鍛えられる部位

三角筋後部が鍛えられます。

意識する点

足の裏でチューブを固定し、お尻を突き出し、背筋を真っ直ぐにした状態で上体を倒します。これがスタートポジションとなります。

脇を締め、ゆっくりと後ろに真っ直ぐ引き上げます。

床と平行になるまで上げたら、チューブの反動を利用しないようにゆっくりと下ろします。

注意する点

肩甲骨を動かしてしまうと僧帽筋などに負荷が逃げてしまい、三角筋にしっかりと効かせることが出来ません。肩甲骨を寄せないように、後ろに真っ直ぐ引き上げるようにしましょう。

肩甲骨を寄せない感覚が分からないという場合には、胸を張らずに若干猫背気味で行うことで効きやすくなります。

チューブの反動を利用しないように注意しましょう。

腕の動く軌道がズレないように注意しましょう。

回数 / セット数

10回×3セット

まとめ

・背筋を真っ直ぐにする。
・肩甲骨を寄せないように、後ろに真っ直ぐに引き上げる。
・チューブの反動を利用しない。
・ゆっくりとスピードをコントロールしておこなう。

三角筋に効果的なベントオーバー・リアレイズについて解説してきました。肩だけでなく、肩から背中にかけての筋肉を鍛えたい場合には、ベントオーバー・ラテラルレイズを行ってみてください。

Thumbnail e310ff7a 15da 4f0b bb06 d6c4c13008d3

この記事をお届けした
Fitmoの最新情報を
してチェックしよう!