筋トレで成果が出る期間は人によってバラバラ

まず大前提として話さなければいけないのは、「筋トレの成果が出る期間はその人によって千差万別である」という点です。

例えば今までろくに筋トレや運動をしてこなかった人でも、はじめのうちは全くトレーニングがうまくいかないという人もいれば、スタートダッシュを決めてはじめのうちから見た目に変化が起こるという人もいます。

もちろん、元々運動が趣味で筋肉がある程度ついてる人の場合、さらなる飛躍を遂げるにはちょっと時間がかかってしまうかもしれません。この前提を踏まえた上で、次からの解説を読んでいただければと思います。

最初の1ヶ月で「筋肉」も「筋力」もつき始める

筋トレで成果が出たというのは、具体的には「今までよりも重い重量を上げることができた(筋力アップ)」か「腕が太くなった・ウェストが細くなった(筋肥大など)」の2つに分けられます。

一昔前はトレーニングを始めたての頃は、この2つのうちの「筋力アップ」が起こると言われていましたが、現在ではトレーニング開始直後から「筋肥大」が起きることが分かってきました。これは科学が進歩し筋肉を細かく分析できるようになったからです。

最初のうちは、マックスで扱える重量がジムに通うたびに毎回更新されていくなんてことも起こります。ある意味筋肉の「ゴールドラッシュ」に近い状態で、3ヶ月程度はこの状態が続くと考えられます。

筋トレの成果が出るには『大体3ヶ月くらい』

筋肉のゴールドラッシュが起こり筋力がどんどんアップしていく過程では、筋肉の量が増える筋肥大も起きています。

しかし、そうして自分の目でも体の変化がわかるようになるのは、おおよそ3ヶ月ほどかかると言われています。そのため筋トレの成果が出るのはどれくらいかかるか?という疑問には「大体3ヶ月くらい」という答えが出てくるわけです。

【あわせて読みたい】

筋トレの成果を得るカギは『短時間で高強度』

筋トレを始めたばかりの頃は、ジムにある機材を目一杯使って長時間のトレーニングをやりたがる人がいます。

中でも男性にその傾向が強めです。しかし、長時間の筋トレは実は逆効果になってしまう場合があります。筋トレを行う時間としては、長くても1時間30分以内に抑えるのが目安と言われています。

これ以上長いトレーニングは集中力が切れてケガの原因になったり、エネルギーが枯渇してその不足を筋肉を分解して補うという本末転倒な状態が起こったりしてしまうからです。

そのため、長時間にまとめて行う筋トレよりも、短時間かつ高強度で筋トレをしたほうが、より高い成果を得ることができます。

もっと筋トレの成果が欲しいなら「食事」と「睡眠」も重視!

筋トレや有酸素運動を単なるカロリー消費のためのものと考えがちな人は意外と多めです。

しかし、もし筋トレで理想的な体を手に入れるという成果を得たいのなら、運動と同じくらい食事と休養も重要視するようにしましょう。特に食事に関しては、体作りでは運動と両輪になって考えなくてはいけないとても大事な項目です。

「植物性や動物性のたんぱく質をしっかり摂る」「朝食は欠かさず食べる」「 筋トレ直後の食事では炭水化物とたんぱく質を摂取する」といったルールで、健康的な食生活を心がけてください。

筋トレの際に意識してほしい食事、睡眠についてはこちらの記事でも紹介していますのでぜひご覧ください。

筋トレの成果を得る秘訣は「王道」にある!

筋トレで自分の望む成果を得たい時、忘れてはいけない秘訣があります。

それは「王道こそが最速最短の道」ということです。継続的に運動をして、適切な食事を取り、そしてたっぷり眠るというサイクルを守れば、自分の体に驚きの変化が待っていることでしょう。

【あわせて読みたい】

Thumbnail 920f7ad9 9569 4bb3 bb00 0762bab48648

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!