Updated: 2017/01/02 11:53
美肌 アンチエイジング 小顔

憧れの小顔&10歳若返る!顔ヨガのアンチエイジング効果と初心者におすすめな方法

目立つほうれい線や目元のしわ、顔全体のたるみ、むくみなどは、顔ヨガで解消できます。顔ヨガは、顔の筋肉の凝りやたるみを解消してアンチエイジング効果やリフトアップ効果を期待できる顔のためのヨガです。ここで、初心者でも実践できる4つの顔ヨガ方法をご紹介します。

シェア ツイート はてブ

顔ヨガとは?本当に小顔になれるの?

顔ヨガとは、顔の表情筋を鍛えたり、ほぐすことで、小顔効果やアンチエイジング効果を得られる顔のためのヨガです。

顔にも筋肉があり、年齢とともに筋力がダウンします。
また、表情のクセなどで筋肉が凝ったり、血行不良により、むくみが生じることもあり、それが老け顔の原因にもなります。

顔ヨガで、顔の筋肉をほぐして鍛えることにより、次のような効果が得られます。

小顔効果

顔ヨガで筋力がアップすると、リフトアップによって顔がキュッと引き締まり、小顔効果を得られます。
血行促進やむくみ解消により、無駄な脂肪が取れやすくなるので、小顔になれる、という理由です。

たるみを防止する

顔の筋肉は、体の筋肉と同じように、年齢を重ねるごとに筋力がダウンして重力に逆らえなくなります。
重力に逆らえなくなると、老け顔の原因の一つのたるみが発生します。顔ヨガを続けると、顔の筋肉がキュッと上がるため、たるみを防止できます。

美肌効果

顔ヨガは、顔の筋肉の凝りを解消したり、血行を良くしてくれるので、美肌効果が期待できます。
血行が促進されると、肌に栄養が行き届きやすくなり美肌になれる、という理由です。

簡単!顔ヨガでほうれい線を解消しよう!

顔のたるみや筋力の低下によりほうれい線が目立ち始めたら、次の顔ヨガにトライしてみてください。

顔のたるみの解消とともに、ほうれい線も目立たなくなりますよ!

1. 唇をすぼめるように丸めながら、なるべく唇が見えなくなるまで口の中に入れ込みます。5秒間ほど静止します。
2. 唇を口の中に入れ込んだまま、唇を左右に伸ばします。5秒間ほど静止します。
3. 唇を元に戻したら、今度は前に突き出して5秒間ほど静止します。

3つのポーズを繰り返すことで、口周りの筋肉がほぐれて、ほうれい線改善へとつながります。

初心者向け!顔ヨガで頬のリフトアップしよう!

頬の筋肉が凝ったり衰えていると、頬がたるんで暗い表情になります。顔ヨガで頬をキュッと上がって明るい表情になり、印象も若返りますよ。

初心者でも簡単にできる頬のリフトアップのための顔ヨガをご紹介します。

1. 右手の人差し指を左側のこめかみに置き、右手の薬指を左側のほうれい線に置いて、ギュッと上に持ち上げます。
2. そのままの状態で、さらに頭を右に倒して、倒しきったところで右方向に向けて舌を出し、息をゆっくり吐きます。

反対側も同じようにおこないましょう。

見た目年齢若返る!顔ヨガでフェイスラインを引き締めよう!

なんとなくフェイスラインがぼやけているように見えたら、たるみが進行しているかもしれません。
すぐにでも、顔ヨガでフェイスラインを引き締めしましょう。

1. ムンクの叫びのようなイメージで、顔を思い切り縦に伸ばして、5秒間ほど静止します。
2. 顔を縦に引き伸ばしたまま、口角だけを上方向に上げるような感覚で引き上げたら5秒間ほど静止します。

これは、フェイスラインを引き締めるだけでなく、顔のむくみにも最適な顔ヨガです。

もっと輝く瞳に!顔ヨガで目力をアップしよう!

目の周りにもたるみが出て、一気に老け込んだ印象になりますよね。
そこでご紹介したいのが目力をアップするための顔ヨガです。

1. 鏡を見ながら、おでこや目の周りの筋肉を使って、眉間にできるだけたくさんのシワを寄せます。そのまま5秒間ほど静止します。
2. 今度は逆に眉間を広げるようなイメージで眉毛を左右に開きます。目も大きく開けて5秒間ほど静止します。
3. 目を軽く閉じて、眉毛を引き上げます。この時に目が開かないように注意しながら5秒間ほど静止します。

アイシャドウのノリが悪かったり、目の下にシワがある人にぜひ試していただきたいです。

美顔器よりも顔ヨガの方がしっかりアンチエイジングできる!

顔のリフトアップなどのアンチエイジング対策に美顔器を使う女性が多いですが、実は顔ヨガの方がかなり効果があります。

美顔器で外側から刺激を与えるよりも、顔ヨガで筋肉をほぐしたり鍛える方が絶対にアンチエイジング効果が高いです。方法を覚えたら、どこでても実践できるのも顔ヨガの魅力の一つです。ぜひおこなってみてください。