疲労やストレスが溜まりやすいなら、簡単ストレッチに挑戦してみよう!

日々忙しい生活を送っている現代人。お仕事や家事、勉強、子育て…休む暇もなくて毎日大忙し!という人が多いのではないでしょうか?そんな慌ただしさから、疲労が蓄積し、カラダのコリや不調、ストレスを感じることもありますよね。疲労やストレスが溜まりやすい人にこそ、試して欲しいのが簡単ストレッチです。

今回は忙しくて時間がなかなか作れないという人でも、隙間時間にできる、疲労&ストレス緩和ストレッチについてご紹介します。

ストレッチはなぜ疲労やストレスに良いの?

カラダの様々な部分を伸ばし、ほぐす効果があるストレッチを行うことで、カラダに酸素が行き渡り、血液の循環が良くなります。血液の循環がよくなることで、疲労の原因となる乳酸を排出しやすくなるのです。

例えば、お仕事の一息にぐ~んと腕を伸ばして、伸びを行いリフレッシュする人って多いですよね?これも立派なストレッチの一種です。

このようにストレッチを行うことで、緊張していたカラダをほぐし、頭をスッキリさせる効果を得ることができるのです。

また、科学的にもストレッチが疲労やストレスに良いという根拠があります。
私たち人間が、リラックス状態にあるとき、「副交感神経」という神経が働いています。ストレッチで筋肉がほぐれることによって、この副交感神経が優位に働きリラックス効果が得られると考えられているのです。

副交感神経について、以下の記事で詳しく説明してあります。副交感神経とは何ぞや?という人はぜひ参考にしてください。

座ったままでOK!疲労回復やストレス解消に効果的なストレッチ

まずは、椅子やソファに座ったままできる、疲労回復&ストレス解消にぴったりなストレッチをご紹介したいと思います。

手の合谷を刺激する!ハンドストレッチ

日常の中でも動かす機会が多い手は、疲労が溜まりやすい部分でもあります。
足裏のイメージが強いものの、手にもたくさんのツボがあり、その中でも親指と人差し指の間にある『合谷』というツボは、カラダのだるさにも効くと言われているツボです。

合谷を片方の親指で圧力をかけてもみほぐし、最後に両手の手のひらを前へ突き出すように伸びをしてみましょう。

簡単!首のストレッチ

頭を支えている首は、想像以上に負担がかかっています。慢性的に続く肩こりも、実は首の疲労が原因だったなんてことも。

首のストレッチの手順としては、頭を片方に傾け、傾けた反対側の肩を下げ、無理をしない程度にゆっくり伸ばしてストレッチを行います。
首と肩のこりがスッキリして、疲労が減少されますよ。

<関連記事>

お風呂の中で温めながら疲労回復&ストレス解消ストレッチ!

立ち仕事が多い人は、足に疲れを感じやすかったり、むくみで悩んでしまうことが多いと思います。そんな人におすすめしたいのが、お風呂の中でのストレッチです。お風呂の中でストレッチを行う際は、のぼせない程度の温度と時間で実践しましょう。※お湯を張った湯船の中は危険なので、十分に注意して行ってください。

お風呂の中でのふくらはぎストレッチ

湯船の中で背筋を伸ばして、膝を立てます。片足を持ちあげたら、膝を伸ばして湯船のフチに足をかけ、この状態を20~30秒維持します。この動作をもう片方の足も行います。

カラダをひねってストレッチ

膝を曲げた状態で湯船に浸かり、上半身を真横にひねります。このとき腰からしっかりひねり、両手は湯船のフチにタッチするイメージで、10秒程度キープします。
上半身をゆっくりと正面へ戻したら、次は逆方向にひねります。
この動作を左右4回程度行います。
上半身のストレッチになるだけでなく、くびれ作りにも効果的です。

のびのびストレッチを取り入れるだけでも、カラダと心はスッキリする!

ストレッチと聞くとなんだか難しそうなイメージを抱いてしまいがちですが、お仕事や家事の休憩中に足や肩をぐ~っと伸ばすストレッチでも、カラダや心はスッキリとリフレッシュすることができます。また、家やオフィスの壁、手すりなどを上手に活用すればストレッチのバリエーションを増やすこともできます。

疲労やストレスが溜まっているように感じている人は、ぜひ生活の中にストレッチを取り入れてみてくださいね。

Thumbnail 955e0226 8666 49f7 8ad7 ead61a6401b8

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!