スポーツ医療学の観点から提供する上田高行トレーナーのパーソナルトレーニングとは?

Middle e7da6826 01d3 4a01 a15f 45c13feb9100

パーソナルトレーニングジムBiP飯田橋店の上田高行トレーナーにインタビューしました。

インタビューを受けた人
Middle 454b4174 18df 45d7 a6d7 8b1f9a5c32e0
上田高行トレーナー
高校の時にプロ野球のトレーナーに直接指導を受ける機会があり、それがきっかけでトレーナーを目指した。お客様に間違った知識を教えないために、日頃から積極的に論文や参考書を今でも勉強を続けている。
このトレーナーが所属しているジム


ー 上田トレーナーのご経歴を教えてください。

小学校から高校まで野球をやっていました。高校の時にプロ野球のトレーナーに直接指導を受ける機会があり、トレーナーの仕事の重要性に憧れ、トレーナーを目指しました。

周りで怪我や故障に苦しんでいる仲間がいたので、力になりたいと感じました。高校野球の現場には正しいトレーナーがいないので、しっかりした指導をつけるべきだと思います。

大学は帝京大学でスポーツの現場で働くための勉強をしました。専攻はスポーツ医療学科です。

スポーツ医療の観点は、パーソナルトレーニングに非常に役に立ちます。トレーナーとしての勉強より深い知識を持っていると自負しているので、ダイエットだけでなく、機能改善や肩こり・腰痛改善なども得意です。



ー 上田トレーナーのパーソナルトレーニングに対する考え方を教えてください。

トレーニングを難しいものだと思ってほしくないので、説明も頭でっかちにならないように、楽しくやってもらえるように雰囲気作りが重要だと思います。
とにかくトレーニングを楽しくできるように、いつも工夫しています。罰ゲームが好きな人には回数を増やしたりもしてます(笑)

勉強も重要です。トレーナーといっても知識レベルは様々なので、間違った知識は普及しないようにしたいです。自分がそうならないように積極的に論文や参考書で今でも勉強を続けています。
また、座学だけでなく、自分の体で新しい理論のトレーニングを試しています。




ー 趣味は何ですか?

ハードダーツが趣味です。ダーツは頭や指先を使うので、高齢の方にも流行って欲しいです!



ー 最後に体の悩みを抱えている方へのメッセージをお願いします。

悩みがあっても何でもまずは話してみてください。いろいろアドバイスができるので、体験トレーニングをしてもしなくてもOKです。

運動習慣をつけてもらいたいです。そのようなアドバイスだけでも受け取ってもら得たら嬉しいです。


インタビュアーからのコメント
Thumbnail 8e1a1075 7453 4ee4 9592 29b86e50b3d9
スポーツ医療の理論も持っている上田トレーナーの知識は非常に高いものを感じました。機能改善も得意なので、身体の動きを改善したい方もぜひ相談してみてください。