食生活アドバイザーとは?

食への関心が高まっている中、「食生活アドバイザー」という資格を取得する人が増えてきました。

タレントのローラも取得したことで話題となった「食生活アドバイザー」は、栄養素の働き、健康と食事に関わる知識はもちろんのこと、衛生管理や食文化、マーケットや食を取り巻く法律や消費社会、食品学など幅広い視点から、食にまつわる知識を持った人が「食生活アドバイザー」となれます。まさに食生活アドバイザーは食生活のプロフェッショナルというわけなのです。

食生活アドバイザーはどんな場面で活用できる資格?

1999年に検定試験がスタートした「食生活アドバイザー」の資格は、自分や家族のために食事の栄養バランスを考慮できるようになれるだけでなく、飲食や販売現場、医療福祉、流通や生産現場、教育など食にまつわる幅広い分野で活用できます。

食への意識が高まり続けているので、もっと多くの分野で求めらる資格になるのでは?と憶測されています。食の栄養素やバランスはもちろんのこと、食事マナーやエチケット、食中毒の原因や食の安全などの知識も付けれることから、どんな分野でも知識を生かし、提案できる能力を養うことができます。

食生活アドバイザーの資格を取得するには?

食生活アドバイザーは、FLAネットワーク協会が主催する民間資格で、特別な受験資格はありません。

毎年7月と11月に試験が開催されており、全国各地に受験会場が用意されています。3級と2級があり、3級はマークシート、2級はマークシートと記述の形式で試験を行っています。90分の試験時間で、3級と2級では試験開始時間も異なるため、併願受験もできます。

受験までの流れとしては

1.食生活アドバイザーの検定事務局に願書を請求する
2.願書を受け取り、専用の用紙に必要事項を記入する
3.受験料を振り込む
4.受験会場の地図が記載された受験票が送られる
5.受験票、その他必要な持ち物を持って試験

という流れになります。必ず受験料を期日までに振り込むようにしましょう。

資格取得に費用は?どうやって勉強するの?

資格試験を受けるための費用は、3級が4,700円、2級が7,300円、3級と2級併願の場合は12,000円となっています。

資格を取得するための勉強方法はひとそれぞれで、販売されているテキストを購入して独学で勉強する人もいれば、通信講座を利用して勉強する人もいます。

通信講座の場合、3万円~5万円ほど費用がかかります。また、主催者のFLAネットワーク協会が開催している食生活アドバイザー対策講座もあります。自分に合った勉強方法や予算で判断しましょう。食生活アドバイザーのテキスト本は、試験終了後も実生活で役立てることができますよ。

食生活アドバイザーだけじゃない!食にまつわる資格がたくさん!

食生活アドバイザーの他にも、食に関する資格はたくさんあります。

・家庭料理技術検定
・食品冷凍技工士
・野菜ソムリエ ジュニア野菜ソムリエ
・バリスタ資格 レベル1
・健康食品コーディネーター
・オーガニックコーディネーター中級
・和食検定 基本1~2級
・食品衛生管理者
・食品衛生責任者
・フードアナリスト

上記の資格については受験資格なしで試験を受けることができます。また、食事を美しく見せる「フードコーディネーター」は中学卒業以上が受験資格となりますし、マクロビオテックなど食学にまつわる「食学士」は18歳以上であれば受験することができます。

「食」の資格は様々な場面で役立つ

私たちの生活の中で欠かすことのできない「食」の資格を所持することで、様々な仕事に生かすことができます。

飲食店や製造業だけでなくスーパーの販売員や、教育や医療のシーンでも今後需要が高まってくるのでは?と言われているため、あなたもぜひ、食の資格取得に挑戦してみてはいかがでしょうか。

Thumbnail 9a722d06 7264 4a9d 9193 462d4b7c7704

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!