鍛えられる部位

腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋など、腹筋全体がまんべんなく鍛えられます。

意識する点

バランスボールを使ったフロントブリッジは、体重をボールに大きくかけるため、足が滑らない場所でおこなってください。バランスボールに両肘をついて、四つん這いになります。体がまっすぐになるように腹筋に力を入れて、ひじは90度に保つようにしましょう。

そのままの姿勢で30秒間キープします。辛くなってくると、腰が落ちてきます。このとき、無理に姿勢をキープしようとすると腰を痛めてしまうので注意しましょう。これを45秒〜1分程度のインターバルを置いて、3回おこないます。

注意する点

足が滑らないような場所でおこないましょう。腰が落ちてきたら、無理に姿勢をキープしようとすると腰を痛めてしまうので注意しましょう。

回数 / セット数

1回30秒×3セット

まとめ

・バランスボールを使ったフロントブリッジでは腹筋全体を鍛えることができる。
・体はまっすぐにして、ひじは90度をキープする。
・足が滑らない場所でおこない、姿勢がキープできないときは無理をしない。

ここまで、バランスボールを使ったフロントブリッジ(プランク)について解説してきました。フロントブリッジ(プランク)には、自重トレーニングのものもあります。バランスボールを使って姿勢をキープするのが難しい場合は、まずそちらから試してみてはいかがでしょうか。

Thumbnail c09460ec d8c8 4291 bbb9 af424415e054

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!