調理法別、カロリーを落とした食事の作り方!
Updated: 2017/04/24 01:07
カロリー 調理法

調理法別、カロリーを落とした食事の作り方!

カロリーを落とすためには食事内容を注意していけば良いと考えてはいませんか?実は同じ食材を使用していても調理法によってカロリーの摂取量が変わってくるのです。せっかくカロリーを気にして食材を選択するならば、調理法も気にしていきたいところです。今回は、調理方法別にカロリーが効率よく落とせる方法についてご紹介していきます。

シェア ツイート はてブ

カロリーを効率よく落とす調理法その1 煮る

煮るという調理法はカロリーを落とすのに最も最適な調理法となります。煮るという調理法は油を使わない上に、煮ている時に肉や魚であれば油が溶け出すため、カロリーを落とすことに繋がります。

しかし、煮るという調理法で1点注意しておきたいのが味付けです。煮る調理で代表的なのが食事が煮物です。煮物の味付けに用いられる調味料の中でも特に砂糖はカロリーが高くなります。

また、洋風な煮物の味付けに用いられるコンソメも塩分、カロリー共に高くなります。煮物の味付けをするときは出汁をしっかりととり、酒や香辛料といった調味料で味付をしていくことがお勧めです。

煮るという調理法で作られる豚肉の角煮、豚バラ大根、サバの味噌煮などは1皿で500~600kcalします。これらの食事をカロリーを抑えて作るポイントとしては、煮る前に一度ゆでるという調理方法をとり、油を捨ててしまうことでさらにカロリーを落とすことが期待できます。

カロリーを効率よく落とす調理法その2 ゆでる

茹でるという調理法はカロリーを落とすために最も効率の良い調理法となります。煮るという調理法同様に食材の油分が溶け出すため食材のカロリーを落とすことができます。

煮るという調理法と異なり、ゆで汁を使うことが少ないためさらなるカロリーダウンを狙うことができます。

また、茹でるという調理方法は下ごしらえでもカロリーを抑えるのに効果的な効果があります。根菜類などの固い野菜はそのまま炒めると油を吸ってしまい、カロリーが高くなってしまいます。

しかし、一度茹でてから炒めることで野菜自体が柔らかくなっているため火が通りやすく、油も少量で済むため、カロリーを抑えるということに繋がります。

さらに、カロリーが少なく、食物繊維も豊富である野菜はできるだけたくさん食べたいものです。しかし、野菜はゆですぎると栄養が逃げてしまいます。そのため、野菜を茹でる際には短時間にする、コンビニで売られているような細かく切られたカット野菜は茹でないという対策をとるようにしましょう。

野菜は茹でて食べるよりも、蒸したり、煮てスープやみそ汁にして煮汁ごと頂くことで効率よく栄養を摂ることができます。

カロリーを効率よく落とす調理法 その3 焼く

次にカロリーを効率よく落とす調理方法は焼くという調理法。
焼くという調理方法は調理に使用する器具によってそれぞれカロリーを落とすためのポイントが変わってくるため、調理器具ごとにご紹介していきます。

ちなみに似たような調理方法である炒めるとの違いは、炒めるは調味料を食材全体に通すために加熱しながらかき混ぜる調理方法を言います。今回ご紹介する焼くという調理方法は火を通すことが主な目的となるため、あまり動かさずに火を通すことを言います。

まずは、機械に入れればできてしまう、オーブン焼きの調理方法からです。

オーブン

オーブンを使用して焼くということも油を使用しないためカロリーを落とすのに効果的な調理器具となります。例えば、フライ類は油で揚げず、衣をつけてオーブンで焼けば、揚げたのと同等のサクサク触感となる上に、カロリーをカットすることができます。

次に直火を使う調理方法です。

網焼き

肉の油を落とすことができ、焼くときに油を使わないため、カロリーダウンが狙える調理方法となります。

網焼きは材料がくっついてしまうと見た目や風味を損なうこともあるため、網を良く熱してから焼き始めることをお勧めします。

フライパン

フッ素っ加工のフライパンであれば油を使用せずとも焼くことができますが、それ以外のフライパンでは油を使わなくてはなりません。この時に使用する油の量がカロリーを落とすうえでの大きなポイントとなります。

焦げ付いて油を足すなんていうことにならないよう、フライパンは良く熱して少量の油を全体にいきわたらせるようにしましょう。

また、新しいフライパンよりも使い込んで油慣れしているフライパンの方が油の使用量は少量で済むでしょう。フライパンは網焼きと違って油が落ちていくことはなく、フライパンの中にたまっていくので、キッチンペーパーなどで適宜拭いて使用すれば油を落とし、カロリーを減らすことが可能となります。

様々な調理方法を組み合わせてカロリーを減らす

焼くだけ、煮るだけにせず、いくつかの調理方法を組み合わせることでさらなるカロリーダウンを期待できます。

前述でもご紹介したように、茹でてから焼くという組み合わせや、焼いて油を出してから煮るというように、調理方法は組み合わせることでさらにカロリーを落とすことができます。

しかし、カレーやシチューのように同じ鍋で焼くのと煮るのを同時に行う食事は、焼くときに使った油も摂取してしまうため、油の使用量を控えめにして調理することでカロリーを落とすことが期待できます。

調理法によって太りにくくすることはできる!

同じ食材であっても調理法によってカロリーは増やすことも減らすこともできるということがお分かりいただけたかと思います。日本には様々な食の調理法があります。その調理方法を上手に生かして、カロリーを減らしておいしく食事をしていきましょう。

<関連記事>

Thumbnail e8e65431 1fda 4226 8024 9b8fb67b1be9

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!