酵素ダイエットとは何か?効果はあるの?

編集部

酵素ダイエットってよく耳にしますが、酵素って何ですか?

Yuta(長谷川 祐太) 監修トレーナーからアドバイス

ヨガインストラクター、操体法施術者、マッサージセラピスト。ヨガ歴15年以上。ヨガ指導歴5年以上。マッサージセラピスト歴5年以上。 日本、オセアニア、インドにてハタヨガ、シヴァナンダヨガ、沖ヨガを主に学び、TTCを修了。インドにてアーユルヴェーダマッサージの修了証、タイにてタイ古式マッサージの修了証、日本にて操体法の修了証を取得。東洋医学、栄養医学を基にしたライフスタイルアドバイスも行う。

Thumbnail 0b3f0666 cbe1 479b a374 44cff4bdc18d

はい、まずは酵素の働きについて解説します。

酵素とは、代謝を含め人間の生命活動のほとんど全てに関わる働きを行う、生きていく上で不可欠なものです。生きた細胞の中で作られるたんぱく質の一種であり、体内にも存在しているのです。

しかし体内の酵素は加齢とともに減少していってしまうので、基礎代謝が低下し痩せにくい体になってしまいます。
そこで体内の酵素を補ったり活性化したりすることで、痩せやすい体を維持しながら行うダイエットのことを「酵素ダイエット」と呼んでいます。

酵素は生きているもの全てに存在しています。
野菜や果物にも食物酵素と呼ばれるものが含まれていて、酵素ダイエットにおいで大切なのはこの植物の生酵素です。

植物の食物酵素は熱を加えると壊れてしまう特徴があるので、生のまま摂取する必要があります。

また、食物酵素は基本的には体に入ると消化されてしまい、そのまま体内でも酵素となって働くわけではないのですが、生野菜や発酵食品は、体内で消化される直前まで素材そのものの栄養素を増やすことができます。ダイエットに効果的な食物繊維も摂取することができます。

体内の酵素を増やしたり活性化させるためには、たんぱく質や食物繊維など、様々な栄養素をバランスよく摂取する必要があることも忘れないでください。

Yuta(長谷川 祐太) 監修トレーナーからアドバイス

ヨガインストラクター、操体法施術者、マッサージセラピスト。ヨガ歴15年以上。ヨガ指導歴5年以上。マッサージセラピスト歴5年以上。 日本、オセアニア、インドにてハタヨガ、シヴァナンダヨガ、沖ヨガを主に学び、TTCを修了。インドにてアーユルヴェーダマッサージの修了証、タイにてタイ古式マッサージの修了証、日本にて操体法の修了証を取得。東洋医学、栄養医学を基にしたライフスタイルアドバイスも行う。

Thumbnail 0b3f0666 cbe1 479b a374 44cff4bdc18d

もう少し詳しく解説していきましょう。

酵素ダイエットは、酵素を含む植物発酵エキスが代謝を高めることを最大限利用するものです。
食物酵素は食べたものの消化を助け、ビタミンやアミノ酸などの栄養を吸収しやすいよう分解します。この栄養素が、体内にある代謝酵素の働きに作用するのです。

代謝酵素とは、脂質や糖などを燃やすエンジンのような酵素で、体脂肪もその燃料になります。
ビタミンは補酵素としてその代謝酵素の働きを高めたり、アミノ酸は代謝酵素に燃やされる時に多くのカロリーを消費する性質があるので、酵素の摂取がダイエットにいいと言うことができます。

現在は様々な酵素サプリやドリンクなどが市販されています。
酵素サプリやドリンクは、植物を発酵させてこのアミノ酸や酵素を何倍にも増やし、原料の植物由来のビタミンと一緒に凝縮しています。手軽に始めるにはもってこいですね。


しかし実際には成分がどのくらい含まれているか確かではないものもありますので、普段の食事をまずは工夫し、その上でサプリやドリンクを摂取するのがいいでしょう。


酵素ダイエットの注意点

編集部

酵素ダイエット、やってみたいのですが注意することはありますか?

Yuta(長谷川 祐太) 監修トレーナーからアドバイス

ヨガインストラクター、操体法施術者、マッサージセラピスト。ヨガ歴15年以上。ヨガ指導歴5年以上。マッサージセラピスト歴5年以上。 日本、オセアニア、インドにてハタヨガ、シヴァナンダヨガ、沖ヨガを主に学び、TTCを修了。インドにてアーユルヴェーダマッサージの修了証、タイにてタイ古式マッサージの修了証、日本にて操体法の修了証を取得。東洋医学、栄養医学を基にしたライフスタイルアドバイスも行う。

Thumbnail 0b3f0666 cbe1 479b a374 44cff4bdc18d

やり方はとってもシンプルですが、注意点をお伝えしますね。

摂取カロリーを減らす

まず、ダイエットの基本ですが摂取カロリーを減らすことです。

摂取カロリーより消費カロリーが多ければ、脂肪は燃焼します。酵素ダイエットにおいても同じです。
基本的には普段の食事を置き換えることになりますので、生野菜や果物、ドリンクなどカロリーが低いものを摂取できるはずです。

ここで注意です。
酵素をたくさん含んだ食品を摂取したからといって、普段食べている脂っこいものや炭水化物を摂取してしまっては、カロリーオーバーになってしまいます。動物性食品でたんぱく質などの栄養素を摂取する場合は、調理方法を工夫しましょう。

適度な運動をする

消費カロリーを増やすにはやはり運動が一番です。きつい運動をする必要はありません。

普段車に乗るところを自転車に替えるとか、一駅分歩くとか、できることから取り組みましょう。適度な運動は便秘の解消にも繋がります。

便秘がちの方は、ヨガで腸を直接刺激するのもおすすめです。
基本的に、便通が悪い方はダイエットの効果が出にくいので、まずは便通を改善するところから始めましょう。

Yuta(長谷川 祐太) 監修トレーナーからアドバイス

ヨガインストラクター、操体法施術者、マッサージセラピスト。ヨガ歴15年以上。ヨガ指導歴5年以上。マッサージセラピスト歴5年以上。 日本、オセアニア、インドにてハタヨガ、シヴァナンダヨガ、沖ヨガを主に学び、TTCを修了。インドにてアーユルヴェーダマッサージの修了証、タイにてタイ古式マッサージの修了証、日本にて操体法の修了証を取得。東洋医学、栄養医学を基にしたライフスタイルアドバイスも行う。

Thumbnail 0b3f0666 cbe1 479b a374 44cff4bdc18d

以下の記事も参考にしてください。

食べる時間に気を付ける|夕食は早めに済ます

ダイエットに効果的な生活習慣は、朝型です。同じ分量を食べても、夜型のほうが太りやすくなってしまいます。

これは人間の代謝に関係があります。
特に午前中は排泄機能が高まる時間です。

まず、朝軽い運動やヨガなどをして排泄できてから、一日の最初の食事をとるとよいでしょう。フルーツを食べるだけでも満足感が得られますよ。便を全部出し切らなくても、食べたフルーツの酵素が排便を促してくれるので、便秘の方にもおすすめです。

お仕事の都合でどうしても夜型になってしまう方や、食事の時間が不規則になってしまう方は、できるだけ夜遅い時間には食べないことです。休憩時間などにドリンクを飲むなどして、睡眠に支障が出ないくらいの食事にしてみましょう。

付き合いなどで外食したり、たまに食べるグルメはストレスを溜めないためにも許しましょう。完璧を求めすぎると嫌になってしまいますからね。

継続は力なり

酵素ダイエットは、短期間では成果が得られないかもしれません。
体質はすぐに変わるものではないからです。3か月は続けてみましょう。
普段の食事を置き換えるだけなら、続けられるはずです。

また、体内の酵素は睡眠中に作られるので、睡眠不足もダイエットの敵です。さらに、ストレスがかかると活性酸素が生じ、その活性酸素を分解するのに体内の酵素が使われてしまいます。

過度なストレスは、ダイエットの敵でもあるのです。メンタル&フィジカル面でのストレス耐性を上げ、規則正しい生活を送ることで体内の酵素を最大限利用できることも覚えておいてください。

Yuta(長谷川 祐太) 監修トレーナーからアドバイス

ヨガインストラクター、操体法施術者、マッサージセラピスト。ヨガ歴15年以上。ヨガ指導歴5年以上。マッサージセラピスト歴5年以上。 日本、オセアニア、インドにてハタヨガ、シヴァナンダヨガ、沖ヨガを主に学び、TTCを修了。インドにてアーユルヴェーダマッサージの修了証、タイにてタイ古式マッサージの修了証、日本にて操体法の修了証を取得。東洋医学、栄養医学を基にしたライフスタイルアドバイスも行う。

Thumbnail 0b3f0666 cbe1 479b a374 44cff4bdc18d

次に、1週間集中的に行う断食と組み合わせるダイエット方法をお伝えします。

1週間の酵素+断食ダイエットの方法と効果

編集部

断食ができるかどうか自信がないのですが…

Yuta(長谷川 祐太) 監修トレーナーからアドバイス

ヨガインストラクター、操体法施術者、マッサージセラピスト。ヨガ歴15年以上。ヨガ指導歴5年以上。マッサージセラピスト歴5年以上。 日本、オセアニア、インドにてハタヨガ、シヴァナンダヨガ、沖ヨガを主に学び、TTCを修了。インドにてアーユルヴェーダマッサージの修了証、タイにてタイ古式マッサージの修了証、日本にて操体法の修了証を取得。東洋医学、栄養医学を基にしたライフスタイルアドバイスも行う。

Thumbnail 0b3f0666 cbe1 479b a374 44cff4bdc18d

全く食事をとらないわけではありません。誰でもできる方法を紹介します。

まず、1週間+2日で全部で9日間を、準備期間、断食本番、回復期間の3つに分けます。
準備期間と回復期間が短すぎると断食がうまくいかなかったり、リバウンドしやすくなったりするためです。

準備期間

いきなり断食に入ると空腹感に耐えられないため、少しずつ食べる量を減らしていきます。特にこの期間は急激に血糖値を上げる炭水化物を控えるようにしましょう。

朝食はフルーツ、昼食と夕食は生野菜や酵素ドリンク、サプリを適宜組み合わせます。

断食本番

3食ドリンクとサプリのみにします。固形物を取らないので、断食本来の目的である内臓を休めることができます。

仕事を休んだり活動を制限したりする必要はありません。むしろ忙しいほうが成功しやすいです。満腹の状態に比べ、仕事の能率が上がる利点もあります。

夕方運動をすることで、睡眠もとりやすくなります。

回復期間

準備期間と反対に、少しずつ食べる量を増やしていってOKです。

注意したいのは、いきなりドカ食いしないこと。内臓がビックリしてしまい体調不良に陥りやすいです。準備期間と同じくらいの食事にすると安心です。


「酵素+断食ダイエット」は、体が慣れてくると楽に行うことができるため、何度も試してみてください。普段から食事の内容を置き換えていればさらに楽になります。
前述したように、酵素の働きを活発にするには最低3ヶ月かかりますので、気長に取り組むほうがストレスが少ないです。

どうしても炭水化物を摂りたい方は、酵素玄米をおすすめします。

作り方はとっても簡単。
玄米と小豆を一緒に炊き、3日間炊飯器で保温するだけです。炊飯器が複数あったほうがいいですが、1日に1回混ぜるだけでいいので楽チンです。
ただ、美味しいし柔らかいので食べ過ぎないようにしてくださいね。

【あわせて読みたい】

Qa in article e9284469ffb1b68fca6cda59d711a7487c50bf3006fda5f7d953416cb4efa276
Thumbnail e68397c4 a1e8 46f1 93d5 e896f11f0dc8

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!