ダイエットのポイントは食事の時間!?8時間ダイエットとは
Updated: 2017/04/24 01:13
効果 食事 8時間

ダイエットのポイントは食事の時間!?8時間ダイエットとは

今までにとても多くのダイエット方法が紹介されていますが、今回は食事のタイミングをある8時間に制限するという作業でダイエット効果を目指す、8時間ダイエットを紹介します。時間制限をするダイエットのため、食事制限に失敗し続けている人でも取り組みやすいのではないでしょうか。

シェア ツイート はてブ

8時間ダイエットってなに??

8時間ダイエットとは、24時間のうちで1日分の食事をとる時間を8時間のうちに制限し、その他の16時間を断食状態にすることでダイエット効果を期待するダイエット法です。

例えば朝9:00に最初の食事を摂ったら食事をしていいのは8時間後の17:00まで。朝10:00に最初の食事をしたら18:00まで、といった時間の管理だけをする非常にシンプルな方法です。

夕食の時間が早くなるため、早く寝るようになったり、時間の規則が正しい生活になり、ダイエット効果だけではなく生活習慣の改善による健康増進効果にも期待ができるダイエットです。

人はダラダラものを食べ続けていると食べたものを消化しきれずに脂肪として蓄えられてしまうと言われていますが、この方法では16時間の断食時間ができその時間に消化がしっかり行われ、エネルギーを生み出すのに脂肪が燃焼されるためにダイエット効果が期待されます。

8時間以内に収めるのが難しい場合には10時間で行うこともできます。あくまで自分の生活リズムの中で無理のないように行いましょう。

8時間ダイエットで得られる効果

8時間ダイエットでは様々な効果が期待できます。食事は起きている間にしっかり消化されて脂肪が蓄積するのを防ぐのに加え、断食状態が日々繰り返されることで脂肪の燃焼や蓄積予防効果が見られ日に日に体が痩せやすい体質になります。

さらに胃や腸などの消化器官が消化をする時間が少なくなるため、それらの臓器を休ませることができます。また、脂肪を燃焼して生み出したエネルギーが消化に使われなくなる代わりに排泄や代謝に使われるようになります。

例えば、消化しきった後の消化器官は消化するものがなく空腹感を感じますが、この時消化器官が運動をします。この運動により排泄物が動き押し出される形で体外に排泄されていきます。このように排泄すべきものをしっかり排泄してくれるので便秘の解消につながります。

そして空腹感を感じて夜早く寝るようになり朝方の生活をするようになることで交感神経が優位な状態になり基礎代謝が上がることでさらなるダイエット効果が見込めます。つまり、時間設定は早めの8時間に設定することが望ましいですね。

交感神経について、詳しくは『謎多き存在、『自律神経』 その正体とは!?』をご覧ください。

より効果を得るためのオススメ

まずは、体のリズムを一定にするために決まった時間帯を設定しましょう。これがこのダイエットの軸になります。

そして、そこに20分程度の有酸素運動やパワーフードの摂取を組み合わせます。ウォーキングやランニングなどの有酸素運動には脂肪燃焼効果があるため、断食時間の中に有酸素運動を取り入れることでさらなる脂肪燃焼効果によるダイエット効果が期待できます。

外に出ずに行いたい場合はストレッチや昇降運動、ラジオ体操なども有効です。

またダイエット効果の高いパワーフードを摂取することも有効とされています。
①鶏肉・卵・魚・赤身の肉
②くるみ・アーモンド・ピスタチオなどのナッツ類
③ヨーグルト・低脂肪牛乳・チーズなどの乳製品
④枝豆・ピーナッツ・カシューナッツ・インゲン豆・黒豆などの豆類
⑤ラズベリー・ブルーベリー・イチゴなどのベリー類
⑥リンゴ・オレンジなどの果物
⑦ほうれん草・ブロッコリー・ピーマンなどの緑黄色野菜
⑧玄米・全粒粉パンやパスタ・シリアル・オートミール

これらのうち1日に各1種類ずつを食事に取り入れることが理想ですが、難しい場合は意識的に何かをとっていくことをオススメします。

16時間を上手に乗り切ろう!!

断食状態の16時間を過ごすことは初めは大変かもしれませんが、この16時間をどう過ごすかがダイエットの結果に直結します。紹介する中から自分に合うものを探して実行してみてください。

まず、このダイエットでは飲み物は糖分の高いものでなければ飲むことを推奨しているので、こまめに飲み物を飲んで断食をしている感じをまぎらわすといいでしょう。特にお勧めな飲み物は白湯です。

手軽に用意できる上に白湯にはそれ自体にダイエット効果がみられます。次に早く寝ることです。朝方の習慣をつけるためにもお腹が空いて眠れなくなる前に寝てしまいましょう。軽く有酸素運動をするのもおすすめです。気分転換になり、前述したようにダイエット効果を高めることができます。

最後にお勧めするのがアロマや入浴です。アロマや入浴にはリラックス効果があり、断食すると感じがちなストレスやイライラを和らげることができます。柑橘系の香りを嗅ぐことや入浴には食欲を抑える効果があるとされています。このようにして16時間の断食を上手に乗り切りましょう。

8時間ダイエットの注意点

既にご紹介したように、このダイエットでは水分補給が推奨さてれいます。1日1.5〜2.0Lを目安に糖分の入っていない飲み物でしっかりと水分を補給しましょう。水分が不足すると便秘がちになったり太ったりむくみやすくなってしまう恐れがあります。

そして食事の栄養バランスをしっかりと考え、適量の食事を摂るように心がけましょう。8時間のうちならどれだけ食べてもいいというわけではなく、8時間のうちに適切な食事を適切量食べるということが重要です。

また、アルコールを飲むことも可能ですがアルコール飲料には以外と多くの糖分が含まれているためにあまり多くの量を飲むことはおすすめできません。ただの砂糖ではなく日本酒や焼酎など米や芋からできているお酒も要注意です。

ダイエット中でも低糖質でカロリーの低いお酒は『ダイエット中でも我慢しない!カロリーを抑えて楽しく飲酒するための代替食品とは?』に紹介しています。

8時間ダイエットの効果はさまざま

8時間ダイエットについて紹介しました。いかがでしたか?

ダイエット効果が見込めるだけでなく、普段の生活習慣や体質の改善効果も期待出来るので継続的な健康を手にいれることができるでしょう。地道な努力が必要なダイエットではありますが得られる効果はとても大きなものだと思います。ぜひ健康的な体と生活を手に入れてください。

Thumbnail a722ac5b 1cad 4a21 9c46 9f374a1affe7

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!