トレの消費カロリーと、筋肉が喜ぶカロリー摂取タイミングとは
筋トレの消費カロリーと、筋肉が喜ぶカロリー摂取タイミングとは

「筋トレって一体どのくらいのカロリーを消費するのだろう?」「筋トレを効率的に行うにはカロリーの補給が欠かせないっていうけど、どのタイミングでカロリー摂取をするのがいいのだろう?」など、筋トレにまつわる疑問を抱いている人は少なくありません。そこで、そんな筋トレのカロリー消費・カロリー摂取の基礎知識をまとめました。

ジムに通わなくても大丈夫な筋トレ!全身を鍛える「自重トレーニング」とは?
ジムに通わなくても大丈夫な筋トレ!全身を鍛える「自重トレーニング」とは?

自重トレーニングは、器具を使用しない筋トレの種類で、腕立て伏せや腹筋、懸垂などのことをいいます。自分の体がおもりの役割を果たすため、ウェイトトレーニングのように費用はかかりませんし、負荷も少ないため、女性でも可能です。

肩こりは筋トレで改善できる!?それとも逆効果?筋トレと肩こりの関係性
肩こりは筋トレで改善できる!?それとも逆効果?筋トレと肩こりの関係性

肩こりを改善させるためには、血行を促進させることと、筋力を増やすことが重要です。この2つの原因は筋トレを行うことによって改善することができます。ただし、一時的な疲労による肩こりなどの場合は効果がない事もあるので、注意が必要です。

トレーニング後の頭痛は「労作性頭痛」かも!?筋トレで頭痛がおきる原因とは
トレーニング後の頭痛は「労作性頭痛」かも!?筋トレで頭痛がおきる原因とは

筋トレや運動など、特定の動きをすることで起こる頭痛を労作性頭痛といいます。毎回特定の部位をトレーニングした時に頭痛が起こるため、その労作性頭痛と関係のある体の部位は、十分な量のトレーニングができません。そのため、バランスよく体を鍛えるためには、一度病院に行って医師に診てもらうのが最も確実な治療方法だといえます。

女性にもおすすめ!ダイエットに向いている筋トレの間隔と頻度とは
女性にもおすすめ!ダイエットに向いている筋トレの間隔と頻度とは

筋トレは「やればやっただけ効果がある」というものではありません。必要な休息を与えることで効率よく増強されるのです。また、1回の筋トレにかける時間も、そこまで長くせず、脳の集中力が保たれる範囲で行う必要があります。