鍛えられる部位

三角筋と僧帽筋が鍛えられることで、肩や背中が引き締められキレイな肩のシルエットが手に入ります。

意識する点

両手にダンベルを持ち、足を肩幅に開いてベンチに座ります。ひざと胸がついた状態まで上体を前に倒し、腕を床に向かって下ろします。この際、背中がまっすぐになっていることに意識してください。
これがシーテッド・ベントオーバー・リアデルトレイズのスタートポジションです。

腕をゆっくりと横に広げながら無理なく上がるところまで上げます。肩甲骨を寄せることで僧帽筋に刺激を与えることができます。肩甲骨を寄せずに行うと、三角筋を効率的に鍛えることができます。動作中は三角筋や僧帽筋といった、肩まわりの筋肉を使っていることを意識しましょう。

ゆっくりと腕を元の位置に戻します。

これがシーテッド・ベントオーバー・サイドレイズの1動作です。
動作中、肘は伸ばしきらずに少し曲げた状態を保つことを意識してください。

注意する点

無理をして肩を上げすぎてしまうと、肩を痛めてしまう恐れがあります。

肘を曲げずに伸ばした状態で行うと、負荷がかかって肘を痛めてしまう恐れがあります。

回数 / セット数

15回×3セット

まとめ

・背中をまっすぐに保つ。
・鍛えたい筋肉を意識して、肩甲骨の動かし方を変える。
・怪我を回避するため、ひじを曲げ、腕を上げすぎない。

肩の筋肉である三角筋や僧帽筋を鍛えることで、キレイな肩のシルエットを手に入れることができるシーテッド・ベントオーバー・リアデルトレイズを解説しました。
肩甲骨の動かし方で鍛えられる部位を自分で変えられるのがポイントなトレーニングです。
ぜひこのシーテッド・ベントオーバー・リアデルトレイズで引き締まった理想の肩まわりのラインを手に入れてください!

Qa in article e9284469ffb1b68fca6cda59d711a7487c50bf3006fda5f7d953416cb4efa276
Thumbnail ca84db9f 4c26 4241 9eb4 5b6a63dd2fa5

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!