鍛えられる部位

腹直筋が鍛えられ、腹筋が割れてきます。

意識する点

まず、背中に敷くマットと、低めの椅子を用意しましょう。マットに仰向けに寝て、足を椅子の上に乗せます。膝が90度に曲がるくらいがちょうどいいです。こうすることで、腹直筋を重点的に鍛えることができます。手は胸の前で組むか、耳をもつようにしましょう。後頭部を抱えておこなうのは、体を起こす際に腕の筋肉を使ってしまうためNGです。

自分のへそを見るように体を起こします。このとき、肩甲骨が持ち上がるくらいで十分です。

体を起こすのに2秒、戻すのに3秒を目安にすると効果的です。

注意する点

やりすぎると、腰を痛める可能性があるため、無理をせずにおこないましょう。

回数 / セット数

10回、3セット

まとめ

・腕は体の前か、耳の横に置く(後頭部で組まない)。
・肩甲骨が浮くぐらい起こせば十分。
・体を起こすとき2秒、戻すとき3秒を意識する。

Thumbnail e3be2abb b7fe 4cfa 96d5 d13ee88536d2

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!