鍛えられる部位

三角筋、大胸筋鎖骨部、僧帽筋が鍛えられ、広く逞しい肩幅を作ることできます。

Qa in article e9284469ffb1b68fca6cda59d711a7487c50bf3006fda5f7d953416cb4efa276

意識する点

ダンベルを持ち、太ももの前に両腕を垂らした状態でスタートします。

大きな弧を描くように、肩の筋肉を使って、ゆっくりと肩の高さまで持ち上げます。
この動作を左右交互に繰り返します。

持ち上げた後は、勢いをつけず、ブレーキをかけながらゆっくり降ろします。

注意する点

肘を伸ばしきってしまうと、肘を痛める可能性があるので、少しだけ曲げた状態で行います。
また、ダンベルの重さで体が前にもっていかれないように、背筋をピンと伸ばし、胸を張りましょう。

回数 / セット数

左右10回ずつ、3セット

まとめ

・反動を使ってダンベルを持ち上げてしまうと、効果が半減するので、気をつける。
・三角筋を使っていることを意識してトレーニングを行う。
・動作中は、肘を軽く曲げ、背筋を伸ばす。

肩のみを集中的に鍛えるトレーニングは、他の体の部位を鍛え終わった後に行う方が、より効果的と言われています。筋肉のついたたくましい肩幅を手に入れて、理想のボディバランスを作り上げましょう。

Qa in article e9284469ffb1b68fca6cda59d711a7487c50bf3006fda5f7d953416cb4efa276
Thumbnail 58d49bd7 8ce4 4356 87da ee193145442e

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!