定番の人気!「ザバスホエイプロテイン」


何を選べばいいんだろう…という方にまずおすすめしたいのは、日本で一番売れているプロテイン、「ザバスホエイプロテイン」です。

味はココア味バニラ味の2種類で、ココア味の方が人気があります。筆者もココア味を使用していましたが、水に溶けやすく、味もおいしいです。少し味が薄く感じる方は、牛乳か豆乳に混ぜて飲むのがおすすめですよ。

効果ですが、やはり売れているだけあって、安定感があります。気になるたんぱく質の含有量は1回分で15g、筋トレ後に摂取するたんぱく質の最適量は15g~20gと言われていますから、最適な量ですね。

また、アミノ酸化したたんぱく質を筋肉に送り込むために欠かせないビタミンB群が含まれており、プロテインのほかにサプリメントなどをとる必要がありません。

さらに、ビタミンB群に加えて、ビタミンCも配合されています。ビタミンCはアンチエイジング、美肌効果などで有名ですが、筋肉ともしっかり関係しているのです。

ビタミンCには、コルチゾールというホルモンを押さえてくれる効果があります。

コルチゾールとは、人間が精神的なストレスを感じた時に多く分泌されるホルモンで、過剰に分泌されると、筋肉を分解してしまうものです。筋トレ愛好者にとって、筋肉の分解は大敵…ビタミンC配合は、非常にありがたいですね。

驚異のコスパ!「バルクスポーツ ビッグホエイ」


プロテインって少し高い…というイメージは皆さんも持っていると思います。

しかし、そんな概念を打ち崩すのがこちら「バルクスポーツ ビッグホエイ」です。

価格は、味によって多少の違いはあるものの、1番安いもので1kg3000円程度です。他のメーカーのプロテインは、1kg4000円を超えるものばかりですから、この値段は破格といえますね。

味も豊富で、11種類ものラインナップがあります。珍しいものでは、「モモアイス」なんていうフレーバーも…これなら必ずお気に入りの味を見つけることができますよ。

価格が安いからと言って、その効果はバカにできません。たんぱく質の含有量は、なんと18g、他社のプロテインよりもたんぱく質量が10%以上多めなので、筋肥大を目指すには、もってこいのプロテインですね。

また、筋肥大に欠かせない、ロイシンというアミノ酸が含まれているのも特徴です。ロイシンは、BCAAと呼ばれる必須アミノ酸の1つで、筋肉の合成を促してくれます。しかも、体内で合成することができないので、食物から補助的に摂るしかありません。

このロイシンを、たんぱく質を一緒のタイミングで摂ることができるというのは、筋肥大にとってとても効果的なのです。価格、そして効果の面でも、自信をもっておすすめできるプロテインになります。

減量目的なら「ザバスソイプロテイン」


もし、減量目的でプロテインを使用するなら「ザバスソイプロテイン」をおすすめします。

ホエイプロテインには、炭水化物が多く含まれるのに対し、ソイプロテインは、炭水化物の含有量が少ないことが特徴です。必要以上に炭水化物を摂取してしまうと、エネルギーとして使われなかった糖質は、体内で脂肪になってしまいます。

もちろん炭水化物も筋肥大には必要な要素ですが、極力脂肪を落としつつ筋肉もつけたい…という人には効果のあるプロテインといえます。

こちらのプロテイン、味はココアヨーグルトの2種類。ホエイプロテインとは少し違う味わいですが、飲みづらいということはありません。豆乳に混ぜて飲むとさらに美味しく飲めるのでオススメです。

たんぱく質の含有量は、1回分15gと最適な量で、ザバスのホエイプロテイン同様、ビタミンB群とビタミンCが含まれています。また、ホエイプロテインと違い、植物性のたんぱく質を使用しているので、コレステロールなど健康を気にする方にも、効果的なプロテインといえますね。

たんぱく質以外の栄養素にも目を向けること

今回は、おすすめのプロテインとその効果についてご紹介しました。

プロテイン選びでは、たんぱく質含有量も重要ですが、それ以外にも、ビタミンやアミノ酸が配合されているものをおすすめします。

確かに筋肉を作るのはたんぱく質ですが、それ以外にも必要な栄養素がなければ、うまく筋肉が合成されません。色々試して、自分に合ったプロテインを見つけてみてください。

【あわせて読みたい】

Thumbnail 2bfb5179 0a8e 4e90 b12c fea767cfba57

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!