鍛えられる部位

三角筋後部、僧帽筋が鍛えられ、美しい後ろ姿を作る筋肉が出来上がります。

意識する点

膝を曲げ、背筋をまっすぐに伸ばしたまま、体を45度ほど前方へ倒します。両手でダンベルを持ち、体の真下に構え、ダンベルの重みに体が引っ張られないように胸を張ります。

この基本体勢から、ゆっくりと背中の筋肉を使ってダンベルを持ち上げている、ということを意識しつつ、床と並行になるまでダンベルを持ち上げます。この時、吸った息を止めてダンベルを上にあげます。息を止めることにより、体幹が安定し、トレーニングがしやすくなります。

息を吐きながら、ゆっくりと元の位置に戻します。

注意する点

ダンベルを持ち上げる時、肩甲骨を寄せるイメージで持ち上げます。また、怪我の原因にもなるため、背中が丸まらないように注意しましょう。

回数 / セット数

10回、3セット

まとめ

・持ち上げる時は息を止め体を安定させる。
・肩甲骨をくっつけるようなイメージでダンベルを持ち上げる。
・勢いをつけて、腕を上に振るようにして持ち上げない。

肩の後ろと背中の中央部を鍛えるトレーニングであり、筋肉を強化するだけでなく、姿勢改善にも役立ちます。ぜひ、チャレンジしてみてください。

体の悩み解決ならパーソナルトレーニング

あなたの体の悩みを、パーソナルトレーナーに頼ってみませんか??

パーソナルトレーナーは体とトレーニングに関するプロフェッショナルです。 食事指導・運動指導を行い、あなたの目標を達成するまで1対1で真剣にサポートします。

Fitmo(フィットモ)では、数百ものパーソナルトレーニングジムと提携しており、あなたにあったベストなパーソナルトレーニングジムを紹介できます。

パーソナルトレーニングジムってどんなところがあるの?と少しでも興味を持った方は↓のリンクからLINEの友達登録をお願いします!

Line banner b96115868668a5870090b7791d41734ec935d212a6ce012ef9f81419b761b026
Thumbnail 81d4021d ee60 4831 afe8 72eab23303d1

この記事をお届けした
Fitmoの最新情報を
してチェックしよう!