鍛えられる部位

肩のインナーマッスルである、ローテーターカフの棘下筋と小円筋が鍛えられます。

意識する点

床に横になり、無理のない重さのダンベルを利用しましょう。

肘の位置を固定したまま、ダンベルをゆっくりと、上げられる高さまで上げましょう。

下ろすときもゆっくりと下ろしましょう。

注意する点

ローテーターカフは非常に小さな筋肉です。無理な負荷をかけると怪我につながる恐れがあるため、無理のない負荷でおこないましょう。

回数 / セット数

20回×3セット

まとめ

・肘の位置を固定したまま、ダンベルを上下させる。
・無理のない負荷でおこなう。
・肩がすくまないように注意する。

棘上筋や小円筋は、ローテーターカフと呼ばれる、肩関節を安定させる筋肉群の一部です。ローテーターカフが弱まると、肩関節が不安定となり、肩関節周囲に痛みなどの症状を引き起こします。ローテーターカフを鍛えることにより、怪我防止をしっかりと行い、筋トレに励みましょう。

Thumbnail 9a09a781 d112 4ff6 b054 7ab49e1acea2

この記事をお届けした
Fitmoの最新情報を
してチェックしよう!