鍛えられる部位

広背筋が鍛えられ、後ろ姿がたくましくなります。

意識する点

まず、床に座って足を伸ばします。足の裏からチューブを回して、両端を持ちます。背筋はまっすぐに伸ばして、ゆっくりチューブを引いていきます。

胸を張って、ひじが体の後ろにくるまで腕を引きます。脇をしっかりと締めておこないましょう。肩甲骨を寄せるようにしてこないましょう。

腕を戻すときは急に戻さず、チューブに逆らうようにゆっくりと戻します。これを10回、3セットおこないましょう。

注意する点

腕を引くとき背中が曲がっていると、腰を痛める可能性があるので注意しましょう。また、体重をかけてチューブを伸ばしても、広背筋が鍛えられないので背筋は床と垂直をキープしましょう。

回数 / セット数

10回×3セット

まとめ

・チューブローイングはチューブを使って広背筋を鍛えるトレーニング。
・チューブを引くときは背中を曲げず、ひじが体の後ろにくるところまで。
・腕を戻すときは、チューブに逆らってゆっくりと戻す。

Thumbnail 930d8712 af28 4e7d a023 c1c23e38ae38

この記事をお届けした
Fitmoの最新情報を
してチェックしよう!