ヨガでダイエットできる3つの理由とは?

リラックス効果が高いことでよく知られるヨガには、次の3つの理由によりダイエット効果もあります。

脂肪燃焼

ヨガは、呼吸とともにポーズを行なう有酸素運動です。
有酸素運動で酸素を体内に取り込むと、多くの血液が身体中を巡って、隅々まで行き届きます。

血液中にヨガによって取り込まれた酸素が体脂肪の中に割り込むと、体脂肪は脂肪酸とグリセリンに分解されてからエネルギー源となるので、脂肪燃焼につながります。

代謝アップ

ヨガのポーズは、静止する時間が長いので想像以上に筋肉を使います。
そのため筋力がアップして基礎代謝が上がります。

基礎代謝の2割ほどが筋肉によって消費されるため、筋肉量が増えるほど、基礎代謝量がアップして痩せやすい体質になります。

荻野恵理 監修トレーナーからアドバイス

YMCカラダアカデミーハワイ校・全米ヨガアライアンスRYT200 YMC SUP YOGA TT修了 urbanretreetアンバサダー就任

Thumbnail 3abba47a 546f 4240 95a7 ba011b68ae7c

ヨガをやってみると全身の筋肉をとても使うことが実感できますよ。

デトックス

ヨガは、リンパの流れがスムーズになり、脂肪燃焼を妨げる魚類や水道水、歯科治療、大気汚染などから取り込まれたヒ素や水銀、アルミニウム、カドミウム、鉛なども排出されるので痩せやすい体質になります。

この3つの理由から、簡単なポーズでもいいのでヨガを続けると、ダイエット効果が得られます。

ダイエットになるヨガポーズ4選

ダイエットになるヨガポーズ(1)プランクポーズ

気になる二の腕や腹筋、体幹のダイエットに効くのがプランクポーズです。
腕立て伏せをするようなシンプルなポーズであるため、初心者でも簡単に実践できます。


1. 腕立て伏せをする姿勢になります。そこから肘を曲げて、肘で身体を支える姿勢へと変えます。

2. 頭からかかとまでが一直線になるようにします。腰が落ちたり、またはあがり過ぎたりしないよう、お腹を薄く引き上げながら、一直線を保ちます。

3. 手は軽く握り、拳を作ります。目線は10cm程先の床へ向けましょう。首の後ろをまっすぐにしていき、自然呼吸で1分間ほど静止します。

腹筋や体幹の筋力が低下していると、最初のうちは1分も静止できないかもしれません。そんな時は無理せずに30秒から始めてみましょう。

太くなった二の腕やお腹のたるみなどに効くシンプルなダイエットポーズなので、ぜひ実践してください。

ダイエットになるヨガポーズ(2)ねじりのポーズ


ねじりのポーズは、ヨガの中でも多いねじり系のポーズの中で、一番簡単なポーズです。
身体や足をねじることで、ウエストやお尻の筋肉のみならず内臓にも刺激が入り、体の中からデトックス効果が期待できます。

また、デスクワークなどで背中の筋肉が硬くなっている人にもおすすめです。背中のコリから脂肪がつきやすくなるので、しっかり対策しましょう。


1. 両足を左に倒して横座り状態になります。右ひざを軽く立て、左のかかとがお尻の右横に当たるように移動させます。次に右足の裏をお尻の左横に当てるように置きます。

2. 右足の太ももの側面に抱きしめるような感じで左手を添えます。右手は腰の後ろについて指先を後方に向けます。

3. 息を吸いながら背筋を伸ばしたら、息を吐きながら上体を右にねじって5呼吸ほどキープします。右足の裏が床から離れないようにし、床を押す力を使って下半身を安定させます。

4. 反対側も同じように行ないます。

最初は、無理にねじろうとはせずに、気持ち良いところでキープして、リラックスしながら行ないましょう。

ダイエットになるヨガポーズ(3)ハイランジのポーズ


ハイランジは、下半身を重点的に引き締めてダイエットにつなげるヨガポーズです。
お尻や太もも、ウエスト、背中に効果的です。

1. 腕立て伏せの姿勢になります。

2. 右膝を鼻に近づけるようなイメージで曲げながら前に出して両手の間に置きます。この時、膝が足首より前に出ないように注意しましょう。

3.体重を両足に移し、お腹に力を入れおへそを薄く引き上げたら、両手を右腿に置きます。骨盤は前方にまっすぐ向けて固定し、股関節から上体を起こすようにします。

4. 息をゆっくり吸いながら両手を頭上に上げます。しっかりと指先まで伸ばし、3〜5回深呼吸ましょう。

5. 反対側も同じように行ないます。

辛ければ手はあげずに腿に置いたままでOKです。背筋が前に曲がらないように意識しながら行ないましょう。

ダイエットになるヨガポーズ(4)ブリッジのポーズ


ブリッジは、「アーチのポーズ」とも呼ばれ、背骨や骨盤の歪みの矯正、生理痛や腰痛の改善など様々な効果が期待できます。


1. 準備運動として、首と手首をよく回しましょう。

2. 仰向けに寝転がって膝を曲げ、お尻に近い位置に足をつきます。

3. 両手を耳のすぐ横につき指先を肩に向けましょう。

4. 手足の裏で床を強く押し腹筋に力をいれてお腹を持ち上げ、頭頂部を床につけます。

5. 最後に再度手足に力を入れて床を押し、胸と頭を持ち上げましょう。

両手を伸ばすのが難しければ、4 の床に頭頂部をつけるだけでも十分効果が期待できます。

ブリッジはヨガのポーズの中でも難易度の高いポーズで、間違った姿勢で行うと腰などに負担がかかって怪我をしてしまう可能性があります。
常にお腹に力を入れるように意識して行い、元の姿勢に戻るときも一気に体を落とさず、4に戻ってから、ゆっくりと視線を天井方向に戻しながら頭・背中・腰を下ろします。

絶対に無理をせず、自分のできる範囲で行いましょう。

ヨガは毎日コツコツ続けることでダイエットできる運動!

ヨガは他のスポーツと比べて運動量が少なく見えますが、自重によって筋肉を鍛え、内側からアプローチしていくので、確実に痩せやすい体質になります。

呼吸をしっかりしながら、ひとつひとつのポーズをゆったり行なうことで、少しずつダイエット効果が上がる運動なので、焦らずに自分のペースでヨガを行なうことを日課にしていただきたいです。

忙しい人でも、1日10分でもいいのでヨガに集中すると、重かった身体がだんだんほぐれて軽くなってきます。

荻野恵理 監修トレーナーからアドバイス

YMCカラダアカデミーハワイ校・全米ヨガアライアンスRYT200 YMC SUP YOGA TT修了 urbanretreetアンバサダー就任

Thumbnail 3abba47a 546f 4240 95a7 ba011b68ae7c

ヨガのポーズをキープする筋肉はインナーマッスルであり、インナーマッスルを鍛えることは身体の引き締めやダイエットにとても効果的ですよ。

【あわせて読みたい】

Thumbnail 0ad31ba7 b1b1 4c7f 8954 cd9273173931

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!