鍛えられる部位

ハムストリングスや大腿四頭筋、大臀筋が鍛えられることで引き締まったお尻や太ももが手に入ります。

意識する点

ベンチの前でつま先を外側に向けて脚を肩幅に広げ、背筋を伸ばし、床と平行に体の前で腕を組みます。
これがベンチ・スクワットのスタートポジションです。

ひざを曲げてゆっくりと上体を下ろします。この際、前傾姿勢でお尻を突き出す姿勢を意識しましょう。太もものハムストリングスや大腿四頭筋、お尻の大臀筋が鍛えられていることを意識しましょう。

ゆっくりと上体を元に戻します。

これがベンチ・スクワットの1動作です。動作中は終始背筋を伸ばし胸を張ります。
負荷をかけたい場合には、無理をしない重さのダンベルを持っておこなってください。

注意する点

上体を下ろしきった際、ひざがつま先よりも前に出てしまうとひざに負荷がかかり、痛めてしまう恐れがあります。ひざがつま先より前に出ないようにしましょう。

ひざが外に向いたり、内側に入ったりしないよう注意しましょう。また、上体の角度も前傾しすぎないようにしましょう。

回数 / セット数

10回×3セット

まとめ

・上体を下ろすのはお尻が下ろすすれすれまでだが、つらければ座ってもいい。
・負荷をかけたい場合にはダンベルで少しずつ負荷をかけていく。
・ひざに負担がかからないように、ひざがつま先よりも前に出ることを避ける。

太もものハムストリングスや大腿四頭筋、お尻の大臀筋を鍛得ることで、太ももやお尻の引き締めや太ももラインやヒップラインの維持向上ができるベンチ・スクワットを解説しました。ダンベルを用いて負荷をかけていくことも可能なので、ダンベルの重さを変えていくことで様々な方に適した筋トレです。

体の悩み解決ならパーソナルトレーニング

あなたの体の悩みを、パーソナルトレーナーに頼ってみませんか??

パーソナルトレーナーは体とトレーニングに関するプロフェッショナルです。 食事指導・運動指導を行い、あなたの目標を達成するまで1対1で真剣にサポートします。

Fitmo(フィットモ)では、数百ものパーソナルトレーニングジムと提携しており、あなたにあったベストなパーソナルトレーニングジムを紹介できます。

パーソナルトレーニングジムってどんなところがあるの?と少しでも興味を持った方は↓のリンクからLINEの友達登録をお願いします!

Line banner b96115868668a5870090b7791d41734ec935d212a6ce012ef9f81419b761b026
Thumbnail 362a76ac 33bc 4378 8311 243de5490a6f

この記事をお届けした
Fitmoの最新情報を
してチェックしよう!