枕は柔らか過ぎても硬すぎても肩こりの原因になる

一口に枕と言っても、その材質や大きさ、あるいは柔らかさなどは千差万別ですよね。特に柔らかさに関しては、最近非常に硬い枕やフェザー枕のように非常に柔らかいものまでバリエーションが豊富です。しかし、この柔らかさは硬すぎても柔らか過ぎても肩こりの原因になってしまいます。

硬すぎる枕は、後頭部との接触している面が少なくなってしまうことで、頭の安定感が悪くなります。その結果、首や肩の筋肉が寝ている間も緊張したままになって、かえって疲れてしまうのです。

また、柔らか過ぎる枕の場合は、後頭部全体をすっぽり覆ってくれても、かえって頭が安定せず首で支えなくてはいけない状態になってしまいます。結果、硬すぎる枕と同じ状態になってしまうというわけです。

低すぎる枕・高すぎる枕にも肩こりのリスクが

また、頭の位置が低くなりすぎる枕や、逆に高くなりすぎる枕にも注意が必要です。

頭の位置が低くなってしまう枕は、あごが天井に突き出したように上がってしまいます。この状態は首の筋肉に負担がかかるだけでなく、血流が頭の方に流れやすくなることで睡眠の質が悪くなってしまうこともあります。

逆に頭の位置が高すぎる枕は、頭部の収まりがいいと感じる一方、肩の安定感が薄れています。

またこの状態が続くと、首から肩にかけて血行が悪くなってしまうというデメリットもあるのです。そしてこの状態はあごがさがりやすくなっているため、呼吸がしづらくいびきや無呼吸症候群といった怖い症状の引き金にもなってしまいます。

肩こりを防ぐ枕を選ぶコツ 頭の位置編

それでは、肩こりを防止してくれる枕というのはどのようなものを選べばいいのでしょうか。

まず、立っている状態の自分の「首の骨のライン」を意識してください。理想的な枕というのは、仰向けになって寝た時にこのラインが維持されているものを指します。同時に、頭だけでなく首もしっかりカバーしてくれる枕を選びましょう。

そして、今度は横向きになった状態をチェックします。ポイントは、先ほどの仰向けの時と同様に「立っている時と同じ状態であること」です。横向きの時に枕が低いと下に傾き、枕が高いと上に傾いてしまいます。

なるべく 顔と体が一直線の状態をキープできていることが1つの目安です。

肩こりを防ぐ枕を選ぶコツ 素材編

先ほどの頭の位置を気にした時、おすすめになる枕の「素材」があります。枕の素材は布団とは違い、羽毛や綿といった柔らか過ぎるものよりも一定の硬さがあるのがベストです。例えば、次のような素材が挙げられます。

・そばがら
・高反発(低反発)ウレタン
・パイプやビーズ
・ひのき

一般的に販売されている枕であれば、パイプや高反発ウレタンをよく目にすることでしょう。そばがらは通気性も高く吸湿性もあるので非常におすすめです。ただし、アレルギーがある人には向かないことや天然の素材であるため1年ほどと寿命が短いのがデメリットです。

肩こり防止枕を「自作」するのもあり

市販で売られている様々な枕を探してみる一方で、肩こりを防止するためのちょうどいい枕を「自作」してしまうというのも1つの手です。使う材料もシンプルで、バスタオル1枚とちょうどいい長さのヒモ2本のみ。このバスタオルをちょうどいいサイズに折った後できつく巻き、ヒモで固定します。

この枕ですが、ポイントは後頭部ではなく首のカーブになっている部分に添えるということです。これにより、肩こりの原因となる首や肩への負担を軽減できます。バスタオルで大きいと感じた人は別のタオルを用意すれば対応できるので、手軽に作れるというのもポイントです。

肩こり防止の枕は質の良い睡眠にもつながる

睡眠は1日の約3分の1を占めるので、間違った枕を使うとより体に大きな負担がかかってしまいます。

今回ご紹介した枕の選び方や自作枕を使うことで、肩こりなどのトラブルを防止できるだけでなく、普段の睡眠の質を向上させることもできます。ぜひ自分にとってぴったりなサイズ・柔らかさの枕を見つけてみてください。

<関連記事>

Thumbnail d4a7cf77 5f4f 4e6f 836c 30d0b96be45a

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!