サウナスーツの持つ様々な健康効果

サウナスーツは名前の通り、まるでサウナに入っているかのようにたくさんの汗をかくことができるウェアです。以前はレインコートのようなデザインばかりが目立ちましたが、最近ではウィンドブレーカーやジャージのように、デザイン性の高いものもよく目にします。

そんなサウナスーツですが、単に汗をかくことで水分を消費し痩せることができるという風に思っている方も多くいます。しかし、サウナスーツの本当の効果はこの汗だけにあるわけではありません。サウナスーツには次の2つの効果があります。

①汗をかいて老廃物のデトックス効果を高める
汗をかくことで水分が排出されますが、その過程で体の中にある老廃物が排出されやすくなります。

②代謝をアップさせる
汗によって老廃物が排出されるとにより体の代謝もアップし、より脂肪を燃焼しやすい状態を作り出せるようになります。

サウナスーツは有酸素運動で効果を発揮する

サウナスーツを使うのならぜひおすすめしたいのが、「有酸素運動」との組み合わせです。

ジョギング・ウォーキングのような有酸素運動をダイエット目的で行っている方はたくさんいますが、そこにサウナスーツを組み合わせれば、先ほどの代謝アップの効果をより高めることができます。

ウォーキングなど軽い負荷の運動をする人にはうってつけのアイテムとも言えますね。

サウナスーツと筋トレとの組み合わせはNG!

そんなサウナスーツですが、筋トレなどのトレーニングとは併用しないほうがいいでしょう。

理由はいくつかあるのですが、まずサウナスーツは大抵上下長袖の組み合わせで伸縮性が高くないものが多いです。筋トレ時はなるべく体の可動域を広く取れるようにしないとケガの元や効率低下につながるので、あまりおすすめはできません。

また、筋トレには思っている以上に体力や水分を消費します。その状態でサウナスーツまで着てさらに水分消費を増やすと、気分が悪くなったり体調を崩したりといったトラブルにつながります。

サウナスーツを使う時の注意点

サウナスーツを使うなら有酸素運動がおすすめと紹介しましたが、その上で2つ注意点があります。

①こまめな水分補給を行うようにする

サウナスーツを使う人の中には、せっかく汗をかいたのに水を飲むなんてもったいないと考えてしまう人がいます。

しかし、サウナスーツで大事なのは体内の老廃物を出すことで、むしろ水分補給をしないと代謝が低下したり水分不足で体調を崩したりしてしまいます。サウナスーツ着用時は、普段よりもこまめな水分補給を心がけましょう。

②ハードなランニングではサウナスーツを使わない

ハイペースなランニングが長距離のジョギングを行う際は、サウナスーツを着ていつも以上のエネルギー消費、水分消費を狙うのはおすすめしません。

水分補給が間に合わず体調を崩してしまいます。マイペースで休憩も取りやすいジョギングやウォーキングでサウナスーツを着用しましょう。

日常生活でサウナスーツを着るのはあり?なし?

日々の生活で汗をかきやすくして、体のデトックス効果を高めたい!そんな思いで日常生活でもサウナスーツを着ている人を目にしますが、あれはありでしょうか?なしでしょうか?

結論から言うと、運動以外でサウナスーツを着るのは避けたほうがいいでしょう。日常的に汗が出やすい状態を作り、しかもそれをずっと続けていると、体の発汗機能に異常が出てしまいます。

その結果、体温調節がうまくできなくなってしまう危険もあるのです。サウナスーツを使うのは、あくまで運動の時と心がけてください。

以下のadidasのサウナスーツは発汗作用を促す良商品です。

使い道を知って効果的にサウナスーツを活用しよう

色々と注意点を上げてきたサウナスーツですが、上手に使うことができればこれまでの運動によるダイエット効果をより高めることができます。

ぜひ今回の使い方や注意点を参考にして、賢くサウナスーツを使ってみてください。

Thumbnail 914eefd9 eab8 4d03 a111 7e81cecd11f7

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!