鍛えられる部位

中臀筋、小臀筋がきたえられ、ヒップアップや骨盤矯正に繋がります

意識する点

両ひざと手のひらを床につき、四つん這いの姿勢をとります。その際、背中が丸まりすぎたり、反りすぎたりしないようにしましょう。

その体勢から、足を横に引き上げます。お尻側面上部の筋肉が使われていることを意識し、ゆっくりと持ち上げます。腰は固定し、股関節のみを使います。足の付け根を動かしているイメージです。

上半身はぶれないように注意しましょう。斜めになってしまうと、効果が半減します。

注意する点

体が硬い人は、なかなか上まであげることが難しいかもしれませんが、無理をして上げすぎる必要はありません。怪我をする恐れや、フォームが崩れることにより、効果が薄れてしまいます。

背中が丸まらないように注意しながらおこないましょう。

回数 / セット数

左右各10回×3セット

まとめ

・お尻の上部の筋肉が使われていることを意識し、股関節のみを使って足を持ち上げる。
・上半身はまっすぐに伸ばした状態をキープする。
・無理して足を上げすぎると、怪我に繋がる恐れがあるので注意。

普段意識しない筋肉を使う上、体が硬い人にとっては、かなり負荷のかかるトレーニングです。無理せず、自分ができる限界の負荷で行いましょう。

Thumbnail 7bb0fa61 bcbb 4956 8bfc 593f298717f2

この記事をお届けした
Fitmoの最新情報を
してチェックしよう!