間違った食事制限は筋肉を落としてしまう!

肉体改造やダイエットのために「食事制限」を行う人は珍しくありません。しかし間違った食事制限は、筋肉を落としてしまう原因になってしまいます。

筋肉が落ちると基礎代謝量も落ちてしまうため、元の食事に戻した途端、リバウンドしてしまい努力も水の泡となってしまいます。しかも食事制限を始める前より太りやすい体質になってしまうことも…。リバウンド知らずのダイエット、肉体改造を行うには「上手な食事制限」を行わなければなりません。

間違った食事制限の危険性と上手な食事制限のポイントとは?

上手な食事制限のポイントは減らしていくことです。炭水化物を抜いたり、食事を抜くなどして「食事制限」をしている人がいますがこれは大きな間違いです。あくまで食事制限は制限するだけなので、減らしていくことがポイントとなるのです。

過度に食事を抜くことで、体は「少ないエネルギーで生命を維持しなければいけない」と判断し省エネモードに入ってしまいます。いわゆる飢餓状態に陥ることから、消費カロリーを抑えるために筋肉をも分解してしまうのです。このことから結果的に筋肉が落ちてしまい、太りやすい体質となってしまうのです。

また、1食抜いた後の食事では、身体は飢餓状態から正常な状態にするために血糖値が急激に上がりがちです。つまり、食事制限で1食抜いてみたものの、我慢できずに次の食事で一気に食べるとかえって太ってしまう可能性があるのです。

さらに食事制限への強いこだわりから拒食症や過食症などの摂食障害を招いてしまうこともあります。体だけでなく心も健康を保ちながら食事制限を行っていかなければなりません。

食事制限ダイエットについては注意したいことは、以下の記事に紹介しています。ぜひ参考にしてください。

食事制限中でも食べる回数を増やしてOK!

空腹を感じてしまうと、体はエネルギーをため込もうとしてしまいます。せっかく我慢していたのに、抑えきれない食欲に襲われてダイエットが続かないという人もいるのではないでしょうか?食事制限をしていると、我慢の反動から「むちゃ食い」衝動を起こしやすくなってしまいます。

そんな衝動を防ぐためにも、食事制限中こそ食事の回数を増やして、制限された食事の中でも空腹を感じない工夫をしてみましょう。

空腹を感じなければ我慢するストレスも減ってくるため、むちゃ食い衝動を抑えることができます。もちろん、3食で食べる1食分で食事を増やしてしまうとカロリーオーバーとなってしまうため、3食をこまめにわけて、少量の食事を数回で食べるようにしましょう。

健康的な栄養バランスを知る

「食事制限=カロリー制限」というわけではありません。炭水化物、たんぱく質、そしてビタミンやミネラルなどの栄養素をバランスよく摂取できる食事を心がけましょう。

ダイエット中に怪訝されがちな炭水化物は、筋肉を維持するために重要なエネルギー源となります。食事制限中であれば徐々に減らしていき、高たんぱくな鶏肉や豆類、ビタミンやミネラルが豊富な野菜などを減らした炭水化物の変わりに摂取すると良いでしょう。

食事制限中であっても、決められた食事の中でたくさんの種類の食品や栄養素を取り入れれるようにしましょう。

食事制限と運動を合わせてより魅力的なスタイルを目指そう!

もちろん理想の体型を手に入れるには、食事制限だけでなく適度な運動も必要です。食事で摂取した良質なたんぱく質や余分な脂肪は運動することで、「筋肉」となります。筋肉量を増やすことで、基礎代謝量も増え、脂肪が燃焼しやすい体質へと変化します。

運動後はストレッチやマッサージを行い、筋肉に老廃物を溜めないようにしましょう。運動で汗をかくことにより、体に溜まった毒素を排出できるので食事だけでなく運動も行いながら、ダイエットや肉体改造に挑戦してみましょう。

<関連記事>

正しい食事制限ダイエットを心がける

年齢や体重、身長や性別などにより、1日の摂取カロリーの目安は変わっくるため、食事制限を始めたい人は、自分の基礎代謝量を知ることも重要です。

また生活スタイルによって消費カロリーも変わってくるため、自分が1日どれくらいのカロリーを摂取すればいいのか、おおよその目安を参考に、食事制限に役立たせてみましょう。

Thumbnail 442497ec a009 400d b59b c6f656982ce5

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!