ダイエットの正しい知識を身に付ける!脂肪燃焼の仕組みとは?

有酸素運動とダイエットの関係に入る前に、まずは基本的なところからおさらいしていきましょう。ダイエットで私たちが減らしたいと考えているのは、当然「脂肪」です。この脂肪がどのような仕組みで燃焼されているのかはご存知でしょうか?

私たちが運動をする時にはエネルギーが必要です。私たちが運動時に最初に使用するエネルギーは「ブドウ糖」が主になります。そして、運動によってブドウ糖が消費されると、体を動かすためのエネルギーが足りなくなります。

その時に使用されるのが、脂肪細胞に貯蓄されている体脂肪です。ブドウ糖が少なくなると、特定のホルモンが分泌されますが、そのホルモンの働きによって貯蓄されている体脂肪の分解が進みます。体脂肪は分解されると血液中に出てくるのですが、体脂肪は血液中に出てきて初めてエネルギーとして使用されるのです。つまり、運動をしないと体脂肪は消費される形に変化することが出来ないのです。

脂肪は運動開始直後からエネルギーとして消費されますが、運動開始から約20分間は糖分の消費が優先的に行われるため、脂肪燃焼をより効率的に行うには20分以上の継続した運動が必要となってきます。

脂肪燃焼効果が期待される有酸素運動とは?

脂肪をエネルギーとしてより多く消費するためには、継続した運動が必要です。また、たくさん酸素を取り入れてエネルギーを効率よく消費していく必要があります。それらの点を網羅しているのが「有酸素運動」です。有酸素運動は運動をしていてもあまり辛さを感じない程度の運動を継続するものです。水泳やジョギング、ウォーキングやサイクリングなどが挙げられます。

有酸素運動には様々な効果が期待されています。ダイエットはもとより、心機能の向上、酸素交換率の向上、血圧の安定、不安や抑うつ感の改善など、身体的な健康にも精神的な健康にも様々な効果を発揮すると言われています。

有酸素運動の一つであるランニングがもたらす美肌効果については『ダイエットだけじゃない ランニングがもたらす美肌効果!!』で紹介していますのでご覧ください。

有酸素運動はどうしてダイエットに効果があるの?

有酸素運動はたくさんのエネルギーが消費されます。そのため、ブドウ糖の消費が早く、素早く体脂肪を分解するための指令が脳から出されるのです。

また、運動の負荷が比較的軽いために、運動を継続することが可能です。そのため、脂肪が燃焼し始める時間まで継続することが可能であり、より効果的に脂肪を燃焼させることが出来るのです。

高い効果が実感できる有酸素運動が水泳の理由は?

有酸素運動にはいくつかの種類がありますが、ダイエットの高い効果を実感したい場合は、「水泳」がお勧めです。

その理由は大きく以下の2つに分けられます。

消費カロリーが大きい

水泳は水の中で動くことになるのですが、水は空気よりも抵抗が強く、陸上で運動をするよりも強い力を発揮しないと動くことが出来ません。そのため、何気ない動作をしているだけでも、普段使っていない筋肉をたくさん動かしていることになります。水中での歩行は、陸上の歩行の1.5倍ものカロリーを消費しているというデータもあり、水中での運動は高い消費カロリーを期待できることがわかります。

体への負担が少ない

水泳が有酸素運動の中でお勧めであるもう一つの理由は、体の負担を軽減してくれることです。水中は浮力が働き体にかかる体重を減らしてくれます。膝までの水深であれば30%、腰までの水深であれば50%、胸までの水深であれば70%の体重をカットしてくれると言われています。そのため、膝や腰に負担がかかり、長く運動をすると痛みを感じるような人でも、長時間運動を継続することが可能です。

どれくらいの運動量が必要になるの?

ダイエットの効果を期待したい場合は、週に4回以上が理想的であると言われています。しかし、水泳は通う時間や費用を捻出しなければならず、そこまで通うことは難しいという方も多いと思われます。

水泳ダイエットで一番大切なことは継続することです。そのため、まずは週に1回から始めてみましょう。そしてまずは3ヶ月継続してみてください。 最低でも20分は継続して水の中に入ることが望ましいとされているため、1回に1時間程度の時間を確保することが大切です。

継続は力なり!ダイエットの効果を実感していこう!

ダイエットで大切なことは継続することです。特に有酸素運動は、継続が必要であると言われています。最初は少しずつで大丈夫です。自分が無理のないペースで、高い効果が期待できる水泳ダイエットにぜひ挑戦してみてください。

Thumbnail 77083603 bcee 40aa 86b3 5f4511259d1f

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!