メタボは内蔵脂肪型肥満の基準に当てはまる

メタボというのは肥満症の一形態に過ぎません。

肥満には大きく分けて次の2つの類型があります。
・内臓脂肪型肥満
・皮下脂肪型肥満

それぞれ基準が異なります。 メタボというのは、特に内臓脂肪型肥満に属するものです。 この場合、お腹周りに脂肪が蓄えられます。そのため、りんご型肥満というようにも呼称されています。 皮下脂肪型肥満は、お尻や脚といった下半身に脂肪がついている肥満です。 こちらはそのフォルムから洋なし型肥満というようにも呼ばれています。

メタボの基準は複合的な生活習慣病

メタボと判断されるためには、単一の生活習慣病(脂質異常、高血圧、高血糖のうちのどれか1つだけ)によってでは無理です。
それではまだ「メタボ予備軍」に過ぎず、確定的にメタボの仲間入りはできません。

メタボとなるためには、複数の生活習慣病を持っているという基準を満たす必要があります。
特にお腹内部の内臓脂肪が溜まったことによって、高血圧や高血糖、脂質異常などの症状を複数有していなければなりません。

つまり、前項で紹介した皮下脂肪型肥満のような類型とは異なり、メタボと呼ばれる内蔵脂肪型肥満の場合、将来的な動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞の危険因子を複数含んでいるということになり、肥満症のなかでも特に重度なものです。

つまり、この場合の“将来的”というのは、まさに1秒後に心筋梗塞で倒れるかも知れないというリスクを指しています。

メタボと診断されるお腹周りの基準

りんご型肥満といって、お腹周りがぽっこり出ているのが、メタボの1つの特徴として紹介しました。
しかし、お腹が出ているだけでメタボとは定義されません。

具体的な数字でいうと、お腹周りが男性は85cm以上女性は90cm以上となります。

つまり、お腹が出ている男性でも腹囲が85cmに満たなければ、メタボとは診断されないことになるわけです。 ただし、前項でも述べたように、メタボというのは見た目の部分だけではなくて、高血圧などの生活習慣病を複合している必要もあります。 そのため、たとえば男性の腹囲が85cmあったとしても、即座にメタボと断定することはまだできません。

メタボと診断される生活習慣病の基準について紹介

脂質異常、高血圧、高血糖という3つの項目のうち2つ以上について、以下に示す数値の指標を満たすことが、メタボと診断される基準になっています。

脂質異常中性脂肪値が150ml/dl以上、またはHDL(善玉)コレステロール値が40mg/dl未満、高血圧収縮期(最大)血圧が130mm/hg以上、または拡張期(最小)血圧が85mm/hg以上、高血糖空腹時血糖が110mg/dl以上 (出典:厚生労働省 eヘルスネット)

たとえば、脂質異常の数値が当てはまっていても、他の2項目について該当しなければ、メタボ予備軍ではあっても、まだメタボではありません。

メタボでは腹囲と生活習慣病の2項目が確定基準

これまでの項目でおわかりいただけたように、メタボと判断されるためには、腹囲と生活習慣病の2項目を同時に満たしている必要があります。

メタボと診断された場合、動脈硬化のリスクが非常に高くなります。 動脈硬化は、心疾患や脳血管疾患の元となるものです。 厚生労働省が公表している死因割合によると、心疾患が全体の2番目、脳血管疾患は4番目につけています。

双方の死因割合を足すと、1位のがんを凌駕する値になります。 このように、メタボは最悪の事態を招く赤信号が点っているという状態です。

メタボという言葉が、安易に使われている世の中になっていますが、実際は一般的な基準よりもはるかに厳格な診断基準が設けられています。もしもメタボと診断されたら安穏としていることはできず、早急な対処をとりましょう。

メタボと判定される基準についてまとめ

●メタボは内臓脂肪型肥満
●腹囲の数値基準(男性は85cm、女性は90cm以上)がある
●腹囲の基準を満たし、かつ生活習慣病の基準(高血圧、高血糖、脂質異常のうち2つ)を満たす
●メタボは脳梗塞や心筋梗塞の元となる動脈硬化を引き起こす

以上のポイントが、特にメタボの基準については大事になります。 このようなことを踏まえて、メタボの恐れがある方は診断をおこないましょう。

<関連記事>

Thumbnail 5a74dc1e da97 4894 9a4a 67e47f256108

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!