下半身太りの原因とは

ダイエットの強敵、下半身。下半身太りの解消はなかなか難しいもので、色々試してみたけどあんまり効果がなかったなんていう方も多いのではないでしょうか?もしかしたら試していない方法があるかもしれません。

股関節の可動域が狭く硬いと、老廃物やセルライトが詰まり、むくみや冷えが出やすくなります。また、血流の流れも悪くなってしまうのでこれらがさらに悪化してしまうことも考えられます。

逆に、股関節の筋肉を柔らかくしてあげると筋肉が柔らかくなり股関節の可動域が広がり血流も良くなるため、老廃物はスムーズに排出され冷えやむくみが解消されるのでスッキリした下半身を手に入れることができます。

そこで効果的なのが、筋肉を柔らかくするストレッチです。

ストレッチで改善すること

前述した通り、ストレッチをすることで股関節まわりの筋肉が柔らかくなります。そうすると股関節の可動域が動くために老廃物の流れが良くなり、セルライトもたまりづらくなります。

また、筋肉が柔らかくなると血流が良くなるため、冷えやむくみの改善や、こちらも老廃物の排泄に効果が期待できます。

股関節を柔らかくするストレッチ

では股関節を柔らかくするストレッチを2つご紹介します。

寝転がって行う股関節のストレッチ

①床に仰向けになって寝転びます
②片方の脚をスネと床が平行になるように上げます
③股関節を中心に外回り・内回りに3回ずつ回します
④反対側の脚でも同様に行います
⑤今度は両足を一緒に上げます
⑥肩が浮かないように注意して腰を中心に膝が離れないように脚を左右に10回ずつ倒します

座って行う股関節のストレッチ

①両足を合わせて背筋を伸ばして座ります
②床に膝をつけるように反動は使わずに膝を上下に動かします
③ある程度回数をこなしたら今度は上体を足の方に倒します

これらのストレッチは場所を取らず道具も使わない簡単で効果があるストレッチなので是非取り組んでみてください。
ゆっくりと筋肉がストレッチされていることをしっかり感じながら行うことがポイントです。

脚やせに効果アリ!太もものストレッチ

一般的に、筋トレをしてしまうと筋肉が大きくなってしまうため直接筋肉に働きかけるのは女性には敬遠されがちですが、ストレッチとして太ももやふくらはぎの筋肉を”引き締める”ことは、脚やせという観点ではとても有効な方法なのです。

また、女性は股関節周りの筋肉が少ないために下半身太りになりやすいという事実もあります。

キレイな脚を手に入れることは誰しもの憧れです。
そのためには、必要な筋肉を作ること、そしてそれをメンテナンスするように努力しましょう。

<あわせて読みたい>

やりすぎには注意しよう

いくら痩せたくても、効果があるものだからといってもやりすぎは良くありません。

確かにこまめにストレッチをして筋肉や股関節を柔らかくすることがいいことだらけで重要ですが、やりすぎてしまうと逆に疲労や筋肉を伸ばしすぎで痛めてしまったなんて事にもなりかねません。

ストレッチはゆっくりと筋肉を伸ばして柔らかくするのが目的なので、回数ではなく時間を目安とします。
伸ばしずきて痛くならない程度の強度で、1回のストレッチを2分間行いましょう。
これを朝昼晩など1日に数回行えるといいでしょう。

引き締めトレーニングとストレッチを両立して下半身痩せ!

ご紹介してきたように、ストレッチは筋肉を柔らかくしたり老廃物の排泄を促進するので下半身太りの解消に大きな効果を持ちます。

そして、シュッとしたキレイな下半身を得るためには加えて下半身のトレーニングを組み合わせることがオススメです。

下半身の調子がいいと、体全体としての機能も向上するので、ぜひ健康的な下半身を手に入れてください。

<あわせて読みたい>

Thumbnail 56ff8c5a 5968 4970 b407 a6cb31c203fd

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!