鍛えられる部位

腹筋全体、腹横筋、体幹が鍛えられます。また、下腹部の引き締めや姿勢をよくする効果も期待できます。

意識する点

まず、うつぶせの状態から、ひざをつき、胸の下に両肘をつけます。バランスボールがある場合にはバランスボールの上に両肘をつけます。

つま先を垂直に上げ、お尻を上に持ち上げた状態を保ちます。バランスボールを使用する場合には足をそのまま伸ばします。このとき、背中が反ったりしないように腹筋と臀筋(お尻の筋肉)に力を入れましょう。

その姿勢を30秒から60秒ほど保ち1セットとします。終わったらゆっくりともとの姿勢に戻しましょう。

注意する点

姿勢を保てる時間には個人差があるので、無理をしないようにしましょう。痛みを感じるようになったらすぐに中止しましょう。

回数 / セット数

30~60秒×3セット

まとめ

・背中を反らないようにし、正しい姿勢でおこなう。
・体幹を意識し、身体が揺れないようにする。
・腹筋に力を入れて体幹を支える。

腹筋を鍛えるだけでなく、身体のバランスもよくすることができます。

Thumbnail 9791c531 70cd 4589 a59b 8e04327ecb50

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!