運動不足が肥満の最大原因

肥満の原因として、運動が不足しているということはよくあります。
運動が不足すると、それによる消費カロリーが見込めなくなるだけではなくて、体の筋肉量が落ちて基礎代謝が下がるというデメリットもあります。

さらに運動が不足していると、インスリンの働きが鈍くなります。
そうなると血糖値を平常にするために、より多くのインスリンが体内で分泌されるようになります。インスリンは血糖値を下げるのには効果がありますが、他に内臓脂肪を蓄積させるという作用も持っています。

このように、運動が不足すると、様々な重畳的な原因によって、肥満へとつながっていきます。

慢性的な便秘も肥満の原因

慢性的に便秘になっている人は、肥満になりやすいという特徴があります。

便として排出されるはずだった糖分や脂肪分といったカスが、便秘によって長い間大腸に蓄積されると、再び体内に吸収されてしまいます。こうなると、より太りやすくなってしまうわけです。

特に便秘の方は、大腸のヒダ内部に5kg以上の宿便を抱えていることも多いです。 こういったところに溜まった脂肪分のカスは、やがて体内に取り込まれてしまうので、便秘の方は肥満になりやすい傾向があります。

便秘になりやすい人の特徴のひとつとして、お腹から腸にかけた「腸腰筋」と呼ばれる筋肉が弱いことがあります。
この腸腰筋を鍛えることが便秘改善にもつながるため、便秘に悩んでいる人はぜひ鍛えてみてください。

腸腰筋を鍛えることができる筋トレ、『レッグレイズ』をご紹介します。

レッグレイズ

仰向けになり、手は身体の横かお尻の下に置きます。ひざを伸ばしたまま、足を身体に対して垂直になるまで持ち上げます。ゆっくりと足を下ろし、床から10センチ程度離した状態で止めます。再度、足を持ち上げていき、ゆっくりと足を下ろします。

ストレスが原因による肥満

学校や職場でのストレスを抱えている人は多いです。こういったストレスも、肥満の原因になります。

ストレスが溜まると、コルチゾールというホルモンが分泌されます。このコルチゾールというホルモンは、ストレスホルモンとも呼ばれています。

コルチゾールは食欲を増進する効果を持っています。そのため、ストレスを溜めるとコルゾールの作用によって食欲が増し、結果的にやけ食いのような感じで食べてしまうということがあるわけです。

さらにストレスを感じると自律神経が乱れていきます。自律神経が乱れると、消化や吸収にも影響を与えてしまい、脂肪を溜め込みやすくなります。

自律神経について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

このような要因から、ストレスというのは特に肥満にとっては良くないものとなっています。

遺伝が原因による肥満

肥満遺伝子というものがあります。

たとえば、両親が肥満であったような場合には、その子供も肥満遺伝子を受け継いでいて、太りやすくなるということです。

しかし、両親が肥満である場合に、肥満遺伝子によって子供が太る確率というのは30%程度です。 実際には、肥満遺伝子ではなくて、その子供が太っているのは他の環境的な要因によるものの場合が多いそうです。

両親がたくさん食べるので、同じ量のご飯が食卓に並ぶために子供も太っているなど、環境的な要因で太ることのほうが事例としては多いのです。 そのため、両親が太っているからといって自分が肥満遺伝子を持っていると決めつけず、環境的な要因を改善していくという姿勢が肥満防止には有効だと言えるでしょう。

生活習慣が原因で発生する肥満

生活習慣の乱れは、肥満の原因にもなります。特に仕事などの関係で、睡眠時間が不規則だという方は、太りやすい体質になっていることが多いです。

しっかりとした睡眠時間が確保できないと、基礎代謝が下がって、カロリーを消費しづらい体になってしまいます。血糖値も上がりやすくなって、脂肪を蓄積しやすくなります。

夜更かしなどで不規則な生活を送るのは、肥満の大敵だということができるでしょう。

睡眠不足と肥満の関係について、詳しくは『ダイエットと睡眠不足の知られざる関係とは』をご覧ください。

食生活以外の肥満の原因についてまとめ

以上のことから、食生活以外の肥満の原因は以下であることが言えます。

●運動不足
●慢性的な便秘
●ストレスの蓄積
●肥満遺伝子(実際に肥満遺伝子による肥満は全体の30%程度)
●生活習慣の乱れ

このようなことが、食生活以外の肥満の原因としてはよくあります。 食事に気を配ってもなかなかダイエット効果を得られないというような場合には、特にこういったポイントを意識しておき、肥満の改善につなげていきましょう。

Thumbnail b346df98 e6b7 46a7 855e a8576f592847

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!