ソイプロテインは大豆を原料としたプロテイン!

ソイプロテインはその名の通り、「ソイ=大豆」を原料としたプロテインです。タンパク質が豊富な食品として知られる大豆は、植物性のタンパク質を含んでいます。

そのため、動物性のタンパク質と比較すると吸収に時間がかかってしまう傾向にありますが、その分、体内での効果が長く続くと考えられています。

吸収が遅い点がデメリットとされているものの、吸収が早いプロテインだと、余分なエネルギーが脂肪になる可能性も否めません。ハードなトレーニングを行う人よりも、ゆっくりと時間をかけてトレーニングを行う、ダイエット中の女性や健康維持を目的としている人から人気が高いプロテインです。

ソイプロテインの効果や恐るべき大豆のパワーとは?

ソイプロテインの原料となる大豆は、皆さんご存知の通り、カラダや美容に嬉しい成分が多く含まれています。いちばんポピュラーな成分として大豆イソフラボンがありますが、どんな成分がどんな効果を期待できるのか、早速見てみましょう。

大豆イソフラボン

大豆に含まれているポリフェノールの一種、イソフラボンは女性ホルモンと似ている働きがあります。

イソフラボンはエストロゲンというホルモン分泌を促すことから、加齢とともにエストロゲンが減少することによって起こる更年期障害を予防できるのではないか?と期待されています。

また、エストロゲンの減少はコラーゲンが低下してしまう原因にもなりかねないので、いつまでも若々しいお肌を保ちたい人にもおすすめです。

サポニン

コレステロール値を低下させる働きがあるため、肥満予防としても期待されているサポニンは、強い抗酸化作用を持っています。

体内の細胞が活性酸素により酸化してしまうことで老化が起こりますが、抗酸化作用は老化の原因となる活性酵素を抑える働きがあります。

女性らしいカラダを作るなら、男性は飲まない方がいいの?

女性らしいカラダ作りをサポートする大豆を原料としているソイプロテインですが、「女性らしいカラダを作るならば、男性は控えた方がいいのでは?」と思ってしまいますよね。

しかし、そんな心配はありません。あくまでホルモンバランスを整える働きがあるから、女性は女性らしいカラダ作りをサポートできるだけであって、男性がソイプロテインを摂取したからといって、女性らしいカラダになってしまうということはないのです。

逆に大豆に含まれているホルモンバランスを整える働きで、男性ホルモンの過剰分泌を整える効果が期待でき、薄毛の予防につながると考えられています。

ただ、大豆がカラダに良いからといって、摂取量を守らず過剰に摂取してしまうと逆効果。かえってホルモンバランスを乱す可能性もあります。ソイプロテインに限らず、どんなプロテインでも摂取量を守りましょう。

また、ホルモンバランスが変化しやすい妊娠中や授乳中の方、乳幼児は自己判断での摂取をおすすめしません。必ず医者など、専門家と相談しましょう。

プロテインの種類は豊富!自分の目的に合わせて選ぼう!

スタンダードなプロテインといえば、「ホエイプロテイン」ですが、ソイプロテインはホエイプロテインと比較して商品が豊富ではありません。しかしながら、ホエイプロテインよりソイプロテインの方が満腹感を得られやすいことから、ダイエットに向いていると考えられています。

男性が摂取するイメージが強いプロテインですが、最近では女性向けのプロテインも多く登場しています。プロテインは筋肉を増加させる物と思われがちですが、あくまでトレーニングやカラダ作りのサポート的な役割をするものです。飲んだから筋肉が増える、痩せるという訳ではありません。

自分の運動量や目的に合わせて、どのプロテインが合っているのかリサーチしてみましょう。

おすすめのプロテインを以下の記事に紹介しています。ぜひ参考にしてください。

ホエイプロテインについて詳しくは『大きくて強い筋肉を作りたい人におすすめしたい!ホエイプロテインの効果と特徴』で詳しく紹介していますので、プロテイン選びの参考にしてみて下さい。

Thumbnail b637f956 675f 47d5 92e1 148169de38b4

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!