ウエストってどこの部分?

高山 菜緒 監修トレーナーからアドバイス

日本赤十字社救急法救急員 健康運動実践指導者 オープンウォーターダイバー 一般社団法人ボディリラクゼーション従事者安全安心機構 全米ヨガアライアンス200

Thumbnail 87b05c60 832e 4f3a 87f7 9db69b0a6cb7

皆さんは”ウエスト”と言われてどの位置を指しますか?

編集部

そう言われてみれば「何となくお腹」としか分かりません...。

人によっておへその周りだったり、お腹の真ん中あたりだったり、知識としては曖昧な方が多いと思います。ウエストの正しい位置はおへそより少し上の1番細い部分になります。つまりはくびれているところですね。くびれが見えない方は、身体を左右に傾けた時に折れ目になったところがウエストです。

腹囲とは別の部分

お腹周りの計測で、”腹囲”を測ることもあります。腹囲はウエストとは違い、おへそ周辺のお腹周りの大きさを測る場合に使われる場所。1番太い部分を測ることを言います。病院などでメタボリックシンドロームの検診の時に使われるのは腹囲の長さになります。

ウエストが太くなるとどうなる?

脂肪がつけば、もちろんウエストも太くなっていきます。ウエストが太くなればそれに比例して腹囲も大きくなるのです。

ウエスト周りが太くなることはメタボリックシンドロームや糖尿病などの生活習慣病に関わってきてしまいます。まずは自分のウエストのサイズを知り、現在の状態を把握しておくことも大切です。ウエストのサイズを知っておくだけでもダイエットのモチベーションになりますし、変化も見られやすい部位なので男性なら引き締まった腹筋、女性なら綺麗なくびれを目標にしやすいと思います。

Qa in article e9284469ffb1b68fca6cda59d711a7487c50bf3006fda5f7d953416cb4efa276

正しいウエストの測り方

ウエストの正しい部分を知ったところで、ウエストの正しい測り方をご紹介していきます。ウエストを測るときはメジャーを使いましょう。メジャーがない時は、紐と定規で計測することも可能です。計測方法はメジャーを使った時と同じで、メジャーのかわりに紐を使うだけです。計測できたら最後に紐を定規で測れば自分のウエストのサイズが分かります。

ウエストの測り方

①自分のウエスト部分をまず鏡でチェックします。
②まっすぐ立った姿勢でお腹に力は入れず、リラックスした状態になります。
③メジャーが斜めにならないようにウエストにメジャーを巻いていきます。
④メジャーのメモリの0と重なったところを計測しましょう。

ウエストを測るときのポイント

メジャーを巻いた時にお腹に力が入りすぎているとサイズが変わってしまいます。正しい姿勢で普段の呼吸で息を吐いた時に測ると良いですね。また、メジャーが床と水平になっていることも大切です。斜めになるとサイズが大きくなったりするのでこれも正しい数値ではなくなってしまいます。メジャーがお腹に食い込まないように気をつけて測りましょう。

ウエストを測る時間帯

ウエストを測るときはいつが1番いいのか、疑問に思いますよね。測るときは基本的にいつでも大丈夫ですが、記録として毎日測ったりする場合は同じ時間帯や条件で測るようにしましょう。例えば朝起きてすぐだったり、夜寝る前など同じ条件で測ることで比べる対象になりやすいです。しかし食後すぐなどは食べる量によっては胃が膨らんでますので、食後は避けた方が良いでしょう。

男女別ウエストの平均値

編集部

男女でウエストの平均値は変わりますか?

高山 菜緒 監修トレーナーからアドバイス

日本赤十字社救急法救急員 健康運動実践指導者 オープンウォーターダイバー 一般社団法人ボディリラクゼーション従事者安全安心機構 全米ヨガアライアンス200

Thumbnail 87b05c60 832e 4f3a 87f7 9db69b0a6cb7

はい、男女では体型や骨格が違うので、女性と同じウエストサイズの男性だと割と細身の方です。

ではなぜ男女でウエストのサイズは違うのか、ウエストの平均値と一緒に詳しく見ていきます。(ウエスト平均値の数値は経済産業省による男女7000人の身体データです)

ウエストサイズが違うのは身体の作りにある

男性は女性に比べて身体が大きいですよね。これはまず骨格の作りが違うからです。ウエストのサイズが違うのは、骨格によって男性はくびれがないからです。男性はウエストサイズが細くてもくびれは出にくくなっています。

理由として、くびれの位置の上にある肋骨の形が違います。女性の肋骨はV字型になっており、下に向かって細くなっていきます。それに比べ、男性の肋骨は寸胴型なのでまっすぐになっています。なので男性はくびれにくい身体になっているのです。もちろん男性全員が寸胴型という訳ではなく、骨格にも個人差はあるのでくびれのある男性もいますし、女性でも肋骨が寸胴型であればくびれができにくい方もいらっしゃいます。痩せてもくびれがない!という方は骨格が原因ということもあるかもしれません。

男性のウエスト平均値

男性のウエスト平均値は以下の通りです。

20~24 歳 →72.9㎝
25~29 歳 →77.9㎝
30~34 歳 →81.5㎝
35~39 歳 →83.5㎝
40~44 歳 →85.4㎝
45~49 歳 →85.5㎝
50~54 歳 →86.2㎝
55~59 歳 →86㎝
60~64 歳 →84.3㎝
65~69 歳 →85.6㎝
70~74 歳 →85.9㎝
75~79 歳 →84.8㎝

女性のウエスト平均値

女性のウエスト平均値は以下の通りです。

20~24 →67㎝
25~29 →67.6㎝
30~34 →68.1㎝
35~39 →69.3㎝
40~44 →71.1㎝
45~49 →71.6㎝
50~54 →73.5㎝
55~59 →74.9㎝
60~64 →75.5㎝
65~69 →78㎝
70~74 →79.4㎝
75~79 →80.5㎝

理想的なウエストサイズとは?

自分の平均値は分かりましたか?今度は、理想のウエストサイズはどれくらいなのか、この数値は計算で出すことができます。計算式は以下の通りです。


男性の理想のウエスト=身長×0.41
女性の理想のウエスト=身長×0.37~0.39


この計算式で出た数値はあくまで一般的な目安に過ぎませんが、目標を数値で設定することでバランスの取れた均整な身体を目指しやすくなります。男性であれば細マッチョのような引き締まった身体であり、女性ならくびれたボディラインの身体を目指すことができます。

綺麗なくびれを作るための方法

ウエストを引き締めてかっこいい身体になりたい!くびれを作りたい!という方向けに誰でもできるストレッチとトレーニングをご紹介します。くびれを作るために大切な筋肉は脇腹にある腹斜筋という筋肉です。ここを鍛えることで引き締めることができます。

くびれを作るストレッチ

⑴仰向けに寝て両手を自然に広げます。
⑵両足をそろえてゆっくりと上に上げます。

⑶両足をそろえたままゆっくりと右に倒していき、床ギリギリで止めます。

⑷脚を真ん中に戻したら、左側にも同様に行いましょう。

ツイストクランチ

⑴あおむけの姿勢で、両手を頭の下で組みます。
⑵体を丸めて対角線に肘と膝をくっつけて、戻します。このとき、背中は地面から離れないようにしてください。
⑶2の動作を左右交互に繰り返しましょう。
※回数の目安は左右の動作を1回と数えて、1セット10〜15回、これを1日に2〜3セット行なってください。

また、筋トレ以外にもコルセットやベルトなどの道具を使って引き締めることも可能です。女性向けではありますがコルセットやベルトによって広がった肋骨を締めてウエストを細くする効果があります。着けるだけでウエストが引き締まり、くびれができやすくなるものです。

自分のウエストサイズを把握しておこう

高山 菜緒 監修トレーナーからアドバイス

日本赤十字社救急法救急員 健康運動実践指導者 オープンウォーターダイバー 一般社団法人ボディリラクゼーション従事者安全安心機構 全米ヨガアライアンス200

Thumbnail 87b05c60 832e 4f3a 87f7 9db69b0a6cb7

自分のウエストサイズを把握しておくだけでも服を買うときやダイエットの時などに役に立ちます。正しく測って綺麗なウエストを作っていきましょう。

【あわせて読みたい】

Qa in article e9284469ffb1b68fca6cda59d711a7487c50bf3006fda5f7d953416cb4efa276
Thumbnail 9afd4d9e 94a4 4f60 8ad1 f79bcf5f3308

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!