Updated: 2016/12/15 01:06
うつ病 運動不足 心の病気 原因

本当に怖い!?運動不足による心の病気とは

「運動不足が心の病気を引き起こす」という事をご存知でしょうか? ダイエットや体型改善の為に運動を始める人は多くいます。しかし「心の健康を保つ」という理由ではじめる人は残念ながらほとんどいません。ここでは運動不足が心の病気を引き起こす理由と対策を紹介します。

シェア ツイート はてブ

精神的な不調は、運動不足が原因!?

「運動不足が心の病気を引き起こす」と聞いても、ピンとこない人が多いかと思います。しかし、脳の動きと身体の動きは密接に繋がっています。場合によっては運動不足が精神的な不調の原因にもなりえるのです。

運動は肥満や生活習慣病の改善に効果的なだけでなく、心の病気を予防する事も出来ます。精神状態が整えられると、仕事の効率や生活のリズムも良い方向へと改善されていきます。逆に言うと、健康な精神状態の人でも運動不足によって心の病気が発症してしまう可能性もあると言うことです。

サラリーマンの生活がいかに精神状態を狂わす危険があるのか、以下の記事をご覧ください。

運動不足が精神状態を崩すメカニズム

運動不足が精神状態に悪影響な理由は、脳内物質のセロトニンが不足するためです。

セロトニンは精神の安定を担う脳内物質であり、これが十分に分泌されることで心が安定し、精神的な健康を維持出来ます。運動不足だとセロトニンが分泌されない為、不安や悲しみといったストレスを感じやすくなり、常にストレス過多の状態に陥ります。さらに睡眠の質も悪くなるため、睡眠不足に陥り疲れも回復できなくなります。

また、運動不足では身体の血行も悪くなり、新陳代謝が衰えます。こうなると脳の活動にも影響を与え、ますますストレスを感じやすくなるのです。知ってのとおり、ストレスは精神疾患の大きな原因です。運動不足によって身体がストレスを感じやすくなり、常にストレスを受け続けるので精神状態が乱れてしまいます。

運動不足がうつ病の発症リスクを高める!

心の病気と聞くと、「うつ病」を連想する人が多いでしょう。実はその通りで、運動不足の人はうつ病の発症リスクも高まってしまうのです。

運動不足だと自律神経が正常に働かなくなる為、ホルモンバランスを乱します。すると精神が不安定になり、無気力になったり落ち込みやすくなる……などの症状が出ます。前述したようにストレスも感じやすくなる為、悪化するとうつ病を発症してしまいます。

驚きの研究結果あり! 精神疾患の治療に運動が取り入れられている

確実に完治するわけではありませんが、実際に運動が精神疾患の治療に効果的だという研究結果も存在します。

1992年、ドイツのワイアラー博士がうつ病発症率とスポーツ活動との関係性を調査した所、以下のような結果が出ています。
「定期的にスポーツをしない人は、運動をする人よりも3.15倍うつ病にかかりやすかった」

1994年、アメリカのパッフェンバーガー博士の調査では、以下のようになっています。
「一週間で3時間以上の運動をした男性がうつになる危険性は、一時間以内しかしなかった男性よりも27%低かった」

さらに1999年 アメリカのジャームズ・ブルメンサル教授が、うつ病患者を「抗うつ薬の服用のみ」・「有酸素運動のみ」・「薬の服用と有酸素運動を両方行う」の3グループに分けて回復率を調べる実験を行った所、運動と薬の回復率はほぼ同じだったそうです。

最近では2001年、ドイツ・フリー大学のディミオ教授が「重度のうつ病患者12人(内5人は抗うつ薬が効かないような状態)に1日30分の有酸素運動を10日間続けてもらう」という実験をした所、6名が改善、2名がやや改善したという結果が出ています。

<関連記事>

有酸素運動が心の健康に良い

『運動が心の病気を治す』と言うといかにも精神論に聞こえますが、実際に運動が精神疾患の治療に効果的だという研究結果はいくつも出ています。もちろん確実に完治するわけではありませんが、運動はうつ病に効果的というのは確かな事実といえます。

では具体的にどんな運動が心の病気を防ぎ、精神の健康に効果的なのでしょうか?

一番はやはり有酸素運動です。ジョギングやウォーキングは一定のリズムで行う為、「リズム運動」と呼ばれているのですが、このリズム運動を行うことで、『セロトニン』を分泌させる事が出来ます。1日10分くらいの軽い運動を週に2~3回行う。これ位でも心の病気を防ぐには十分効果的です。

実際に適度にセロトニンを分泌させるために、どのくらいの運動をすれば良いかは、『運動不足はストレスを感じやすくなる!?ストレスを解消する運動法とは!』をご参照ください。

運動不足による心の病気にかかる前に対策を

いかがでしたか?
運動不足は肥満のみならず、心の病気を引き起こすリスクまであります。定期的な運動は身体だけでなく心を健康にしてくるんですね。

ダイエット目的で運動を始める人が多いですが、精神的な不安がある方も定期的な運動をしてみましょう。ストレスが解消される上に気分転換にもなるので、悩みを解決する良い方法が思い浮かぶこともあります。

メンタルのケアは本当に大切です。心の病気は外科治療で治すことが出来ず、投薬やカウンセリングでゆっくりと治療する以外に無いので非常に厄介です。

特にうつ病はかかってからでは遅いです。誰しもがかかる可能性のある病気であることから、「心の風邪」などと呼ばれますが、症状の重さや治療の難しさは風邪とは比べ物になりません。うつ病を完全治癒するのは難しく、人によっては一生付き合っていかなければならなくなるほど。心のインフルエンザといったほうが良いくらいです。

重度のうつ病になると、もはや運動をする気すら起きません。なのでかかる前の対策が重要です。日々の生活に疲れている人は、ぜひメンタルヘルスの為に運動を始めましょう。

<関連記事>