内転筋は実は5つの筋肉で構成されている

内転筋は、正式には「股関節内転筋群」と言う名前です。その名の通り、股関節の内転の動きを中心に活動する筋肉です。そして筋肉「群」とあるように、次の5つの筋肉で主に構成されています。

・大内転筋…内転筋群の中でもっとも大きな筋肉
・長内転筋…大内転筋に次いで大きな筋肉
・恥骨筋…内転筋群の中で最も上部に位置する筋肉
・短内転筋…恥骨筋、長内転筋に覆われている筋肉
・薄筋…恥骨からすねの方に伸びている、非常に細長い筋肉

この5つの筋肉の連動によって、股関節・太もも・膝周辺の動きをサポートします。

内転筋を鍛えるメリット

内転筋を鍛えることで、股関節周辺の動きが強化され、立ちっぱなしの時の安定感やスポーツでのケガ防止に大きな効果を発揮します。
さらに、内転筋を鍛えることで脚の引き締め効果があるのです。

内ももというのは、日常生活ではなかなか意識する機会のない筋肉です。そのため、使う機会がないことで筋肉がたるみ、内ももがだらしなくなっているという人が結構いたりします。

そんな内ももを筋トレなどで刺激することで、足やせに大きな効果を発揮するというわけです。運動習慣のない方には、特にその効果が出やすいでしょう。

内ももの筋トレ① ワイドスタンス・スクワット


ももを鍛える筋トレと言えばスクワットが代表的ですが、そのスクワットをさらに内転筋にフォーカスした動きにしたいのなら、「ワイドスタンス・スクワット」がオススメです。

この筋トレは、別名「相撲スタンス・スクワット」とも呼ばれます。力士が四股を踏む時に大きく足を開く様子が、ワイドスタンス・スクワットのスタートポジションと似ているからです。

ワイドスタンス・スクワットは、足を肩幅より大きく開き、つま先を外に開いて行います。腰を落としてしゃがむ時、元の位置に戻るときには、股関節やお尻の筋肉が伸縮しているのを意識しましょう。

内ももの筋トレ② アダクション

2つ目のメニューは「アダクション」です。この筋トレでは横向きになり、足を4の字のように組んだ状態を作ります。なお、両手は床につけて体が動かないよう固定しましょう。

その状態を作ったら、下になっている足を上へ持ち上げましょう。可動域が広くないぶん、反動がつかないようゆっくりと上へ持ち上げましょう。もし自宅にトレーニング用のチューブなどがある方は、立った状態で柱と足にチューブを固定して、同様の動きを行うのもオススメです。

内ももの筋トレ③ レッグレイズ


主に腹直筋下部(下っ腹の筋肉)を鍛える筋トレである「レッグレイズ」ですが、股関節を使うので内転筋にも刺激が入ります。お腹のぽっこりと脚のラインの両方が気になる方は、このレッグレイズを行ってみてもいいかもしれません。

レッグレイズをより内転筋に効かせるためには、両足でバランスボールに挟んで行うのがオススメです。通常サイズのバランスボールや、小さいサイズのボールを使ってトレーニングするといいでしょう。

内ももの筋トレでしなやかなレッグラインを手に入れよう

内転筋は普段あまり注目を浴びない部位ではありますが、股関節という大切な部位に関連する様々な動作に関わっています。ここを鍛えることで、立つ・歩くといった動作からスポーツに至るまで数多くの恩恵を得られるのです。

また、内転筋は脚の引き締めにも大きな効果を発揮してくれます。しなやかでスラリと伸びた美しいレッグラインを手に入れたい方は、ぜひ内転筋の筋トレに取り組んでみてください。

<あわせて読みたい>

体の悩み解決ならパーソナルトレーニング

あなたの体の悩みを、パーソナルトレーナーに頼ってみませんか??

パーソナルトレーナーは体とトレーニングに関するプロフェッショナルです。 食事指導・運動指導を行い、あなたの目標を達成するまで1対1で真剣にサポートします。

Fitmo(フィットモ)では、数百ものパーソナルトレーニングジムと提携しており、あなたにあったベストなパーソナルトレーニングジムを紹介できます。

パーソナルトレーニングジムってどんなところがあるの?と少しでも興味を持った方は↓のリンクからLINEの友達登録をお願いします!

Line banner b96115868668a5870090b7791d41734ec935d212a6ce012ef9f81419b761b026
Thumbnail cdca4f03 79ad 4f34 9fa4 bdd96e08f700

この記事をお届けした
Fitmoの最新情報を
してチェックしよう!