鍛えられる部位

三角筋と僧帽筋が鍛えられることで、肩や背中が引き締められキレイな肩のシルエットが手に入ります。

意識する点

胸を張り背筋を伸ばしてベンチに座り、足を肩幅ほど開いて立ちます。両手にダンベルを持ち、顔の高さにセットします。手首と肘が地面に対して垂直になるようにします。この際、両手の手のひらが内側に向くように構えましょう。これがオルタネイト・ショルダープレスのスタートポジションです。

左右交互に、ゆっくりと腕を真上に上げます。肩周りの三角筋や僧帽筋が鍛えられていることを意識しましょう。上げたときには手のひらが正面に向くようにします。また、上げたときに肘が伸びてしまうと三角筋に休憩ができて効果が減少してしまうため、上げる時には肘が伸びきる直前で止めるようにしましょう。

重さの反動を使わずに、元の位置までゆっくり腕を下げます。

これがオルタネイト・ショルダープレスの1動作です。

注意する点

ダンベルが重い場合、腕を上げた時に肘に負荷がかかって肘を痛めてしまう恐れがあるため、肘を伸ばさないように注意しましょう。

回数 / セット数

左右各15回×3セット

まとめ

・ダンベルのスタートポジションは顔の高さ
・効果が減少してしまったり、怪我につながる恐れもあるので肘を伸ばさない

三角筋や僧帽筋を鍛えることで、引き締まった肩〜背中が手に入るオルタネイト・ショルダープレスを解説しました。ダンベルを持って肩の筋肉を鍛えるトレーニングには腰を折り曲げて行うものがいくつかありますが、腰が痛いなど、不安のある方はこのオルタネイト・ショルダープレスをしてみてください。

体の悩み解決ならパーソナルトレーニング

あなたの体の悩みを、パーソナルトレーナーに頼ってみませんか??

パーソナルトレーナーは体とトレーニングに関するプロフェッショナルです。 食事指導・運動指導を行い、あなたの目標を達成するまで1対1で真剣にサポートします。

Fitmo(フィットモ)では、数百ものパーソナルトレーニングジムと提携しており、あなたにあったベストなパーソナルトレーニングジムを紹介できます。

パーソナルトレーニングジムってどんなところがあるの?と少しでも興味を持った方は↓のリンクからLINEの友達登録をお願いします!

Line banner b96115868668a5870090b7791d41734ec935d212a6ce012ef9f81419b761b026
Thumbnail 41f7bb6d a31b 45f4 915a 97a36723b9cb

この記事をお届けした
Fitmoの最新情報を
してチェックしよう!