水泳ダイエットに効果があることは分かっているけれど...

水泳がダイエットに効果があることなんて、色々なメディアで取り上げられているし、雑誌でも見たことがある。そんなことは分かっているんだけれども、私は泳げないんだ!そう考えている人は、水泳ダイエット=クロールや平泳ぎだと思っていませんか?

もちろんそれらの運動はダイエットに大変効果が期待できる運動方法です。しかし、水泳ダイエットで効果があるのは泳ぐだけではありません。

水中と陸上でカロリー消費はどう違う?

水泳ダイエットについて詳しく見る前に、水中におけるダイエット効果についてみていきたいと思います。水中がダイエットに効果があると言われているのは、「消費カロリーの高さ」と、「体への負担の少なさ」の2点が大きいと考えられます。

陸上で手足を動かそうとするとすんなりと動くのですが、水中では思ったように動かすことが出来ない。これを水の「抵抗」と言います。抵抗が大きいということはつまり、水中では手足を動かす際に余分な力が必要だという事です。

私たちが陸上で体を動かすのと同じように水中で動かすだけで、陸上よりも多くのカロリーを消費していきます。そのため、ただ歩くという動作だけでも、水中で行うとより効果的にカロリーの消費が可能になるのです。

水中の方が体の負担が少ないというのは本当?

水中には空気中にない「浮力」という力があります。水中に入ると浮いてしまうのはこの力が働いているからです。浮力の力が働くと、膝や腰などの間接に掛かる体重がぐんと少なくなると言われています。

そのため、膝や腰を痛めている人や、長時間の運動に制限がかかっている人でも、水中であれば楽に運動をすることが出来ます。

泳げないあなたにお勧めの水泳ダイエット方法とは?

水中でのダイエットには高い効果が期待されることが分かりましたね。先に述べたように、水中のダイエットは、普通の動作をするだけでも陸上での運動より多くのカロリーを消費することが出来ます。

そしてダイエットに大切なことは継続することです。そんなあなたにお勧めな運動方法は「水中歩行」です。

水中歩行とは、その名の水中で通り歩くこと。もちろん、水の中を歩くだけでもカロリーは消費されますが、効果を上げるためには歩く姿勢がとても大切になります。天井から真っ直ぐ吊るされるようなイメージでお腹を股関節の上に乗るように姿勢を正して足を真っ直ぐ前に踏み出すようにしてみましょう。

カロリー消費は水深とも深く関連があります。水深が深くなると、体が水に当たる面積が大きくなるので、より抵抗が強くなります。それに逆らって歩くことになるため、深ければ深い方が全身の運動量が増えていきます。同じ時間の歩行で効率よくカロリーを消費しようと思ったら、水深が深いところでの歩行をお勧めします。

色々な方法がある!水中歩行のあれこれ

水中歩行には色々な方法があります。その一部をご紹介させていただきます。

大股歩行

水中で歩く際に一歩一歩をしっかりと踏み出す形での歩行になります。浮力で体が浮いてしまいますが、浮かないように注意しながら歩き進めてみてください。

膝上げ歩行

足を踏み出した時に、膝をお腹にくっつけるように高く振り上げた歩行になります。腕をしっかりと振ってバランスを取るようにしましょう。股関節を強化することが出来ます。 応用編に膝回し歩行があります。これは振り上げた膝を90度外に開くような形で歩行をする方法です。ウエストをひねる形になるので、ウエストを絞ることが出来ます。

横歩き

進行方向に対して横を向いて、蟹のように歩く方法です。お尻の筋肉や下半身を鍛えることが出来ます。

水中歩行でも十分なダイエット効果を実感することが出来ます

泳げない人でも、正しいフォームで水中歩行をすることで、十分なダイエット効果を期待することが出来ます。

運動開始から20分間は脂肪よりも糖の燃焼が優先されるため、より効率的に脂肪を燃焼させるためには20分以上継続して行うことが推奨されます。しかし、運動開始直後でも脂肪の燃焼は始まっているので、短い時間だったから全く効果がないというわけではありません。

何よりも大事なのは、一回に行った時間よりも、継続して行った日数です。一日目は頑張って長時間やってみたけど、疲れのあまり翌日から全く続かなかったのでは意味がありません。自分が続けられるペースで構いませんので、週3日以上を目安に継続してみて下さい。

水中歩行だけでなく、泳ぎも取り入れてさらにダイエット効果を上げたいという方は以下の記事をぜひ参考にしてください。

<あわせて読みたい>

Thumbnail 86ec2c88 9858 4c47 80cd a4938dc7963b

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!