鍛えられる部位

腹筋下部、腸腰筋が鍛えられ、スラリとした姿勢やウエストの曲線美が手に入ります。

意識する点

バランスボールにひざ下を乗せた状態で腕立ての姿勢を取り、腕をピンと伸ばします。
脚をボールに乗せる際には、足首がボールから少しはみ出るようにします。

この状態からひざを胸に近づけるイメージで体を丸め、ボールを頭方向、脚方向へと交互に動かしていきます。
体が蛇行したり、グラついたりしては意味がありません。スピードよりも体のバランスを取ることに集中し、体とボールが直線のラインを描くように一つ一つの動作を丁寧におこなうようにします。また、動作中は常に大腰筋が収縮していることを意識しましょう。

注意する点

腹部の引き締めを目指す方は無理をせず一日置きからはじめ、慣れてきたら毎日行うようにしましょう。

ボールに足を乗せるのでバランスを崩さないよう気をつけましょう。

回数 / セット数

10回×3セット

まとめ

・体を丸めるときはひざを胸に近づけるイメージでおこなう。
・脚をバランスボールに乗せる際には、足首が少しはみ出るようにする。
・動作中は肘や背筋を曲げないようにする。
・体とボールが直線のラインを描くようにバランスを意識しながら体を動かす。

Thumbnail 6ae7f28f 9eab 41ad bef0 e792a63f6aa2

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!