ぎっくり腰を起こす人の特徴と原因を徹底解説!

よくぎっくり腰を起こす人の特徴

編集部

ぎっくり腰って、どのような原因でおこるのですか?

川西 健太 監修トレーナーからアドバイス

神戸【ホリスティックボディケア】代表、柔道整復師、JCMA認定体軸セラピスト。プロ選手から一般のクライアントまでの施術、トレーニングと総合的に担当している。

Thumbnail 98c430e2 672a 4a07 8cc0 854ecfb68500

様々な原因が世間では言われています。骨盤や腰骨の歪み、姿勢の歪みなどがよくあげられる原因です。

編集部

どれが本当の原因なのですか?

川西 健太 監修トレーナーからアドバイス

神戸【ホリスティックボディケア】代表、柔道整復師、JCMA認定体軸セラピスト。プロ選手から一般のクライアントまでの施術、トレーニングと総合的に担当している。

Thumbnail 98c430e2 672a 4a07 8cc0 854ecfb68500

どれも本当の原因ではありますが、今回はもう少し踏み込んで、説明してみようと思います。

腰痛やぎっくり腰について、様々な原因が説明されていて、結局自分はなぜ、ぎっくり腰を起こしてしまったのかわからないという方がとても多いです。
原因がはっきりしなければ対処法もケアの方法も、中途半端になりますし、予防効果もなくなってしまいます。

骨盤や背骨、筋肉の歪み、姿勢の崩れ等が原因とされることがありますが、、、

そもそも、「なぜ歪んでしまったのか?」という原因がわからなければ、ただの対処的な予防や措置になってしまいます。

骨盤や、背骨、姿勢が崩れている方に共通しているのが、「重心」が崩れているということです。
重心を崩してしまったまま、かがんだり、運動したりすると、筋肉にアンバランスができ、骨格が引っ張られ姿勢が歪んできます。

そして無理に筋肉にテンションがかかった状態で、かがんだりしたときに、ぎっくり腰をおこしてしまうのです。

編集部

ぎっくり腰には、重心を整えるのがいいのですね。

川西 健太 監修トレーナーからアドバイス

神戸【ホリスティックボディケア】代表、柔道整復師、JCMA認定体軸セラピスト。プロ選手から一般のクライアントまでの施術、トレーニングと総合的に担当している。

Thumbnail 98c430e2 672a 4a07 8cc0 854ecfb68500

そうです!

ぎっくり腰の種類

編集部

ぎっくり腰になった時の痛みの位置や症状の出方が違いますがなぜですか?

川西 健太 監修トレーナーからアドバイス

神戸【ホリスティックボディケア】代表、柔道整復師、JCMA認定体軸セラピスト。プロ選手から一般のクライアントまでの施術、トレーニングと総合的に担当している。

Thumbnail 98c430e2 672a 4a07 8cc0 854ecfb68500

ぎっくり腰にも種類はいくつかあって、痛めた部位により痛みかたや症状が違ってきます。

編集部

ぎっくり腰にも種類があったんですね!

川西 健太 監修トレーナーからアドバイス

神戸【ホリスティックボディケア】代表、柔道整復師、JCMA認定体軸セラピスト。プロ選手から一般のクライアントまでの施術、トレーニングと総合的に担当している。

Thumbnail 98c430e2 672a 4a07 8cc0 854ecfb68500

そうです。前提となる体の歪みや、使い方のクセなどから痛める部分が変わってきます。今回はよくある、3種類のぎっくり腰について説明していきます。

仙腸関節の捻挫

痛みはお尻当たりの部分にでます。仙腸関節は骨盤部分の関節で身体のバランスを取るのに大変重要な部分です。
ここが捻挫をおこしグラグラ不安定になってしまうと、背筋部分のバランスも崩れ、二次的に腰の痛みをひきおこします。
股関節の歪みも引き起こし、お尻の筋肉の緊張がおこり、坐骨神経痛などの脚への痺れ放散痛も起こします。
痺れは、大腿側面から後方部分のおおくみられます。

腰部の筋肉や筋膜の損傷

痛みは、負傷した部分にピンポイントで出る場合が多いです。
骨盤や腰痛のずれがひどい方は、筋肉や筋膜のテンションにばらつきがあり、強く張っている部分がさらに引き伸ばされるなどして負傷します。

腰椎部分の損傷

痛みは腰骨の際あたりにでます。背骨周りが痛み、腰椎が不安定になることで、足に痺れなどの放散痛などがでてくることもあります。

川西 健太 監修トレーナーからアドバイス

神戸【ホリスティックボディケア】代表、柔道整復師、JCMA認定体軸セラピスト。プロ選手から一般のクライアントまでの施術、トレーニングと総合的に担当している。

Thumbnail 98c430e2 672a 4a07 8cc0 854ecfb68500

今回は大きく3つに分類し説明しましたが、損傷した部分によって治療法も少し変わってきます。ぎっくり腰をおこしてしまった場合、まず自分はどこを痛めてしまったのかしっかり鑑別することが大切です。自分でわからない場合は、信頼できる専門家に相談することをお勧めします。

ぎっくり腰を起こしてしまった時の応急処置方法

まずは、安静です。
痛みの程度にもよりますが、一人で歩ける立てる場合は、施術した方が早く治ることがありますが、全く立ち上がれないなどの場合は、まず安静が1番です。

痛めた直後は、靭帯や筋肉、筋膜を損傷しています。ほっておくと炎症がどんどんひどくなるので、まずは氷でアイシングをしましょう。
受傷直後から鋭い痛みが続く約3日間はアイシングを続けてください。時間は15分~20分ほど冷やして幹部が冷たくなっているか確認します。
2~3時間ほど間隔を開けて、またアイシングを繰り返します。痛みの程度により、間隔は調整してください。

冷やすのは氷を直接あてるのではなく、袋に氷と水を入れたものでしてあげる方が効率よく冷やせるのでおすすめです。

受傷3日間~鋭い痛みが続く期間は、このアイシングを続けてください。
お風呂などで温めてしまうと症状が悪化する場合がありますので注意してください。

ぎっくり腰になった時の正しい寝方

編集部

ぎっくり腰をおこしてしまった方は、立っているのも、座っているのもつらく横になりたいと思うんですが、腰に一番いい寝方ってありますか?

川西 健太 監修トレーナーからアドバイス

神戸【ホリスティックボディケア】代表、柔道整復師、JCMA認定体軸セラピスト。プロ選手から一般のクライアントまでの施術、トレーニングと総合的に担当している。

Thumbnail 98c430e2 672a 4a07 8cc0 854ecfb68500

これはとても難しい質問で、横向けやあおむけ、うつ伏せなどありますが、あなたにはこの寝方がベストっていうものはないんです。

編集部

それはなぜですか?

川西 健太 監修トレーナーからアドバイス

神戸【ホリスティックボディケア】代表、柔道整復師、JCMA認定体軸セラピスト。プロ選手から一般のクライアントまでの施術、トレーニングと総合的に担当している。

Thumbnail 98c430e2 672a 4a07 8cc0 854ecfb68500

腰を痛めた部位や痛め方、痛める前提の姿勢の歪みやくせ、ヘルニアやすべり症、狭窄症などの疾患をすでに持っているか?それらが複雑に絡み合っているので、あなたは、この寝方がいいと分類することが難しいのです。

編集部

そうですか。では、いい方法ありますか?

川西 健太 監修トレーナーからアドバイス

神戸【ホリスティックボディケア】代表、柔道整復師、JCMA認定体軸セラピスト。プロ選手から一般のクライアントまでの施術、トレーニングと総合的に担当している。

Thumbnail 98c430e2 672a 4a07 8cc0 854ecfb68500

1番簡単なのは、1番楽な姿勢で寝ることなんです。横が楽なら横で。うつ伏せが楽な方はまずいないと思いますので、仰向けが楽なら膝を曲げた姿勢であおむけがいいです。自分でみつけるのが早くて、最も信頼できるモノだったりします。

仰向けが楽な方

もともと反り腰が強い方が、ぎっくり腰をおこした場合には楽な姿勢になることが多いです。
仰向けになることで、腰の反りが緩み楽になります。膝を立てていただくと更にリラックスできるのでおすすめです。
反りがあまりにもきつく、緊張が抜けない方は、次の横向きがおススメとなります。

横向き寝が楽な方

仙腸関節をぎっくりしてしまった方や、痛みが左右に分かれている方にはおススメの寝方です。どちらが上かは、楽な方が正解なんで両方試してみましょう。

うつ伏せ寝

うつ伏せが楽な方は、腰が後湾しておりヘルニアなどがある方は楽になる場合があります。しかし首を左右どちらかに捻らなければならないため、身体の歪がみを作りやすく、あまりお勧めではありません。ぎっくり腰に関しても、腰が反れない状態で痛くなっているので、うつ伏せは腰に無理やり反りがかかるので、ひどくなる可能性がありますので注意してください。

ぎっくり腰の時のコルセットについて

編集部

腰部コルセットについて教えてください

川西 健太 監修トレーナーからアドバイス

神戸【ホリスティックボディケア】代表、柔道整復師、JCMA認定体軸セラピスト。プロ選手から一般のクライアントまでの施術、トレーニングと総合的に担当している。

Thumbnail 98c430e2 672a 4a07 8cc0 854ecfb68500

はい!わかりました!

コルセットをつける際のポイント

まずコルセットはコルセット自体で腰を固めているのではないということを理解してください。
正しくはコルセットを巻くことによって、お腹の腹圧が高まって腰が安定するのです。

骨盤が歪んでいたり、筋肉の左右差などから腹圧が抜けて、腰がグラグラしてしまいぎっくり腰をおこしたり、腰痛を起こしてしまうので、コルセットをすると楽になられる方は多いです。
急性期では、腹圧がぬけている方がほとんどなので、コルセットをする方が楽になるとおもいます。

注意していただきたいのは、痛みが引いてからもくせのようにコルセットをつけたままでいることです。
コルセットの締めによって腹圧を高めているため、自身の筋肉による腹圧の高め方が下手になり、腹圧に関する筋肉自体も弱ってしまい、どんどん痛めやすい腰になってしまいます。

夜寝るときはコルセットは外す?

これは何とも言えません。。。。腰の状況によりつけたままの方がいい場合もあります。特に痛みで寝返りもできない状態の方はつけたまま寝てもらった方がいいでしょう。
寝返りが痛みなくできるくらいなら、はずしてしまった方がいいでしょう。

最後に

ぎっくり腰をおこしてしまう腰の状況は、かなり歪みや左右差がすでにあったということです。
普段から、腰に負担のかからない身体を手に入れるため、バランスの良いトレーニングやストレッチを頑張ってください。

身体のバランスを取り戻すトレーニングやストレッチを知りたい方は、こちらをご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Thumbnail 320ce11e 0a54 4b43 932d 27cafecadbb2

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!