ヨガグッズの選び方① ヨガウェア「トップス」編

運動と聞くとフィットネスクラブなどで目にするようなジャージなどのスポーツウェアを思い浮かべるかもしれません。しかしヨガをする時には、「ヨガウェア」という専用のウェアを着用することとなります。

その特徴はいくつかありますが、ヨガの動きに合わせたシルエットや機能があるのが特徴です。その中でも選び方のポイントがあるので、まずはトップスからそれを見ていきましょう。

ヨガは種類も非常に豊富ですが、いずれ共通しているのが、柔軟性などを高める様々なポージングをするという点にあります。そのため、動きやすさを確保するために以下のようなポイントを考えて選ぶといいでしょう。

・タンクトップ、キャミソールのタイプが一般的(露出が気になる方は、袖付きのタイプをチョイスしてください)
・下着をつけられないので、胸パッドが付いたタイプを選ぶようにする
・動いているときに裾や胸元が気にならないように、体にフィットしたサイズを選ぶ
・汗をよくかくので速乾性が高い素材にする
・淡い色合いのウェアを選ぶときは、汗をかいたときの「透け感」にも注目する(トップスの重ね着なども有効です)

ヨガグッズの選び方② ヨガウェア「パンツ」編

トップスと同様に、パンツもヨガの動きを邪魔しないために様々な選ぶのが重要です。大まかにいうと、次の2点をポイントにするといいでしょう。

・伸縮性に優れている素材を選ぶ
・下半身の動きを邪魔しないよう、パンツの丈は長すぎず短すぎずを意識する

特にパンツの場合、動きやすさを重視して丈の短いショートパンツのタイプなどを選ぶ人もいるのですが、丈が短すぎてかえってヨガのポージングで気になってしまう方もいます。そんな方は、ふんわりとしたシルエットと動きやすさの両方があるバブルショートの丈などがオススメです。

パンツはトップスと比べ、コーディネートの幅が広いのも特徴です。下半身にぴったりとフィットしたロング丈のパンツを選んでもいいですし、ガーリーなスカート付きレギンスなどもオシャレです。上の2つのポイントを重視しつつ、自分にとってお気に入りになるようなパンツを選んでみてください。

ヨガグッズの選び方③ ヨガマット編

ヨガといえば欠かせないグッズが「ヨガマット」です。ヨガの教室などでは備え付けのマットを使う場所もありますが、自宅などでヨガを楽しむ場合は自前でヨガマットを用意する必要があります。一見ヨガマットはどれも同じように見えますが、実はその厚みや素材でかなりバラツキがあります。

ヨガマットの厚みは、大まかに「1〜3mm」「4〜6mm」「7mm以上」に分かれます。ヨガマットは薄ければ持ち運びが便利ですが、クッション性や耐久性が低くなってしまいます。逆に厚みが出ればクッション性や耐久性が大きく向上する代わりに、持ち運びが不便で高価になりがちです。

最初は、どのスタイルのヨガにも使えてラインナップも多い4〜6mmのものを選ぶといいでしょう。

次に素材ですが、これはマットのグリップ性や耐久性に大きく左右されます。主流なのは「PVC」という素材で、安価で軽いのが特徴です。また、同じようにTPEという素材も有名です。

これ以外にも非常に多くの素材の種類がありますが、まずはこの2つを目安にマットを選んでみるといいでしょう。

ヨガグッズのオススメブランド① yoggy sanctuary

yoggy sanctuary(ヨギーサンクチュアリー)」はヨガスタジオも運営しているヨガウェアブランドです。メイドインジャパンで作られているウェアは天然素材が多く使われていて、機能性はもちろん着心地や女性らしいシルエットを追求したデザインが大きな特徴です。

優しい色合いが多いヨガウェアは、デザインも非常に豊富です。アラジンパンツやサルエルパンツ、レギンスと合わせて使えるショートパンツから、オールインワンタイプのウェアも充実しています。

どの商品もシンプルなように見えて、女性らしさを表現したようなワンポイントのデザインがあるのも魅力の1つです。

ヨガグッズのオススメブランド② Suria

Suria(スリア)」は日本国内のメーカーです。ちなみに「Suria」はsurya(スーリヤ)という、サンスクリット語で「太陽」という意味がある言葉にちなんでいるのだそうです。

また、それぞれのヨガウェアは大人の女性を思わせるモノトーンの落ち着きのあるカラーリングなものや、パッと目を引くような鮮やかなカラーリングのレギンスなどのラインナップもあります。


Suriaはヨガのトータルブランドでもあるので、ヨガマットも4mm、6mmを中心にいくつものカラーが販売されているのもポイントです。

ナチュラル素材でもあるTPEをあしらったマットが中心で、それ以外の小物・雑貨も豊富にあるので、Suriaのオンラインショップで全てのアイテムを揃えることもできます。

ヨガグッズのオススメブランド③ Real Stone

Real Stone(リアルストーン)」のブランドコンセプトは『「心」と「体」を心地よく結ぶヨガウェア』。

女性らしいやわらかいラインを意識しながらも、肌に触れた時やポージングのときにも快適性を損なわないデザインを意識して作られています。いずれもストレッチ性に優れているものなので、ヨガの中でも動きの多いホットヨガでも活躍できるラインナップが揃っています。

ウェアの多くは淡い色合いが特徴的で、重ね着やコーディネートを楽しめる可愛いデザインが豊富です。その中でも印象的なシルエットとして特徴的なのは「DRYMASTER」という、まるでドレスのようなウェアです。エレガントで機能性も確保されています。

ヨガグッズのオススメブランド④prAna

prAna(プラナ)」はアメリカのヨガウェアの中では特にメジャーなブランドです。「プラナ」はサンスクリット語で「太陽」などの意味があります。

カリフォルニア州で1992年からオープンされたこのブランドは、創業者である2人が愛していたクライミングなどアウトドアスポーツをモチーフとしたイメージのデザインが多く、地球環境に優しいエコな素材をふんだんに使用しており、そうした地球に優しいあり方は企業活動にも一貫しているのも特徴的です。

また、このブランドは他と比べてメンズアイテムも豊富にあります。恋人や家族と一緒にトータルコーディネートをして、2人でヨガをするといったライフスタイルを楽しめるのも嬉しいポイントです。

ヨガグッズのオススメブランド⑤「Wai Lana」

Wai Lana(ワイラナ)」は様々なヨガマットを販売しているブランドです。ちなみに、このブランド名はハワイを中心に活動している、アメリカで絶大な人気を誇るヨガインストラクター・ワイラナさんの名前がモデルとなっています。実際に、彼女がプロデュースをしているブランドでもあります。

ヨガマットというとどうしてもモノトーンでシンプルなデザインが思い浮かぶのですが、「Wai Lana」のマットは花びらをイメージした美しいデザインをあしらったものが大きな特徴です。素材が良いのに価格もリーズナブルなので、初心者から上級者までに幅広く愛されています。

お気に入りのヨガグッズに身も心もリラックスしよう

ヨガグッズはヨガのポージングなどをスムーズに行うための様々な機能が要求されますが、同時にリラックスして楽しむためのデザインも重視したいところです。

今回ご紹介したオススメのヨガブランドなどを参考に、快適なヨガライフを送ってください!

Thumbnail fd1970a2 c949 452c 80de 29057ae28374

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!