鍛えられる部位

内転筋が鍛えられ、引き締まった内ももが手に入ります。

意識する点

片方の脚を上にして、床に横向きに寝ます。上側の脚が四の字になるように曲げます。
これがアブダクションのスタートポジションです。

床側の脚を、ひざを伸ばしたままゆっくりと上に上げます。内ももの筋肉が使われていることを意識しましょう。

脚の重さを感じながらゆっくりと元の状態まで脚を下ろします。

これがアブダクションの1動作です。
動作中は、膝を伸ばすことと股関節で脚を動かすことをしっかり意識しましょう。自重だけでは負荷が足りないと感じる場合は、アンクルウエイトなどを脚9部に付けて行うと良いでしょう。

注意する点

他の筋肉に比べて使い慣れない筋肉のため、他の筋肉を使ってしまったり反動や勢いをつけて行ってしまいがちですが、内ももの内転筋が使われていることをしっかり意識しましょう。

回数 / セット数

10回×3セット

まとめ

・しっかりと膝を伸ばした状態で脚を上下する。
・意識しづらいが、内ももが使われていることをしっかり意識する。

綺麗な脚を手に入れるには必須の内ももの引き締めができるアダクションを解説しました。
下半身が痩せたり、ももの引き締めができるだけでなく、O脚やぽっこり下腹の解消にも効果があるので女性には嬉しいトレーニングです。ぜひチャレンジしてみてください。

Thumbnail 4d484b73 baf4 4169 b3c2 0d4174c606fe

この記事をお届けした
Fitmoの最新情報を
してチェックしよう!