鍛えられる部位

上腕二頭筋が鍛えられ、腕が太くなります。

意識する点

肩幅に開いた足で、チューブの中心を踏みます。チューブの両端を持って、背筋を伸ばしましょう。これがスタートポジションになります。

背筋を伸ばしたまま、上腕二頭筋を意識しながら腕を肩の高さまで上げていきます。このとき、ひじは固定して、両脇を締めておこないます。また、上半身で反動をつけたり、肩の力を使ってチューブを引き上げると、負荷が分散してしまうので注意しましょう。

これを10回、3セットおこないます。負荷が高すぎるとひじを痛める可能性があるので、はじめは低めの負荷からおこないましょう。

注意する点

負荷が高すぎるとひじを痛める可能性があるので、はじめは低めの負荷からおこないましょう。また、腕を上げすぎると肩やひじを痛める可能性があるので、注意しましょう。

回数 / セット数

10回、3セット

まとめ

・チューブを使ったアームカールでは上腕二頭筋を鍛えられる。
・チューブを引くときは、ひじは固定して、両脇を締めておこなう。
・上半身で反動をつけたり、肩の力を使ってチューブを引き上げると、負荷が分散してしまう。

ここまで、チューブを使ったアームカールについて解説してきました。腕は自由に動かせる分、筋トレではきちんとしたフォームでおこなわないと、負荷が別な部位に分散してしまうので注意しましょう。

Thumbnail f3a8dc0b b245 40fa 91f7 02b1519c719a

この記事をお届けした
Fitmoの最新情報を
してチェックしよう!