鍛えられる部位

前脛骨筋が鍛えられることで、歩行を支える力になります。

意識する点

脚を肩幅に開いて、背筋を伸ばしてまっすぐ立ちます。
これがトウ・レイズのスタートポジションです。

つま先をゆっくり上げます。つま先はできるだけ高く上げ、すねの外側にある前脛骨筋に効いていることを意識しましょう。

ゆっくりつま先を下ろします。
これがトウ・レイズの1動作です。

体がふらついてしまう場合は、壁に手をついておこないましょう。

注意する点

体が前に倒れてしまうと効果が減少してしまうので、倒れないようにうまくバランスをとるか、どうしてもふらつく場合には壁に手をついておこないましょう。

回数 / セット数

15回×3セット

まとめ

・つま先は高く上げるほど効果が高い。
・ふらつく場合には壁に手をついておこなう。
・効果が減少してしまうため、状態が前に倒れないようにする。
・後方体重になりやすいので重心を真ん中で保つ。

すねの筋肉であるひざ下の前脛骨筋を鍛えてひざ下のスタイルアップを目指すトウ・レイズを解説しました。どこでもできる筋トレのため、ぜひやってみてください。

体の悩み解決ならパーソナルトレーニング

あなたの体の悩みを、パーソナルトレーナーに頼ってみませんか??

パーソナルトレーナーは体とトレーニングに関するプロフェッショナルです。 食事指導・運動指導を行い、あなたの目標を達成するまで1対1で真剣にサポートします。

Fitmo(フィットモ)では、数百ものパーソナルトレーニングジムと提携しており、あなたにあったベストなパーソナルトレーニングジムを紹介できます。

パーソナルトレーニングジムってどんなところがあるの?と少しでも興味を持った方は↓のリンクからLINEの友達登録をお願いします!

Line banner b96115868668a5870090b7791d41734ec935d212a6ce012ef9f81419b761b026
Thumbnail a50ab0b6 cfa3 4b45 8f15 1f0e98e81b7f

この記事をお届けした
Fitmoの最新情報を
してチェックしよう!