鍛えられる部位

三角筋後部が鍛えられます。

意識する点

足の裏でチューブを固定し、お尻を突き出し、背筋を真っ直ぐにした状態で上体を倒します。これがスタートポジションとなります。

脇を締め、ゆっくりと後ろに真っ直ぐ引き上げます。

床と平行になるまで上げたら、チューブの反動を利用しないようにゆっくりと下ろします。

注意する点

肩甲骨を動かしてしまうと僧帽筋などに負荷が逃げてしまい、三角筋にしっかりと効かせることが出来ません。肩甲骨を寄せないように、後ろに真っ直ぐ引き上げるようにしましょう。

肩甲骨を寄せない感覚が分からないという場合には、胸を張らずに若干猫背気味で行うことで効きやすくなります。

チューブの反動を利用しないように注意しましょう。

腕の動く軌道がズレないように注意しましょう。

回数 / セット数

10回×3セット

まとめ

・背筋を真っ直ぐにする。
・肩甲骨を寄せないように、後ろに真っ直ぐに引き上げる。
・チューブの反動を利用しない。
・ゆっくりとスピードをコントロールしておこなう。

三角筋に効果的なベントオーバー・リアレイズについて解説してきました。肩だけでなく、肩から背中にかけての筋肉を鍛えたい場合には、ベントオーバー・ラテラルレイズを行ってみてください。

体の悩み解決ならパーソナルトレーニング

あなたの体の悩みを、パーソナルトレーナーに頼ってみませんか??

パーソナルトレーナーは体とトレーニングに関するプロフェッショナルです。 食事指導・運動指導を行い、あなたの目標を達成するまで1対1で真剣にサポートします。

Fitmo(フィットモ)では、数百ものパーソナルトレーニングジムと提携しており、あなたにあったベストなパーソナルトレーニングジムを紹介できます。

パーソナルトレーニングジムってどんなところがあるの?と少しでも興味を持った方は↓のリンクからLINEの友達登録をお願いします!

Line banner b96115868668a5870090b7791d41734ec935d212a6ce012ef9f81419b761b026
Thumbnail e310ff7a 15da 4f0b bb06 d6c4c13008d3

この記事をお届けした
Fitmoの最新情報を
してチェックしよう!