鍛えられる部位

大腿四頭筋、ハムストリングス、大臀筋を鍛えて、引き締まった下半身になります。

意識する点

まず、腕でバランスを取ったり、反動をつけたりしないように、手を胸の前でクロスします。脚は肩幅、もしくは肩幅よりやや開いた程度に置きます。これがスタートポジションになります。

この状態から、ゆっくりと腰を落としていきます。このとき、ひざが内側に入ってしまう場合があるので、ひざとつま先が同じ方向を向くように意識しておこないましょう。

ゆっくりと、太ももと床が並行になるくらいまで腰を落としたら、スタートポジションまで体をゆっくり起こしていきます。

つま先に体重が乗ってひざが前に出てしまったり、お腹の力が抜けて背中が曲がってしまうことに注意しておこないましょう。自分のすぐ後ろにイスがあって、そのイスに座るようなイメージでおこなうと、良いフォームをキープしやすくなります。

注意する点

腰を落としたときに、ひざがつま先より前に出てしまうと、ひざを痛める場合があります。また、腹筋に力を入れておこなわないと、背中が曲がり、腰を痛める原因にもなりますので、注意してください。

回数 / セット数

10回、3セット

まとめ

・手でバランスを取ったり、反動をつけたりしないようにする。
・ひざとつま先が同じ方向を向くよう意識する。
・腰を落とした際にひざが前に出たり、背中が曲がったりしないようにする。

ここまで、スクワットについて解説してきました。太ももは、体の中で最も大きな筋肉のひとつです。そのため、ここを鍛えることによって、脂肪の燃焼率が上がって、痩せやすく太りにくい体を作ることができます。

Thumbnail fe441cca 8286 45a6 9ef8 e46692929c6a

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!