ヨーグルトの効果とは?

編集部

「プチ断食にヨーグルト」などヨーグルトが何かとダイエットに活用されているイメージです。

高山 菜緒 監修トレーナーからアドバイス

日本赤十字社救急法救急員 健康運動実践指導者 オープンウォーターダイバー 一般社団法人ボディリラクゼーション従事者安全安心機構 全米ヨガアライアンス200

Thumbnail 87b05c60 832e 4f3a 87f7 9db69b0a6cb7

いいところに気が付きましたね!それではヨーグルトの効果について解説していきます。

編集部

お願いします!

ヨーグルトは身体にいいイメージがありますよね。ヨーグルトはお腹の調子を整え、便秘を改善する効果があります。またダイエットととしての効果もあります。便秘が改善された分体重が落ちて痩せるのか?もちろんその効果もありますがしっかりダイエット効果もあるのです。

ヨーグルトダイエットの効果

ヨーグルトには乳酸菌とカルシウムがたくさん含まれています。乳酸菌はみなさんご存知の方もいらっしゃると思いますが、乳酸菌を摂取することによって腸内環境が良くなり、糖質の代謝が上がったり血行もよくなって新陳代謝が向上するとされています。

乳酸菌を摂取することによって腸内の善玉菌を増やす効果もあり、太りにくい身体を作ることができます。また、ヨーグルトにはダイエットに大切なタンパク質も含まれているのでダイエットに関しては重要な食材といえます。

もうひとつのカルシウムはダイエットにどのような効果があるのかご存知ですか?カルシウムといえば骨や歯を作ったりするイメージですがダイエットにおいてもとても大切な栄養素です。

人の体内には約1kgのカルシウムが存在しています。そのほとんどが骨や歯にいますが、その中の660mgだけ血液や筋肉、脂肪の中にもいます。このわずか660mgのカルシウムがダイエットに影響してくると言われています。カルシウム不足で血液中のカルシウムが不足すると、脂肪の中にあるカルシウムを使って血液中のカルシウムを増やそうとします。この脂肪に蓄えられたカルシウムには、脂肪を合成させる酵素をたくさん出してしまうという働きがあるため脂肪がどんどん増えていき、太りやすい身体になってしまうのです。

ヨーグルトは内臓脂肪を減らす?

よくCMなどで様々なヨーグルトの乳酸菌の名前を聞くかと思いますが、乳酸菌もたくさんの種類があります。よく聞く種類としてはビフィズス菌やガセリ菌SP株、LG21乳酸菌やブルガリア菌などがあります。ビヒィズス菌が多いのはビヒダスBB536、ブルガリア菌が多いのは明治ブルガリアヨーグルトが有名です。この乳酸菌の中のガセリ菌SP株という種類が内臓脂肪を減らす乳酸菌です。

ガセリ菌SP株とは?

ガセリ菌とは、正式名称をラクトバチルス・ガセリといい、乳酸菌の一種になります。乳酸菌は酸に弱いことから腸に届く前に死滅してしまうものがほとんどですが、ガセリ菌は生きたまま腸に届く乳酸菌の1つであり、さらに長時間腸に留まることから、腸内で様々な効果が期待できると言われています。

ガセリ菌自体は、人の腸内に存在する善玉菌ですが、そのガセリ菌から分離培養したものを「SP株」と名づけたそうです。ガセリ菌SP株を摂取すると整腸作用、内臓脂肪蓄積の抑制、免疫系の活性化、ストレス軽減効果、コレステロール低下作用などの効果があります。

ガセリ菌SP株で内臓脂肪が減らせる理由

ガセリ菌SP株を使った実験や試験を行なった結果、ガセリ菌SP株を摂取したら内臓脂肪の脂肪細胞が縮小しているこ とが認められたそうです。簡単にまとめると脂肪が多い「肥満」状態とは、脂肪組織が炎症を起こしている状態です。この脂肪組織の炎症を抑えるのにガセリ菌SP株が働き、ガセリ菌SP株を摂ることで肥満が解消していくという事になります。なので内臓脂肪の蓄積を抑える効果にも繋がるのです。

ガセリ菌SP株が含まれるヨーグルト

ヨーグルトによって含まれる乳酸菌は違いますが、ガセリ菌SP株が含まれるヨーグルとはご存知ですか?ガセリ菌SP株が含まれるヨーグルトは雪印メグミルクの恵シリーズです。恵のヨーグルトを種類別にご紹介します。

雪印メグミルク ナチュレ恵


スーパーでよく見かけるのが「ナチュレ恵」というヨーグルト。容量400gでこの中にガセリ菌SP株5億以上、ビフィズス菌SP株10億以上が入っています。1日に食べる目安が100gなので、100gの栄養成分はカロリー63kcal、たんぱく質3.6g、脂質3.1g、炭水化物5.2gとなっています。カロリーも少なく、ダイエット中には嬉しいですね。また、ナチュレ恵には脂肪0の商品も売られています。脂肪分がきになる方にはこちらがおすすめです。


雪印メグミルク 恵ガセリ菌ヨーグルト ドリンクタイプ


こちらはドリンクタイプのヨーグルトです。コンビニでも売られているので毎日でも続けやすく手軽に摂取できます。ドリンクタイプは1本(100g)カロリー36kcal、たんぱく質3.3g、脂質0g、炭水化物5.5gとなっています。脂肪が0でガセリ菌SP株も10億入っています。


ガセリ菌SP株の摂取方法

ガセリ菌SP株のヨーグルトを摂取するときはいつ食べるのがいいのか?時間によって違いがあるのか?ヨーグルトを使ったダイエット方法をご紹介していきます。

ヨーグルトは朝摂るといい

ヨーグルトは朝食べるのが効果的です。さらに朝食前に摂取するのがおすすめのタイミングです。
朝は胃の中が空っぽ担っていて前日に食べたものはほとんど腸に行き、消化され栄養分は吸収されています。その際に吸収されなかった残りカスが大腸において便となり外へ出ていくのですが、この際の運動を「ぜんどう運動」と言い、最後の食事から時間が経過している朝が一番活発になる時間帯なのです。なので、いつ食べるのが効果的かという質問で朝という答えが出るのも、この運動をより活発にさせてくれ便秘解消にもつながります。

どれくらい食べるのがいいか

基本的には1日100gを目安に摂取しましょう。多く摂ったからといって効果が増大するわけではありません。多く取りすぎるとお腹が緩くなる可能性もありますので100gを目安に摂取しましょう。

どれくらい続けると効果がある?

研究や口コミなどから約12週間ほど続けると効果が見られてくるそうです。3週間くらいですとあまり効果が分からないそうなので、長い期間続ける事によって効果も出やすくなると思います。

ガセリ菌SP株でダイエットを成功させよう

ヨーグルトに含まれるガセリ菌SP株の効果、お分かりいただけましたか?短期間では効果は見られにくいですが、スーパーやコンビニなどで手軽に買える商品なのでぜひ長期間続けて、効果を実感して見てください。

・ヨーグルトは乳酸菌とカルシウムが多く含まれる
・乳酸菌は腸内環境をよくして便秘の改善に繋がる
・タンパク質も含まれているのでダイエット向きの食材である
・カルシウム不足になると脂肪に蓄えられたカルシウムが使われ、脂肪を合成させる酵素が出てしまうので太りやすくなる
・内臓脂肪を減らす乳酸菌はガセリ菌SP株という種類
・腸に生きたまま届く乳酸菌の1種
・ガセリ菌SP株は死滅しにくいので腸内で様々な効果が期待できる
・内臓脂肪を減らす以外にもコレステロールの低下作用やストレス軽減の効果も見られる
・ガセリ菌SP株が含まれるヨーグルトは雪印メグミルクの恵シリーズ
・食べるタイプとドリンクタイプがある
・スーパーやコンビニで手軽に買える
・摂取する時間は九州されやすい朝食前がおすすめ
・1日100gを目安に摂取する
・12週間ほど続ける事によって効果が見られやすい
・食べ過ぎるとお腹が緩くなったりするので摂取する量には注意する

【あわせて読みたい】

Qa in article e9284469ffb1b68fca6cda59d711a7487c50bf3006fda5f7d953416cb4efa276
Thumbnail 5cc5745d 0761 4555 a1d9 608ec1ab564b

この記事をお届けした
Fitmoの最新情報を
してチェックしよう!