ピラティスとヨガの違いとは?

編集部

ヨガやピラティスって最近流行っているみたいですが、両方の違いがあまり良くわかっていません(^^;

武田 留里 監修トレーナーからアドバイス

・BASI certified comprehensive Instructor ・Yoga Works (全米ヨガアライアンスRYT200) ・PTCパーソナルトレーナーGYROKINESIS®︎level 1 トレーナー・日本マタニティヨガ協会認定 ベーシックマタニティヨガインストラクター・Booty Barre インストラクター・フレスコ認定 アロマフットセラピーインストラクター

Thumbnail 45c18c47 93b7 451d a773 081f9be1417d

確かにわかりづらいかもしれませんね。まずはそれぞれの由来・意味について見ていきましょう。

現在ではダイエットや健康法としてもブームとなっているピラティスとヨガ。
ピラティスもヨガも心身の健康というおおきな目標を共有していますが、『ピラティスとヨガってどう違うの?』『ダイエットしたいけど・・効果があるのはどっちだろう??』と疑問を持たれている方も多いようです。

ヨガは『心のエクササイズ』

https://download.shutterstock.com/gatekeeper/W3siZSI6MTUyMDg3ODI2NywiayI6InBob3RvLzMyNDQyNzY4OC9tZWRpdW0uanBnIiwibSI6MSwiZCI6InNodXR0ZXJzdG9jay1tZWRpYSJ9LCJQUjBjaWEwOXJPTTV0aFdPT2I1eE1weEFNSkEiXQ/shutterstock_324427688.jpg

ヨガは、サンスクリット語で『つながり』を意味しています。ヨガは心体と精神のつながりを大切に、呼吸、瞑想、座禅、ポーズなどを組み合わせて、心身の緊張を緩和し、心の安定と安らぎを得るものです。
現在ではスポーツ感覚で行われることも多いのですが、元々は古代インド発祥の伝統的な宗教的行法で、身体を鍛えることが目標ではなく、呼吸や瞑想などを行うことで『心身をコントロールする』ことを目的としておこなうものです。

そのため純粋にエクササイズとしてヨガをするプログラムもありますが、基本的には呼吸法や瞑想を重視し精神をリラックスさせるておこなうことが大切です。現在では健康的で充実した生活を送るためのツールとして様々なヨガの種類やスタイルが生まれています。

ピラティスは『体のエクササイズ』

https://download.shutterstock.com/gatekeeper/W3siZSI6MTUyMDg3ODMwOSwiayI6InBob3RvLzI4OTc0NDgwOC9tZWRpdW0uanBnIiwibSI6MSwiZCI6InNodXR0ZXJzdG9jay1tZWRpYSJ9LCJrTVhyRWlUVHpBY2pXTTh5K055Umd0ZzNCcTAiXQ/shutterstock_289744808.jpg

ピラティスとは、ドイツ人であるジョセフ・ピラティス氏が、リハビリを目的として考案したエクササイズです。
ピラティスは、元々『コントロロジー(自分の身体を自分の意思で制御すること)と名付けられ、心と体をコントロールする学問と呼ばれていました。

ピラティス氏はヨガの呼吸法や動きを参考にしていたこともあり、ピラティスのエクササイズにはヨガの要素も含まれています。
ヨガでは呼吸や瞑想などで心身のリラックスを重視して行いますが、ピラティスでは、呼吸と身体の深層部(深層筋や骨)に意識を持って行います。特に背骨や骨盤の正しい位置を意識し、体幹や深層部の筋力を鍛えることで、姿勢の改善や、関節疾患などの予防や改善に効果が期待でき、怪我のしにくい機能的な身体を作っていくことに重点が置かれています。

身体の特徴に合わせてエクササイズのプログラミングが可能なので子供からシニア世代、トップアスリートからダンサーのコンディショニングまで様々な効果を発揮するエクササイズメゾットです。ピラティスメソッドは、リハビリなどの医療的な分野でも役割が期待されており、医療機関からも高い信頼を受けています。

ヨガとピラティスの効果の違い

編集部

ヨガとピラティスはもともとの意味は大きく違うんですね。それぞれの効果についてはどうなんですか?

武田 留里 監修トレーナーからアドバイス

・BASI certified comprehensive Instructor ・Yoga Works (全米ヨガアライアンスRYT200) ・PTCパーソナルトレーナーGYROKINESIS®︎level 1 トレーナー・日本マタニティヨガ協会認定 ベーシックマタニティヨガインストラクター・Booty Barre インストラクター・フレスコ認定 アロマフットセラピーインストラクター

Thumbnail 45c18c47 93b7 451d a773 081f9be1417d

ではヨガとピラティスそれぞれの効果について解説しますね。

ヨガの効果 5つ

https://download.shutterstock.com/gatekeeper/W3siZSI6MTUyMDg3ODc0NSwiayI6InBob3RvLzY5NzAzMTU4Ny9tZWRpdW0uanBnIiwibSI6MSwiZCI6InNodXR0ZXJzdG9jay1tZWRpYSJ9LCI0M3hiVFArV2sySFUzWlhqYW9PY25GT2tPcTAiXQ/shutterstock_697031587.jpg

①『腹式呼吸でリラックス』
深く深呼吸することで副交感神経を優位にし全身をリラックスせ自律神経を整えます。腹式呼吸はお腹を引っ込めたり出したりすることで内臓の働きをよくし体内から温めていきます。内臓の動きを活発にし便秘を改善する効果が期待できます。

②『ヨガのポーズで筋力・柔軟性UP』
深い呼吸と共に様々なポーズで、筋肉に刺激を与えたり、筋肉をストレッチすることで、筋力と柔軟性の向上を高めます。呼吸をしながら身体を動かす有酸素運動で新陳代謝が活発になり、体脂肪の燃焼効果を高めます。

③『血行促進』
ヨガのポーズで身体のコリをほぐし、血行を促進し代謝を高めていきます。血液循環がよくなることで、冷え症の改善、ホルモンの分泌や神経の働きもよくなります。

④『バランスを高める』
ヨガでの静止ポーズでは集中力を高めてバランス力を向上、左右のバランスを確認しながら行う事で身体の歪みを正していく効果が期待できます。

⑤『精神の安定』
呼吸とポーズを行う事で、交感神経と副交感神経のバランスを整え、自律神経を正常な状態にします。

ピラティスの効果 5つ

https://download.shutterstock.com/gatekeeper/W3siZSI6MTUyMDg3ODgwNywiayI6InBob3RvLzIxMTEyNDE4Mi9tZWRpdW0uanBnIiwibSI6MSwiZCI6InNodXR0ZXJzdG9jay1tZWRpYSJ9LCJreFV2WHMyY3VjSmt3WUNWbm0rY2pjOVJBVGsiXQ/shutterstock_211124182.jpg

①『胸式呼吸でリフレッシュ』
ピラティスでは胸式呼吸をもちいて、胸と肋骨を大きく動かし呼吸を深めていきます。肋骨を広く動かす事により肺活量を高めて酸素をより多く体全体へ送ります。胸式呼吸では、横隔膜が上下に大きく動き、その周辺の骨や筋肉までを柔軟に動かす事ができます。筋肉は活発に働く事で、心肺機能を高め交感神経を活発にし代謝を高める効果が期待できます。

②『姿勢の改善』
ピラティスエクササイズでは、脊柱と骨盤を正しい位置におき、正しい身体の動きを確認・修正しながら動いていくので身体の歪みやバランスが整いやすく姿勢の問題を改善する効果が期待できます。姿勢の改善ににより、身体のパフォーマンスの向上や怪我の予防にも大きな効果が期待できます。

③『体幹・インナーマッスル(深層筋)の強化』
体幹とは、頭・腕・脚を除く胴体の部分を体幹といいます。インナーマッスルは身体の深層部にある筋肉で、骨や関節の位置を正常に保ったり、保護する筋肉です。ピラティスエクササイズでは、体幹・インナーマッスルを強化し骨格のバランスを整え身体の軸を安定させる身体を作ります。

④『ピラティスで柔軟性・バランス力UP』
ピラティスの性質として、ストレッチとトレーニングの両方の要素が入っています。身体を動かす事で活性化していない筋肉をストレッチさせ柔軟性高めるとともに、関節周囲の筋力を鍛え、関節の可動性も高める効果があります。

⑤『心身の安定』
ピラティスの呼吸とエクササイズにより内臓機能や体の組織を活性化する働きがあります。体が整うと体の動きがスムーズになり、自律神経のバランスも整い心身のリラックスに繋がります。

ダイエット目的で始めるならピラティス?ヨガ?

https://download.shutterstock.com/gatekeeper/W3siZSI6MTUyMDg3ODM5NywiayI6InBob3RvLzc5NjAyNTMzMi9tZWRpdW0uanBnIiwibSI6MSwiZCI6InNodXR0ZXJzdG9jay1tZWRpYSJ9LCJsUldwZlo4ZVovc3YveHpLWmpSTnhxS09GTjAiXQ/shutterstock_796025332.jpg

ピラティスとヨガはどちらがダイエットに効果があるか?

ピラティスもヨガもどちらもダイエット効果は期待できますが、自分の体質や体調などに合わせて選ぶことでダイエット効果が高まります。ピラティスでは胸式呼吸を用いて、骨格・筋肉の正しい動きを意識しながらエクササイズしていくことで、猫背などの姿勢の問題を改善し、正しい姿勢と機能的な体の動きに重要な体の深部を鍛えます。

ヨガでは、腹式呼吸をもちいて内臓機能を活発にし、血液循環高めていきます。ヨガでは柔軟性を高める体を伸ばす動きが多く、しなやかで柔らかい筋力と柔軟性を高めます。ゆったりと心を落ち着かせたいときにはヨガがお勧めです。

ピラティス・ヨガでダイエット効果があるプログラムは何か?

ピラティス・ヨガをすることによってダイエット効果は期待できますが脂肪燃焼効果よりも、ピラティスやヨガをすることで、姿勢の改善や体の歪み・骨盤の歪みを整えてることで代謝がよくなり痩せやすく太りにくい身体作りができます。
ピラティスでは、普段使えていない意識しづらい筋力を鍛えたりストレッチしていきますので関節疾患や痛みが身体にある方はピラティスが身体に負担なく体幹が鍛えられます。

ヨガでは筋力、柔軟性、バランス感覚を高めながらダイナミックなポーズを取っていく動きが多く、強度が高いポーズやポーズを連動したておこなう流れがあるヨガプログラムほど有酸素効果が高まり脂肪燃焼効果が期待できます。

ヨガのレッスンプログラムで特に強度高いレッスンは、アシュタンガ、ヴィンヤサヨガ、パワーヨガ、ビクラムヨガなどのクラスです。

初心者の方はビギナークラスから始めることをお勧めします。
ピラティスやヨガはすぐに効果を出すことよりも継続していくことで身体の変化を感じれるものです。基本を着実に理解しておこなうことでより身体に効果があります。

ホットヨガはダイエット効果があるか?

武田 留里 監修トレーナーからアドバイス

・BASI certified comprehensive Instructor ・Yoga Works (全米ヨガアライアンスRYT200) ・PTCパーソナルトレーナーGYROKINESIS®︎level 1 トレーナー・日本マタニティヨガ協会認定 ベーシックマタニティヨガインストラクター・Booty Barre インストラクター・フレスコ認定 アロマフットセラピーインストラクター

Thumbnail 45c18c47 93b7 451d a773 081f9be1417d

ホットヨガにダイエット効果はあります。

ホットヨガは、室温約38〜40度、約湿度55〜65度の中でヨガを行います。サウナのなかでヨガを行うイメージです。ホットヨガでは大量の汗をかくことで、新陳代謝が良くなり、血液循環も良くなりますので体が温まり易くなります。

ホットヨガでオススメは、溶岩ヨガ・岩盤浴ヨガ。天然鉱物のプレートが暖かくなることで発せられる遠赤外線、水蒸気などによって室内環境が自然の熱によってスタジオを温めて行います。遠赤外線が体内の水分子に働きかけて体を中心から温めてくれることで体内毒素の排出ができるのでデトックス効果大です。※高温多湿の環境が体調や体質に合わない方もいますので気をつけて行ってください。

ピラティス・ヨガは継続することでダイエットに効果的あり

武田 留里 監修トレーナーからアドバイス

・BASI certified comprehensive Instructor ・Yoga Works (全米ヨガアライアンスRYT200) ・PTCパーソナルトレーナーGYROKINESIS®︎level 1 トレーナー・日本マタニティヨガ協会認定 ベーシックマタニティヨガインストラクター・Booty Barre インストラクター・フレスコ認定 アロマフットセラピーインストラクター

Thumbnail 45c18c47 93b7 451d a773 081f9be1417d

最後にピラティスやヨガをやる上で意識してほしいことをまとめます。

ピラティスやヨガで一回の効果を求めるより継続的に行うことで効果を感じましょう。

ピラティスやヨガで「心や体に意識を向けて、自分の気持ちや、体の状態を観察して行うこと」が大切です。

エクササイズの回数やポーズの数ではなく、体を痛めないよう丁寧に正確に行うことを意識して行いましょう。

ピラティスやヨガで得た精神的な落ちついたマインドが良い食習慣を作ります。精神的にリラックスすることや、体のメンテナンスを整えることで、身体が喜ぶ=身体に良いものを選ぶようになります。

ダイエット効果をより高めるには、ピラティス・ヨガに加えて脂肪燃焼効果の高い有酸素運動など週2・3回程度行うと効果が上がるのでお勧めです。健康的に無理のないダイエットをするようにし、ダイエット前には一度、食事や運動などの日常生活の習慣を見直してみましょう。

目標や期間などをきめて行うと効果が出やすくなります。

【あわせて読みたい】

Qa in article e9284469ffb1b68fca6cda59d711a7487c50bf3006fda5f7d953416cb4efa276
Thumbnail 0fe274ea 5b76 42c3 9a72 8fb167fc191e

この記事をお届けした
OLIVAの最新情報を
してチェックしよう!