鍛えられる部位

腹斜筋が鍛えられ、たくましい上半身や、キレイなくびれが手に入ります。

意識する点

まず、右手でダンベルを持ちます。男性の場合は5〜10kg、女性の場合は1〜5kgぐらいの重さからはじめましょう。右手は伸ばした状態で置いておきます。左の手は後頭部に持ってきます。これがスタートポジションになります。

スタートポジションから、右手に持ったダンベルを持ち上げるように、体を左側にゆっくりと曲げていきます。このとき、体が前や後ろにブレないように気をつけましょう。腹筋に力を入れて、目線をまっすぐ前に保つことでフォームを維持しやすくなります。

これを1セットあたり左右10回ずつで、3セットおこないましょう。フォームが崩れると腰を痛める可能性があるので注意しましょう。

注意する点

ダンベルが重すぎたり、左右に体を倒すときフォームが崩れてしまうと、腰を痛める可能性があるので注意しましょう。

回数 / セット数

左右10回ずつ、3セット

まとめ

・腹斜筋は上半身のラインをキレイにするために重要。
・最初は軽めのダンベルからはじめる。
・ダンベルが重すぎたり、フォームが崩れると腰を痛めるので注意。

ここまで、腹斜筋を鍛える『サイドベンド』について解説してきました。上半身のラインを鍛えたいと思ったら、腹筋まわりと一緒にトレーニングしてみてはいかがでしょうか?


Thumbnail 0783c44c a939 4fef 94eb e0a9f86c1893

この記事をお届けした
Fitmoの最新情報を
してチェックしよう!