肩甲骨の働きについて

肩甲骨の役割は、肩を上げる・背中を丸める・背中を広げる・胸を張る・胸を閉じる・腕を上げる・腕を下げるなど、上半身のほとんどの動きに関係があります。

正しく肩甲骨を動かすことができるようになると、このような動きがスムーズにできるようになります。

肩甲骨の柔軟性と筋トレの効果

上半身のほとんどの動きに関係する肩甲骨がスムーズに動かせるようになると、筋トレによるトレーニングの刺激が上手く筋肉に伝わるようになり、効果が上がるのです。

可動域という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

肩甲骨の可動域が広いと、肩甲骨周りの筋肉が柔らかいので筋肉に弾力があります。
この弾力が、野球の投球で例えると、肩甲骨・肘・手と非常にしなやかに力を伝えることができるようになり、球速を上げることができます。
逆に可動域が狭いと、動きに硬さがあるので力が上手く伝わらないのです。

肩甲骨の可動域が広いと大きく体を動かせるので、その分力が伝わりトレーニングの効果を上げることができるのです。

肩甲挙筋の役割を知ろう

肩甲挙筋は肩甲骨にくっついてる筋肉です。

肩甲挙筋の役割は、日常生活だと物を持ち上げるときに肩をすくめる動作をしたり、落ちた物や重いものを拾う動作をします。

スポーツや運動においてはバーベルを低い位置から持ち上げる動作や、ウエイトリフティングにおける前半の動きに関係してます。

肩のストレッチをすることで、肩甲骨や肩甲挙筋も柔軟にすることができて動きがスムーズになるのです。力も伝わりやすくなり、より強い力が発揮できるようになります。

ウェイトリフティングでの部分別トレーニングと肩甲骨の関係

胸を・肩・背中をトレーニングするときに、肩甲骨の動きはとても重要になります。
背中を鍛えるとき、スタートは肩甲骨をしっかりと内側に寄せた状態から開始します。

肩も背中も、まずはこの肩甲骨をしっかりと内側によせた状態が作れないと、しっかりと鍛えたい部分に刺激を与えられないのです。

体が硬くて肩甲骨を後ろに寄せられない人は、猫背になっていたりして本当は肩甲挙筋に刺激を与えたいのに、僧帽筋に刺激を与えてしまっていたりします。

トレーニング前に、しっかりとストレッチを行えばトレーニング効果が上がります。

【あわせて読みたい】

腹筋のトレーニングと肩甲骨

腹筋のトレーニングのクランチですが、しっかり体を丸めるようにして上体を起こすようにします。

しっかりと体を丸めるには、肩甲骨の周りの筋肉が硬いと上手く体が丸まりません。
体を丸めず、状態を起こしたままクランチをしてしまうと、腰を痛める原因になってしまいます。
まずはしっかりとストレッチをして、肩甲骨周りの筋肉をほぐしてから、腹筋のトレーニングをするようにしましょう。

筋トレの効果を上げるには、肩の柔軟性が大事になる

●肩の柔軟性が増すと可動域が広がり、トレーニングの効果が上がる。
●普段から肩甲骨の動きをしっかり意識してトレーニングをする。
●トレーニング効果を上げるために、運動前に入念な肩のストレッチをする。

肩の柔軟性がないと、少ししか動かせないのでトレーニング効果が半減してしまいます。
しっかりトレーニング前に肩のストレッチをしておけば、可動域が広がり大きく体を動かせるようになります。
日頃から肩甲骨の動きと肩まわりの柔軟性を意識して、トレーニングを効果を上げましょう。

【あわせて読みたい】

Thumbnail 60c633d4 a16d 480a b545 c5aa66c25eb3

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!