ひざサポーターの持つ3つの効果

ひざサポーターには様々な種類のタイプが存在しますが、いずれも次の3つの効果のいずれか、あるいはすべてを発揮してくれます。

①ひざをあたためる

山登りや寒い中のウォーキング・ジョギングなどで体が冷えると、ひざに痛みを感じる人がいます。サポーターでひざ周りを包むことで、保温性を高めてひざ痛を防止する狙いがあります。

②ひざの安定性を高める

ひざ周辺のじん帯などが柔らかかったり少し伸びたりしている人の場合、運動中にひざがぐらついて不安定になってしまう人がいます。サポーターでそうしたぐらつきを防止して、ひざ全体の安定性を高めるのです。

③痛み軽減

上のような理由以外でも、ひざ部分の軟骨がすり減っていたり筋肉の衰えといった理由でひざに痛みを感じる人も多くいます。そうした方がサポーターを着けることで、日常生活でのひざの痛みを軽減させるのに役立ちます。

3種類のひざサポーター その1:履くタイプ

ひざサポーターは、その装着の仕方で3つのタイプがあります。ここでは簡単な特徴をご紹介します。まずはじめに紹介するのは「履くタイプのサポーター」です。

シンプルな形状をしている、履くタイプのひざサポーターです。この後に紹介するサポーターと比べてズボンの下に履いていても見えにくく、日常使いがしやすいタイプと言えます。程よいフィット感で動きやすさも確保されているので、運動などスポーツ中に履いても少ないストレスで使用できます。

その一方、サイズが合わないものを使うとフィット感が悪く安定しなかったりするので注意が必要です。また、他のタイプと比べて脱着が面倒なのもデメリットの1つです。

3種類のひざサポーター その2:巻くタイプ

2つ目のサポーターは「巻くタイプのサポーター」です。

巻くタイプのサポーターは履くタイプのそれと比べ、ひざへのフィット感がより高くなっているのが大きな特徴です。多くはマジックテープで補強するものですが、ベルトを使って固定するタイプもあります。自分のひざの形や大きさに合わせて使うことができるという自由度の高さも魅力です。

固定力が高い分、履くタイプよりも動きやすさが犠牲になるものが多いのも特徴です。ただしこのタイプはマジックテープの数や装着法で幅広いものが存在するので、履くタイプと同様の動きやすさを確保したタイプもあります。

サポーターにマジックテープが付いているので、履くタイプに対して少しごわついた感じを覚えるかもしれません。

3種類のひざサポーター その3:履くタイプと巻くタイプの複合

3つ目のサポーターは、巻くタイプと履くタイプの複合したハイブリッド型のサポーターです。このタイプは非常にひざの固定度が高く、マジックテープで強度の微調整ができます。

このタイプのサポーターは、じん帯の損傷や慢性的な痛みがある人といった具合にひざの保護を念入りにしたい人におすすめです。他の2タイプよりもかなり厚みがあるので、ズボンの下で履くとはっきりと見えやすくなっているのがちょっとしたネックでもあります。

ひざサポーターは1000円以上を目安に選ぼう

最近では100円均一ショップでも販売されているひざサポーターですが、フィット感や固定度はそれほど高くありません。

最近ではバンテリンやワコールといったメーカーで1000円からでも買えるサポーターが増えてきました。この価格帯からのサポーターは高機能なものが増えていますので、ひざサポーターは1000円以上を1つの目安に選ぶといいでしょう。

色々試しながら自分にフィットしたひざサポーターを探そう

ひざサポーターは様々な種類が用意されていて、自分のひざの痛みの度合いや運動習慣などで自由に選べます。

自分にとってぴったりな使用感のサポーターが見つかれば、日常生活がとても楽になりますよ。ぜひ色々試してみてください。

Thumbnail 6e514d03 f560 4601 9277 97e919e635e8

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!